menu
海バカ日記
カテゴリ
2020.04.28
初オンライン飲み会を実施!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は晴れ時々曇り、風弱く、気温もやや上昇したケラマ諸島阿嘉島。


毎日毎日、何かしら作業して過ごしております。
24日は船の舵に錆び転換塗料を塗装(2度塗り目)、船の壊れたライトを取り外して新しいライトを取り付け、
エンジンルーム内の掃除、などなど船のメンテナンス作業を実施。

25日はお店にタオル掛けを二つ設置、台所にキッチンペーパーがサッと取れるパイプを設置、看板のベースを製作、
などなど。

26~27日はまったりのんびりと事務作業。

本日28日はついにテーブル用の材木とモノタロウで注文した物品が届いてテーブル製作がスタート!!
船の前側にテーブルを設置する予定です。
明後日30日までに完成させないと5/1から雨の予報なので急いで作らなくちゃ~。
今夜は先ほどまでトーラトゥ和さんとお客さんたち総勢12~13名くらいでオンライン飲み会を実施。
途中から和さんが顔に落書きして登場し、僕も落書きやることに~。(笑)
自分の動きと声にタイムラグがあるのに違和感がありますが楽しかったぁ~!!

さてGWに入りましたが本日観光のお客さんを2名目撃しました。
座間味村に渡航自粛要請が出ているというのにビックリ~!!


1/4撮影、枝サンゴの群生上にホバーリングするアカククリの群れ風景。
この後、ゲストさんたちみんなで囲んで撮影しました。


1/4の船上風景。
左から2番目は次男優悟です。
皆さんありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


ポリプ満開の一面のお花畑にたたずむホソガラスハゼ。
ホソガラスハゼはこのようにカムフラージュしながら時々プランクトンをジャンプして捕食しております。

さて座間味村は5/6までクイーンザマミを全便運休にしておりますが、本日5/10まで運休すること
を決定しました。
緊急事態宣言の期限の5/6がもうすぐ迫ってきております。
だいたい想像は付きますが政府がどのような判断を下すのか?注目です。

明日もテーブル製作を頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.04.23
ラジオ聞きながらリフォーム修繕作業の日々!!

みなさん、こんばんは。

 

21日から気温が下がり例年の4月下旬よりも涼しい日が続いているケラマ諸島阿嘉島。
海の時化ていて22日が波高3m、本日23日が2.5mとなっております。

22日は21日に再開した倉庫部屋の改装工事を1日中やっていました。
昼過ぎに電動丸ノコが壊れて、材木の切断が手ノコでやるしか出来なくなり、突然作業効率が落ちました。
もう19年くらい使用している電動丸ノコなので仕方がないけど、調べてみたらカーボンブラシの線が切れてしまったため
動かなくなったことがわかり、すぐにモノタロウで注文。
カーボンブラシが届くまで倉庫部屋の工事は中断です。

本日23日午前中はのんびりと事務作業。
午後は4mの長い材木を保管する棚の製作。
途中まで出来ましたが、あとはもう1個アングルが届くのを待ち、届いたら取り付けて完成です。
大工作業の時はいつもラジオを聞いているんですが、面白いんですねぇ~!!
そして良い曲も流れるし、ラジオの面白さを再発見!!


1/3撮影、眠っていたタイマイを長いこと観察撮影していたら、ついに起きて泳ぎ始めたところの
写真です。
左側でタイマイを撮影しているのは次男優悟です。
年末年始は阿嘉島に帰って来ていてゲストさんたちと一緒に何本か潜りました。


1/3の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
コロナが終息したら、またのお越しを楽しみにお待ちしております。


11/26撮影のモチノウオ属の一種。
名前が付いていないモチノウオが他にも数種いますが探すとけっこういるもんです。
何て名前が付くのかなぁ~?


さて岡江久美子さんがお亡くなりになりまして、またしてもショックです!!
1日のコロナの感染者数が依然として多い状態で、いったい感染者数の終息曲線の下り坂はいつなのか?
先が読めない日々が続いております。
皆様も毎日気を付けてお過ごしください。

明日は船のメンテナンスなどなど頑張ります。

« prev: 
» next: 
2020.04.22
クイーンが5/6まで運航停止決定!!

みなさん、こんばんは。

前線の影響を受けて天候が下り坂のケラマ諸島阿嘉島。

良い天候が長いこと続いたし仕方ないことですね~。
只今、やや水不足でもあるのでどうせ雨降るならたくさん降ってほしいものです。


以下は18日から本日21日の活動です。

18日はタンク全59本に水色ペンでBPと記入、レギュレータ2台の残圧計根本のOリング交換、テッポウユリの撮影に出かける、
BC15着の点検とメンテナンス修理、購入した草刈り機の組み立て、という一日でした。
レギュレータは2月にオーバーホール屋さんに出してオーバーホール済です。

19日は朝8時30分から12時30分までアグ~ヤカラ線(旧道)の道明け作業を有志の皆さんで行いました。
アダンの木が縦横無尽に伸びていて、道である所に灌木が立ち並び、巨大な倒木は多いし草刈り作業というよりは
道明け作業がふさわしい。
昔々の阿嘉島の人々が苦労して明けた道ですから残しておきたいですね。
コロナが終息したらお客さんたちが歩けるトレッキングコースになると思います。
午後はかなり久々にビール飲んで休養~。(笑)

20日は旧道道明け草刈り作業の筋肉痛が日々のトレーニングよりもきつくて、まったりと休み休み事務作業。

21日は3/2~3に雨漏りする倉庫部屋の天井と壁、床を剥がしたのですが、その部屋の改装工事を再開!!
雨降っていてももう雨漏り修繕はほとんど終わっているため室内工事を頑張りました。
たぶんあと2~3日で終わると思います。


1/2撮影、漁礁の中にいるアカククリたちの風景。
左端の個体だけナンヨウツバメウオです。
アカククリと比べるとナンヨウツバメウオの方が格段にハレーションしやすいので気を付けましょう。

12/19の船上風景(TG4)。

たっぷりじっくり撮影していただきました。
みなさん、ありがとうございます。


11/25撮影の見返り美人。

コロナ対策で少しでもGW期間中の観光客の入島を止めるためクイーンザマミが5/6まで運航停止
になりました。
さらにコロナを防ぐために阿嘉島として具体的な対策が出来上がり島民はこれを実施していく所存です。

本日現在、弊店は5/21までの全てのゲストさんのご予約がキャンセルになりました。
営業スタート日は今のところ見通しが付きません。
現在5/6まで営業自粛が決まっておりますが5/7以降のことにつきましては5/5頃にお知らせが
出来ればと考えております。

明日も大工作業を頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.04.18
肉体改造計画スタート!!

みなさん、こんばんは。

連日青空が広がり海も比較的静かな海況が続いているケラマ諸島阿嘉島。

皮肉にも営業自粛期間にこんな良い天候海況が続くと悔しいなぁ~。

緊急事態宣言が発令されてから阿嘉島の住民も拡散させない意識を高めて営業自粛や様々なコロナ対策を実施中。
阿嘉島にコロナが入らないことを願います。

15日は朝からずっと事務作業。
夕方にトゥーラトゥ社長からタコを頂き、粗塩でぬめり取りしてから冷凍庫へ。
タコは一度冷凍してからゆでた方が美味しいのです。
後日食しま~す。

16日は洗濯した衣類を干す物干しの設置。
優悟に手伝ってもらいながら教えながらシャワー室にロッカーを製作。
優悟は素人だけどやっぱり大工仕事は二人でやると早いなぁ~。
この営業自粛期間中に優悟にちょいちょい大工仕事を教えて、将来何か役立ってくれればと願います。
この日はご近所からカツオを頂きました。
美味しい~!!

本日17日は材木の注文、タンクバルブの修理、全てのタンクをお店に集めて通し番号をマジック記入。
バルブの各種部品や部品のメンテ工具、掃除道具を新しい専用の収納ボックスに整理しました。
入り口網戸の戸車も修理。

11日から肉体改造計画のトレーニングを実施!継続中!!
筋肉痛が痛いよぉ~。
毎日少しずつですがトレーニング中。
営業が再開できる時には久々にバッキバキの肉体になっていることを宣言します!!


2020年の1/2撮影、漁礁にたたずむコブシメに遭遇。
かなり長い時間ゲストさんたちと観察撮影しましたが、ここから動くことはなくじっとしておりました。
今頃たくさん卵を産んでいるといいなぁ~。

12/18の船上風景(TG4)。

ちょっと天候が悪かったけど4名ともじっくりたっぷり楽しんでくださいました。
いつもありがとうございます。
営業出来るようになったらまたのお越しを楽しみにお待ちしております。



11/25撮影、大型のぷりっぷりのミズタマサンゴに乗る美しいナデシコカクレエビのマクロ風景。
ここはバブルコーラルシュリンプもイソギンチャクモエビもこのミズタマサンゴに住んでいて
素敵な写真が撮れますよ。
このミズタマサンゴの1m隣にもう一つミズタマサンゴがあります。
オリジナルポイントなのでミズタマサンゴがしぼんでいることなどなく生き生き!!

明日以降もやることがいっぱいあります。
雨漏り修理の材料もそろったし、頑張ります。
自粛で時間がたっぷり出来たので一つずつゆっくりとやっていきます。


« prev: 
» next: 
2020.04.14
台所のガス台回りをプチリフォーム!!

みなさん、こんばんは。

 

今日から大時化も終わり、気温も上昇してきたケラマ諸島阿嘉島。

12~13日は小さい台風と同じくらい強烈な突風が吹き荒れ久々に凄かったです!!
北と西には波が残っているけど今日からは落ち着いてきました。

以下は13日と本日の活動内容です。
13日と本日14日は早朝から写真送付作業。
それから令和元年度のダイビング協会の総評を会員の皆さんに送信しました。
保全活動中にオニヒトデが1個体も採取されなかったのは初めてです!!

それから台所の改装工事を実施。
僕の前に住んでいた方から譲り受けてずっと使用している油まみれの換気扇を新品に交換。
ついでに換気扇周りの壁も剥がしてリフォーム。
洗った食器を載せていたテーブルも作り直しました。
お勝手口のドアの調子が悪かったので修理。
台所のプチリフォームがこの2日間で出来たので良かったです!!

最近かなり日が長くなりました。
19時でもけっこう明るいです。


そして優悟が毎日イカを釣って来てくれてイカ三昧の日々を楽しんでいます。
本日は6杯釣ってきました。
刺身と墨バター炒めが抜群で最高~!!

慶留間線の崖には美しい白いテッポウユリがたくさん咲いています。
きっと久場島東側ラインにもたくさんのテッポウユリが咲いているんだろうなぁ~。
補足ですが慶留間線の曲がり角の台風で道がなくなったところ2ヶ所は完成していて普通に車で走れます。


11/25撮影、ソフトコーラルが多いポイントに住むオハグロベラ属の一種(コッカレル・ラス)のyg。
小さくてヒレ全開で可愛かったなぁ~。
成魚は環境を合わせれば普通にいますが幼魚はもし見れてもなかなか撮影出来ないのです。


12/15の船上風景。
結局3日連続最高の青空で大当たりのお二人。
いつもありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております。


12/16撮影、コリンボース型の立派なサンゴとゲストさんのシルエット風景。
今はこのサンゴの上にキンセンイシモチの群れが付いています。
そしてそろそろイシモチ類たちは口内保育始まってきているだろうなぁ~!!
見たいなぁ~。
大工仕事などある程度進んだら一人で海に調査へ行きたいなぁ~!!

さて連日大工仕事で疲れてきたため、明日は事務作業をすることにしました。
と言うかホントは大工仕事したいけどやらなければいけない苦手な事務作業がありまして
やらなくちゃなぁ~。

みなさん、コロナでたいへんな状況ですが、大丈夫でしょうか?
皆さんが無事でありますように。
まずは早くピーク時を超えたいですね。

明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2020.04.13
船のメンテナンスとお店の修繕、改装工事開始!!

みなさん、こんばんは。

 

台風並みの前線を伴った低気圧が南九州から四国南海上を本州沿岸に沿って移動中です。

その影響と大陸から張り出した高気圧と寒気の影響も合わさり、本日猛烈な北西の強風が吹き荒れております。

気温も下がって寒いっす。

10日からは船のメンテナンス作業とお店の修繕と改装工事の日々が続きます。

以下は10日からの活動です。


10日朝、船を陸揚げ。
本来ならばゲストさんがいらっしゃったのに残念ながらコロナでキャンセル、そして弊店も営業自粛を決定して船を使用しないので
船底のノリ落としとエンジンのメンテナンスのため陸揚げしました。
まずはせっせと船底掃除。
舵のサビ落としと塗装作業、ジンク交換。
帰宅してシャワーの湯水混合栓が老朽化でスパウトが根元から折れたので急遽交換。
これを予知していたかのように新品を先日購入して持っていたのですぐに交換できました。

11日朝8時30分からグスクの改修工事のための瓦運びを青年会のみんなとやりました。
ノロさんたちが拝みをするグスクが綺麗に改修復元されますように願います。
グスクの山から下りてからは、さらに船底掃除に時間をかけて、午後はエンジンオイルの交換、インペラの交換、
ターボのフィルタ交換をやりました。
もしもコロナがなかったとしても4月中旬までにエンジンのメンテナンスをする予定でした。
4月中に船の各種メンテナンスをしていつでも営業を再開できるように万全な体制を整えておきます。
いつもですと忙しくて限られた短い時間内にメンテしなければいけないのですが、たっぷり時間があるため
のんびりまったりといつもよりより丁寧に作業しております。

12日はウエットスーツやライフジャケットが増えたので吊り下げるためのパイプを2本増設。
シャワー室とトイレのペンキ塗装作業。
高いところの棚に物を出し入れする時の台の製作をやってあっという間に日が暮れてしまいました。
物を作るのが大好きなので苦労と感じません。楽し~い!!


11/23撮影、可愛い~ギンポちゃんが小さな穴からコンニチハ。
愛嬌たっぷりです。


12/14の船上風景。
この日も真っ青に晴れ渡りました。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


12/16撮影、ハマクマノミの周りにスカシテンジクダイが群れる逆光風景。

明日もお店の修繕、改装工事の予定です。
コロナの影響で時間がたっぷり出来たので、この際コロナがもし発生していなかったとしても、近い将来に
やらなければいけないと考えていた修繕箇所と改装箇所を全てリストアップして一つ一つ行っていきます!!

明日も頑張ります!!

 

« prev: 
» next: 
2020.04.09
保全活動とまったり事務作業!!

みなさん、こんばんは。

本日は雨が降り続いき15時過ぎから北風が強まったケラマ諸島阿嘉島。

朝から保全活動の船長とレイシガイ採取作業を行いました。
水温は22.1度。
エキジット直前に沖側の砂地近くをイソマグロ5個体の列が通過。
もうすっくりクジラのソングは聴こえませんでした。

その後はのんびりと事務作業やったり休んだり、まったりしたり。

次男優悟をクイーン2便に乗せて見送り。



12/16撮影、海底を埋め尽くす絶景のサンゴ礁をお散歩。
ここはオリジナルポイントです。
ゲストさんもワイドレンズで美しいサンゴ礁風景をたくさん撮影してくれました。


12/13の船上風景。
まっ青に晴れて気持ち良い天候で景色が綺麗でした。
みなさん、ありがとうございます。


11/23撮影、紫のカイメンに乗るミナミゴンベ正面顔の右寄せ構図。
背景は美しいポリプ満開のイソバナ。
普通種だけど背景が綺麗な写真を撮っていただくフォトガイドも得意としております。


コロナのニュースがテレビを埋め尽くしていますね。
まだまだ日本はピークの前の前でしょう。
日本は都市封鎖が出来ないから他の国よりも終息が遅れるんだろうなぁ~。
5月初旬~中旬頃がピークなのかな~?
いったいいつ終息するのか??読めないですね。
皆さんも無事に過ごせますように。
営業自粛期間中は時間があるのでお店の修繕や改装工事が出来そうです。
頑張ります!!


« prev: 
» next: 
2020.04.09
営業自粛を決定!!

みなさん、こんばんは。

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため営業自粛のお知らせです。
本日4/8~5/6まで営業を自粛します。
詳細はトップページから見れるお知らせ欄をご確認ください。
この期間にご予約をくださった方々にはたいへん残念ではありますが、医療機関が小さくコロナの対応は難しい阿嘉島に
コロナを入れないためにも、この状況を短期間で乗り切るためにもご理解ご協力をお願いいたします。
5/5くらいを目安にその時の状況を分析して営業を再開できるか?自粛期間を延期するか?をこのブログ『海バカ日記』
やFacebookなどでアップしてお知らせします。

以下は4/4以降の海情報や出来事や思い出です。

4日は次男(優悟)とそのお友達3名を船に乗せて釣りへ。
全員ルアー釣りが大好き!!
ハタ類がたくさん釣れました。

5日は親子の体験ダイビングを実施。
ちょうど光もさして枝サンゴにデバスズメの群れやネタイスズメなどの群れを見ていたら
もの凄い数のキビナゴの大群玉が右から左へ大移動していく風景を楽しんでいただけました。

お昼には重要な会議してお話合い。

6日は朝から保全活動の船長。
帰港後は再び海に出てマジャとヒズシへ行ってコーラルネットの観察撮影。
ヒズシのコーラルネット上のサンゴがとんでもなく巨大に成長していてビックリ!!
水温22.2度。

午後はずっと事務作業。
保全活動のデータとコーラルネットの実験経過報告がまとまり一段落。

7日も事務作業。
用事がありクイーン2便に乗り那覇へ。

8日は用事を済ませクイーン2便で帰島。
帰島後はHPに営業自粛をアップと自粛期間中のご予約の全てのゲストさんへ連絡しました。


11/22撮影のツノザヤウミウシ。
片方の触角が欠損していました。
ウミウシ類は欠損とか奇形とかが多く、時々驚かされます。
それでもたくさんご飯を食べて同種と出会って交接して無事に子孫を増やせますように。


12/11の船上風景。
トゥーラトゥ長男T君の講習最終日。
無事に合格!!
また一緒に潜ろうねぇ~!!


12/16撮影の美しいカスミチョウチョウウオの群舞風景。
中央やや左側にカスミチョウの群れに囲まれているゲストさんがいます。

さて明日からの営業自粛期間も充実した日々になるように頑張ります!!


« prev: 
» next: 
2020.04.04
クイーンフェリー乗船前の体温測定!!

みなさん、こんばんは。

本日は朝は雨でしたがすぐにやみ、風も弱く静かでしたが、15時頃から北風が強まったケラマ諸島阿嘉島。

昨日までは毎日ガイドしていましたが、クイーン1便でゲストさんもお帰りになり、本日は次男(優悟)の友達たちを乗せて
船で釣りに出かけました。
4名ともルアー釣りが大好きでアカハタなど赤色のハタ類がたくさん釣れました。
15時に風が強まり釣りをやめて帰港。

以下は昨日3日の海情報です。

1本目は地形ポイントへ。
複雑な穴地形を楽しんでいただきました。
ヒメアオギハゼも健在!!
ウミウシ類が多く見られました。

2本目は下曽根へ。
何かにアタックされたグルクンの大群がドバーっと根の上を反対側へ移動するのを2回ほど見れたのですが、結局何がアタックを仕掛けたのか?
わかりませんでした。
スジタテガミカエルウオが成熟した銀色の卵を必死に守っているのも見れました。
他のポイントでは稀少なホヤも見れてテンション上がりましたぁ~。(笑)
クジラのソングも聞こえましたが3/26を最後にクジラの姿を見ていません。
さすがにほとんどの個体が北上を開始して慶良間を旅立ち、残っているのはわずかな個体数のようです。


11/22撮影のハチマキダテハゼ。
個体によって腹ビレの綺麗なやつとそんなに色が出ていないやつがいます。
この違いは何だろう??
これは腹ビレが鮮やかに綺麗なブルーオレンジストライプ。

12/10撮影(TG-4)の船上風景。

フリーダイビング用のロングフィンを使用しているでフリーダイビング女子2名様。
一緒に泳げて楽しかったです!!
ありがとうございます。


12/15撮影、洞窟地形ポイントにて穴の入り口に入って来るゲストさんと地形シルエット風景。
地形を楽しんで出口を出るときのブルーも綺麗でたまりません。
夏はレーザー光線が差し込む地形ポイントも多数保有していてガイドしております。

さて新型コロナに対する座間味村の施策で4/1からクイーン、フェリーに乗船する前に体温測定を
していただくことになりました。
もしも37.5度以上あるとお話があるようです。
座間味村の住民を守るための施策なのでみなさんご協力お願いいたします。


さて、コロナの影響でキャンセルも少し出てきましたぁ~。(泣)
今月はキャンセルで予約ゼロになった日程があるので、お店の修繕や事務作業などをして過ごす予定です。
皆さんが感染せずに無事に乗り切ってくれることを願います。

 

« prev: 
» next: 
2020.04.02
巨大マダラエイに大接近遭遇!!~いろいろな生物発見中!!

みなさん、こんばんは。

ここ数日晴れていないケラマ諸島阿嘉島。

 

3/17日と20日を除いて毎日休まず潜り続けております。
コロナでたいへんな状況なのに毎日少人数ですがゲストさんが来てくださり感謝です。
ありがとうございます。

申し遅れましたが先日26日で50歳になりました。
FacebookやLINEなどでたくさんのお祝いメッセージをありがとうございます!!
これから60歳までの10年間が充実したものになるように努力していきたいです。
これからも末永くよろしくお願いします。

以下は28日以降の海情報です。

シーズンが始まって、やっぱりケラマのサンゴはスゴイ!!と思うこの頃です。
昨年の台風で折れたりしてダメージを受けた部分も綺麗に治って、治るどころかかなり成長しております。

迫力があった大物は超巨大マダラエイに大接近して遭遇出来たことです!!
最後は泳ぎだしてかぶっていた砂をバァ~!!っと振り落として泳ぎ去って行きました。
ゲストさん3名はビックリ!!

他にもアオウミガメ数個体、食事中のタイマイ、ネムリブカ2個体と会うことが出来ました。

マクロで面白かったのはシオサイカクレエビ3個体(稀少種)、ハナヒゲウツボ、ヤシャハゼ、アザミカクレモエビ、
シマヒメヤマノカミyg(←旬物)、ハナオコゼyg2個体(←旬物です。1個体さらに見つけました!)、
キープ中のフリソデエビ、外套膜に覆われた生きているタルダカラ、シロボンボンウミウシ、パスタチゴミノウミウシ、
マダライロウミウシ、アカテンイロウミウシ、タテスジキヌハダウミウシ、ニジギンポsp、マツバギンポ、
タツノハトコ、オオガラスハゼ(←初めて認識(笑))、ウズラカクレモエビ、トサカガザミ、コアカリュウグウウミウシ2個体(稀少種)、
今年ムラサキウミコチョウの個体数は多いです!!
そっくり同士のキツネベラygとヒレグロベラygの2cmクラスが例年よりも少し早く出現、タキベラygとモンスズメダイyg
の体色ブルー系の2cmクラス、フタイロハナゴイygも出ております。
アマミスズメダイygもそうですが例年よりも出現時期が早い感じがします。
アマミスズメダイygは現在例年よりも大きく成長している個体が多く見られております。
これからもいろいろな出現を楽しみたいです!!

中型魚ではヤイトヤッコ(オス、メス)、キハッソクのペアが良かったです!!

生態系で良かったのはキンセンイシモチのペアがいて片方の個体がお腹が大きくて卵を持っている(メス)ようでした。
オスと思われる個体がメスのお腹にキス?するかのようにしてみたり、体側同士をくっつけてみたり、繁殖行動の前触れ的
行動が観察できました。
そろそろ早くも口内保育が見れるかもってことですね!!
楽しみ~!!

キンメモドキygの群れも各ポイントで増加中です。

クジラのソングはほぼ毎日聴こえております。
本日は2本ともクジラの歌声が聞こえました。
なぜか3月下旬頃から歌声が何かさみし気な哀愁漂う歌声に聞こえるのです。
メスを獲得できなかった独身のオスの傷心の歌声なのかなぁ~??

本日水温21.9~22.0度。


12/14撮影、内湾環境にて。
所狭しと何種ものサンゴが群生しております。
ここはカメも良く見られます。


12/4の船上風景。
幼馴染の友達がお友達をいっぱい連れて来てくれました。
みなさんをボートシュノーケリングへ。
綺麗なサンゴ礁と魚たちを楽しんでいただきました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


11/22撮影、紫色のカイメンとチャツボホヤの群生を背景にタテジマヘビギンポ。
色彩豊かなマクロ風景ですねぇ~!!

さて明日も頑張ります!!



« prev: 
» next: 
2020.03.27
大物当たっています!!

みなさん、こんばんは。

本日午前中は南風がやや強く、午後は弱まり、正午からの雨予報は降らなかった慶良間諸島阿嘉島。

 

今日は3本中2本が大物魚群光物狙いのダイナミックポイントへ!!
見れたものは渦を巻くように群れるイソマグロ12個体が素晴らしかったです!!
もう1本のポイントでもイソマグロ2個体登場!!
他にオニカマス2個体、ホシカイワリ2個体、アオウミガメ4個体、スマガツオ数個体が見れました。
キビナゴの大群がスマガツオに猛烈アタックを受けてパニック状態で嵐のように逃げ惑う風景が壮観で素晴らしかったです!!
この時期でこれだけ多かったら8~10月はどうなってしまうんだろう!!
最近ちょいちょい出会っているシロボンボンウミウシ2個体も見つけました。
デート中の大型タコのカップルにも遭遇!!
仲良しだったなぁ~。
外海には普通にいるガイコツパンダホヤも撮影していただきました。
午前中の2本ともやや遠くにクジラの歌声が聞こえるようになりました。

水温は午前中は21.8~21.9度。
午後のポイントだけ透明度が良くて水温22.5度もありました。


11/21撮影のアカメハゼ。
透き通るボディーにピンクの瞳と黄色の内臓が鮮やかで素晴らしい!!
いっぱいいますよぉ~!!


11/29撮影、右側のNさんが主役の200本記念。
おめでとうございます。
これからも多彩なケラマの海を楽しみにお越しください。


12/14撮影のピンク色のヤギの一種の群生風景。

さて明日も一生懸命頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.03.27
コブシメの産卵をじっくり観察!!

みなさん、おはようございます。

 

昨日は晴れましたが本日午後くらいから天候が下り坂のケラマ諸島阿嘉島。


寒の戻りなどはもうなくずっと温暖な気候が続いています。
以下は24日からの海情報です。

 

24日と26日はグルクンのすごい群れに当たりました。
特に26日はグルクンの凝縮した群れの壁に巻かれて至福の時を味わいました。
見れた大物はイソマグロ、ホシカイワリ2個体、旬のコブシメ4個体の産卵シーンも観察できました。
しかも遠くから聞こえるザトウクジラの歌声を聴きながら産卵が見れたのが良かったです!!
ニジョウサバ8個体がキビナゴの群れにアタックするシーンも見れました。

特記すべき発見としては24日にゴルゴニアンピグミーシーホースのペアを発見!!
これでコールマンピグミーとゴルゴニアンピグミーの両方が見れるようになりました。

マクロではずっと観察中のハナオコゼの色彩がこげ茶から明るい茶色に変化したことです。
同じ色の海藻にずっと住んでいるのに色彩が変わったりするんだなぁ~。
しかも少し体が大きく成長してきました。
ハナオコゼは予想以上に食用旺盛で成長が早いのかもしれません。

フタリロハナゴイygも出現しております。

3/4営業スタート以来、今シーズン初めて潜るというポイントがいくつもあり、どんどん精力的に潜ってガイドしながらも
サンゴの生育状況や生物の新規加入など調査。
生き物は確実に増大傾向でこれからにぎやかな海になっていくことは間違いないですねぇ~。

水温はいったん22.5度まで上昇しましたが再び21.8~21.9度まで低下。
水温はこの時期からはこのように小刻みに上昇と低下を繰り返しながら全体的には上昇していくのです。


12/11撮影、何が砕ける岩礁水面下に生息するギンユゴイの群れ風景。
弊店では普通に見る風景ですが、新規のゲストさんからはよく『初めて見ました!!』と言われます。
慶良間は潮通しの良い露出岩礁が多いからか、ギンユゴイの群れが見られます。

11/26の船上風景(TG4)。

たくさん写真を撮影してくださいました。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

11/20撮影(TG4)の美しい緑色のイソギンチャクに住むハマクマノミyg。

緑色と赤色の対比が良いです。

さて本日もガイド頑張ります!!

 

 

« prev: 
» next: 
2020.03.24
迫力のザトウクジラの連続ブリーチ!!

みなさん、こんばんは。

 

昨日は北風でしたが温暖な気候のケラマ諸島阿嘉島。


20日だけダイビングのご予約がなく倉庫の改装工事を実施。

21日から再びゲストさんが到着して毎日潜っております。
21日はワイドレンズで美しいトゲトサカの群生風景を楽しんでいただきました。
トゲトサカの群生地帯にはアヤコショウダイ、クロコショウダイ、超大型のコクハンアラ、などの大型の魚にも会えました。
アオサンゴの群生にキンギョハナダイ、ハナゴイ、カスミチョウチョウウオが群舞いする美しい風景も観賞!!

22日は内湾環境のポイントですがもの凄いグルクンの群れに当たりました。
目の前全てがグルクンの壁になって壮観でした!!
大物狙いのポイントではネムリブカ、アオウミガメ、コブシメ4個体だけでちょっと不発に終わりましたが、旬のコブシメ
がちゃんと見れましたので良しとしよう。
このポイントのコブシメはこの時まだ産卵していませんでしたが、もうすでにサンゴの上にいて、産卵直前であることは
間違いないです!!
イソバナにキンメの群れが取り巻く風景ではようやくほんの少しのキンメモドキygが出現していました。
これからどんどん増えて見ごたえが増すでしょう!!

23日はゲストさんのリクエストでウミウシとエビカニをじっくりと撮影するダイビングでした。
この日はエビカニポイント1ヵ所、ウミウシポイント2ヵ所に潜り、2ヶ所のウミウシポイントで35種見れました。
21日からたくさん見れたウミウシの中で面白かった種を抜粋すると以下です。
シロタエイロウミウシの一種、ジンガサヒトエガイ、ミガキブドウガイがウルトラマンホヤの群生上にいるところを発見、
シロボンボンウミウシ2個体、キヌハダウミウシの一種、アカネサスウミウシ、ムラサキウミコチョウの遊泳などでした。
エビカニのポイントではマルミカクレモエビ、ウズラカクレモエビ、トサカガザミ、さらにフリソデエビを発見してたくさん撮影
していただきました!!キンチャクガニも個体数が多かったです。

あとこの期間で最も凄かったことは22日1本目から2本目の間で見たザトウクジラの群れです!!
ザトウクジラ5個体の群れを渡嘉敷島のアハレンの目の前でウォッチング。
短時間のうちに8回の豪快ブリーチをすぐ目の前で見ることが出来ました!!
ゲストさんたちは絶叫!!
僕はクジラがいるところを遠くから接近中に2回ブリーチを見ているので合計10回見れました。
3月4日からの営業スタート以来、ダイビング移動中の短時間ホエールウォチングの中で最も大当たりでした!!
クジラの個体数が減って来る3月下旬に入ってまさかこんなに当たるとはビックリです。

水温が21日からようやく22度を超えるようになってきました。
23日は22.1~22.5度。


12/10撮影の渓谷地形のシルエット風景。
モデルはトゥーラトゥの長男Tくん。
上の方にはグルクンの行列が通過中。
弊店は複雑な地形ポイントも多数保有していて、リクエストがあれば行きますよ~!!

11/24撮影(TG4)の船上風景。

ありがとうございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


11/14撮影のコブシメの瞳。
眠そうな目をしているけど海洋生物界の中でもトップクラスの視力を持つ。

さて本日も昨日のゲストさんのリクエストでウミウシとエビカニのベントス系ガイドです。
今日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.03.21
コールマンピグミー発見!!

みなさん、こんばんは。

 

17日くらいから春の温暖な気候が続いているケラマ諸島阿嘉島。

 

17日は船のエンジン整備。
先日、新たに船の前側にテントのオーニングを設置したため、今まで使用していたワイヤーを張るオーニングを撤去。

18日はゲストさんが到着して午後2本ガイド。
ハナオコゼygを発見。
3/9にも別のポイントでハナオコゼygを見つけました。
毎年3~4月にハナオコゼygが藻場で見つかっています。
なぜ海底に下りてしまったのか?毎年考えさせられるがわからず謎である。
さらに見たこともないエビを発見してしまった!!
ワイドレンズを付けていたため撮影出来ず。
2本目潜る前にポイントの近くでザトウクジラの親子を見ることが出来ました。

19日はゲストさんのリクエストでウミウシ探しダイビング2本を実施!!
約35種くらい見れました。
トゲトゲウミウシが5個体!!キスジカンテンウミウシは6個体!!見ることが出来ました。
会えたレア物はスズヤカフシエラガイ、モンジャウミウシの近似種であるシロタエイロウミウシの一種の2種だけでした。
ウミウシよりも嬉しかったのは昨年初めて出現しなかったコールマンピグミーが見つかったことです。
3月4日から潜っている記録ですと昨年異常に多かった種が今年少なく、昨年少なかった種が多いという傾向がわかってきました。

本日は時間があるときにちょこちょこやっているお店の倉庫部屋の改装工事を進めました。
大工仕事は大変なこともありますが楽しくて大好きです~!!


11/10撮影、オオモンカエルアンコウygかな。
可愛かったぁ~!!
また逢いたいなぁ~!!


11/23のログ付け風景。
皆さん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

 


12/10撮影、明るい砂地を気持ちよく泳ぐお二人。
タンク背負っていないのわかりますか?

一時は水不足でしたが、3月から雨も順調に降っていて貯水率上がっていると思います。
さてどのくらいになったかな?

明日からゲストさんが到着して午後からガイドです。
頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.03.16
講習終了!!

みなさん、こんばんは。

 

午前中はまだ北風が吹いていましたが弱まりつつある慶良間諸島阿嘉島。

これが今年最後の寒波でありますように。

講習、最終日1本目はステップアップしてダイナミックなポイントへ。
流れは微弱でした。
それでもグルクンの大群が目の前をダーッ!!と3回ほど通過してくれて壮観でした。
大型のモヨウフグも迫力あり。
何といってもクジラのソングがハッキリと聴こえて雰囲気最高でした!!
マクロはコンニャクウミコチョウ12mmくらいの大きい個体を発見。
ゲストさんはコンニャクウミコチョウがカイメンにカムフラージュしている擬態精度に驚いてくれました。
定番のアデヤカミノウミウシも何度見ても綺麗でした。
ギンユゴイの群れも素晴らしい!!

2本目はサンゴが綺麗なポイントへ。
まだキンメygは付いていなくて、スカシの成魚(ペアリング)の群れが見られました。
マクロはキスジカンテンウミウシ、ハナゴンベ、ヤマブキハゼ、ヤマブキハゼなどなど。
地形も楽しんで、後半は浅所で美しいサンゴ礁を楽しんでいただきました。

水温21.1度。
透明度はケラマにしては相変わらずあまり良くありません。
そろそろ綺麗な水に入れ替わると思います。

午後は只今お店の倉庫部屋改装工事中で出たたくさんの材木を処分しにクリーンセンターへ2往復。

それから学科講習をやってようやく終了しました。
講習生が次回はご家族みんなで一緒に潜れる日が来るのが楽しみです。


11/10撮影のたぶんフトユビシャコ。
落ちていたゴミを振っていたら出てきました。(笑)

11/22の船上風景。

いつもありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


12/10撮影、フリーダイバーのお二人とデバスズメダイの群れ風景。
撮影している自分はお二人よりも前に潜ってここでスタンバイ。
あ~まだ欲しいフリーダイビング用のロングフィン買えていませ~ん。
欲しいなぁ~!!


明日はゲストさんがいないので倉庫改装工事と船の整備を頑張ります。


« prev: 
» next: 
2020.03.16
寒気の影響で気温低下!!

みなさん、こんばんは。

本日は冬型の気圧配置が強まり、内地の寒気の影響もあり気温が下がったケラマ諸島阿嘉島。
早朝は14度くらいだったと思いますが体感的にはもっと低かったです。

これが最後の寒気であることを願います。

14日は北風がかなり強く、北浜は潜れずポイントを変更するほどでした。
ポイントの変更先は前浜でキンメモドキygの群れが出現していました。
旬のアマミスズメダイygもいっぱいいます。
20mm以上になるアマミスズメダイygがけっこういるから、おそらく今年は1月下旬には出現している個体がけっこういたということでしょう!!
そろそろこのポイントから旅立ちしそうなグルクン若魚の群れが活発に泳ぎ回りキンメモドキの群れの真上を覆うときが綺麗でした。
一人ぼっちのフタイロハナゴイやクロオオビスズメダイも健在。
ニジギンポspはいたけど、ソメワケイソハゼは見つかりませんでした。

2本目はムラサキウミコチョウがたくさん見つかりました。
10mmしかないミナミハコフグygが可愛かったで~す!!
エビ類もいろいろ見られました。
死んでしまった大型の硬いサンゴにたくさんのサンゴの子供たちが着床して育っているのを見れて良かったです。
硬い丈夫なサンゴは死んだ後も他のサンゴの生息場所の土台となって活躍していて素晴らしい!!

3本目は美しいサンゴ礁でアオウミガメ2個体と食事中のタイマイ3個体が見れました。
まるで儀名に潜っている感じのようにカメが多かったです。
アカメハゼとアワイロコバンハゼygは健在。
水温21.4度。

本日15日はゲストさんの息子さんの講習を実施。
午前中2本前浜ビーチエントリー。
水泳をやっているだけあって水の中での動きの切れが良くて上手でした。
予想は付いていましたが前浜のテトラ内側の水温が驚異の18.2度!!
しかし講習生は緊張していたからか?『寒くないです!!』と強い子でした。
冬から初春は内湾環境やタイドプール内の水温が下がります。
真夏は逆でこれらの環境は高水温になりがちなのです。
午後はボートダイビングへ。
中性浮力を徹底的に練習。
帰りに端崎沖にてザトウクジラ親子が見られました。


11/8撮影のソメワケイソハゼ。
これは第1背びれが伸長しないのでメスかな。
この辺に2~3個体生息しております。

11/19撮影(TGー4)のコブシメとT夫妻。

いつもありがとうございます。

T夫妻のまたのお越しを楽しみにお待ちしております。


12/10撮影、海底を埋め尽くす絶景のサンゴ礁とシュノーケリングのゲストさんの風景。
綺麗すぎて心が洗われます。

明日も海洋実習やガイド、学科講習したり頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.03.13
ガイド再開!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は前線の影響などで午前中は雨が降り続き、前線が離れてきた午後に時々光が差したケラマ諸島阿嘉島。

 

本日午後からガイド再開です。

クイーン1便欠航、フェリーが繰り下げ運航のためゲストさんの到着は予定よりも遅れました。
予定よりも遅い時間に出発して何とか2本潜ってきました。

透明度は那覇に行く前とほぼ同じだがちょっとだけ良くなったかも。
水温21.3~21.4度。
クジラのソングは聴こえず、姿も見れませんでした。

1本目は地形ポイントへ。
色彩豊かなトサカ類やヤギ類の群生する渓谷風景が素晴らしい!!
渓谷の終わりには狙っていたグルクンの大群がものすごい数でプランクトンを捕食していました。
ケラマでは稀少なヒメアオギハゼ5個体が昨年末よりも少し大きく成長しているように見えました。

2本目は美しいサンゴ礁の浅い道をお散歩。
サンゴが元気であることを確認できました。
タイドプールの奥の方ではキビナゴのもの凄い大群がギッシリと詰まっていて、キビナゴの群れの中に
いるのが壮観でした。
産みたてほやほやのコブシメの卵も発見。
水深2mしかないところでネムリブカも泳いでいました。


12/5撮影、トゥーラトゥ社長の長男のダイビング講習中の1枚。
無事に講習も合格で良かったです。
また遊びに来たときは一緒に潜ろうね~!!


11/13の船上風景。
このくらいの時期になるとすいてきますよぉ~。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


11/7撮影のコビトスズメダイ。
昨年からコビトスズメダイが当たり年のように感じます。

明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2020.03.13
所用があり那覇へ行き本日帰宅!!

みなさん、こんばんは。

9日の午前中2本までガイドして所用がありクイーン便で那覇に行っていました。
3泊して本日クイーン1便にて帰島しました。

さかのぼって8日と9日の海をお知らせします。
8日はややワイド重視でガイド。
ダイナミックなドロップオフと水路上地形にてグルクンの群れ、ギンユゴイの群れ、キビナゴの大群、
カスミチョウチョウウオの凝縮大群などを楽しんでいただきました。
ワイド重視とはいえ大物がアオウミガメと大型のネズミフグのみの遭遇。
しかし1本目はクジラのソングが聴こえてこの時期ならではの神秘的な雰囲気を感じられました。
アカククリの群れも見ることが出来ました。
マクロはマツバギンポ、パンダダルマハゼとカサイダルマハゼのハイブリット?アカホシカクレエビ、アカホシコヤナギウミウシ、
ムラサキウミコチョウの遊泳、他ウミウシ5~6種類、たくさんのアカメハゼでした。

9日は絶景のサンゴ礁をお散歩。
このポイントは2mラインに先端が死んできているサンゴは1個も見つかりませんでした。
ここは無事で良かったぁ~!!
しかし、15cmほどのオニヒトデを発見し、気を付けて大きな岩ですりつぶしました。

2本目はゲストさんからのカエルアンコウygのリクエストがあり例のポイントへ!!
探してみると12mmくらいしかないカエルアンコウygが見つかりました。
小さくて可愛かったぁ~!!
他にも藻にカムフラージュしているシムランス(エビ)、たくさんいたナガレモエビ、属が未確定なツヅレウミウシ科の種、
カラスキセワタの上に乗るワレカラ、他ウミウシ数種、幼魚数種が見れました。


11/7撮影のスミレナガハナダイyg。
腹びれのブルーが綺麗だなぁ~!!
いっぱいいました。
右端のピンボケはヒマワリスズメダイygです。


11/12撮影の船上風景。
皆さん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


12/4撮影、小学校時代の幼馴染友達がお友達をたくさん連れて来てくれてボートシュノーケリングしました。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

 

さてみなさんにお知らせです。
3/10から『ゆいレール』でやっとSUICA(スイカ)が使えるようになって便利になりました。
これからモノレールをご利用の際は切符を購入しなくて良いですよぉ~。

明日の午後から再びガイドスタートです。
1本1本を大切に素晴らしいガイドが出来るように頑張ります。

« prev: 
» next: 
2020.03.07
移動中にザトウクジラ!!~水中に響き渡るソング!!

みなさん、こんばんは。

本日は予報通り昼過ぎから雨のケラマ諸島阿嘉島。


今日は久場島への移動中にザトウクジラの親子に遭遇出来て短時間ですがホエールウォッチングしてからダイビングしました。

子クジラは好奇心旺盛だからか船にスゴイ近寄ってきて驚きました!!

1本目はかなりはっきりとザトウクジラのソングが響き渡る中、満開のイソバナ群生風景やカスミチョウチョウウオの群舞い風景も
楽しみました。
霧に包まれたギンユゴイの群れ風景もGOOD!!でした。
コビトスズメダイが2個体いるのを発見。
3月が繁殖期のツノダシの群れ(十数個体)が見られました。
只今大潮前なので十数個体の群れがあちこちで出来てこの小さな群れが大潮までに全て合体して200個体ほどの群れを作ります。
今年も会えるといいなぁ~!!

2本目は大物魚群狙い!!
オニカマスが多かったです。
オニカマス6~7個体、イソマグロ2個体+1個体、ホシカイワリ1個体、グルクンの大群、キビナゴの大群、などなど・・・・!!
逃げられてゲストさんに見せられなかったのですが、ハナグロチョウチョウウオとオウギチョウチョウウオのハイブリットと思われる種が
ハナグロチョウチョウウオのペアにくっついて泳いでいました。チョウチョウウオのハイブリットは綺麗ではないのしか見たことがないです。

3本目はコブシメ狙いでしたが1個体も会えず~。
卵も1個も産み付けられていないのでここはまだですねぇ~。
しかし2本目よりも巨大なオニカマスに遭遇!!
あとは旬のウミウシがちょっとだけ探しただけなのに7種類くらいパッと見つかりました。
他、ホシクズベニハゼ、ベンテンコモンエビ、などなどいろいろなマクロ生物をまったり観察撮影していただきました。

4日から潜っておりますが透明度がずっと悪い状況です。
ケラマの海とは思えないほど~。
困ったなぁ~。
早く綺麗な水が押し寄せてきてケラマの海を包み込んでほしいものです。
9日からの大潮で変化があるといいなぁ~。

水温は21.4~21.6度。

あと昨日の記事でお伝えした水深2mほどの一部のサンゴの先端が死んでいるというお話ですが、3~4m以深は全く問題なし
ですのでご心配なく。


11/24撮影、バリバリと食事中のタイマイを観察中におこぼれないかなぁ~!!と目の前をウロウロ
とお散歩中のツノダシのペアの風景。


11/11の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


10/20撮影、長いことこの辺にずっといてくれたウミテングのペアの片方の個体です。
動きが可愛い~!!
目も愛嬌があります。

明日は再び風周りして北風になるようです。
明日も面白い出会いがありますように。

« prev: 
» next: 
2020.03.07
いろいろと発見あり!!

みなさん、こんばんは。

 

冬型の気圧配置から高気圧が移動してきてくれて本日は青空が広がったケラマ諸島阿嘉島。

 

4日から営業スタートしてまだどこを潜っても久々ですが、いろいろと発見や驚き(マイナス面も含めて)あり!!

キビナゴの群れは3月にしては多いです!!
スマガツオも2個体だけですがアタックしていました。

いつものところでネムリブカがウネウネと泳いでいました。

ウミウシもいるいる~!!

アヤコショウダイは健在。

このサンゴにこのコバンハゼいたんだぁ!発見!

春の旬であるコブシメも発見~!!

北浜にはキンメモドキygがすでに出現して群れています!!
これからますますにぎやかになりますよぉ~!!

マイナス面の発見↓
サンゴのポイントの水深2m付近のサンゴの3割くらいのサンゴが部分的に死んでいました。
特に枝状サンゴは先端から10cmくらいが死んでしまっています。
今までにスーパー台風の後や大雨が降った後にこれと同じような先端や部分死のケースを見てきましたが
それと同じような感じです。
何らかの強いストレスがサンゴに加わって起きたのでしょう。
あ~ショック~!!
もっと広範囲に詳細を調査しておきます。


11/24撮影、ゲストさんご夫婦を見つめる大型のアゴハタ君の風景。
しかし、5cm未満のアゴハタygってどこにいるんだろう??
深場なのかなぁ~??
見つけてみたいです。


11/10の船上風景。
皆さん、いつもありがとうございます。
今シーズンもよろしくお願いします。


10/19撮影、綺麗なピンク色のチヂミトサカにカムフラージュして共生するマルミカクレモエビ。
中央付近にいるちょっと色が違うところがマルミカクレモエビです。
自然光では同色に見えますが、ストロボ光で撮影すると違う色であることが多いです。

今日は晴れて素敵な光りが入りましたが、明日以降から空の天候が心配です。
明日も頑張ります!!




« prev: 
» next: 
TOP