menu
海バカ日記
カテゴリ
2007.04.15
トウアカygちゃん、かわいいなぁ!
みなさん、お疲れ様です。 今日は完全なべた凪、晴れ、ほぼ無風状態の慶良間諸島。1本目はウミウシが目的で来ている二人のために『ウミウシ王国』に行って来ました。ヤグルマウミウシ、ホンクロシタナシウミウシ、アデヤカミノウミウシ、をはじめたくさん見られました。キンメモドキの群れが早くも増大していて洞窟の奥から出口に向かってキンメモドキの流動する群れを楽しむ。秋と同じくらいにキビナゴの成魚の群れがキラキラと光に照らされて輝いていました。 2本目は下曽根に行ってイソマグロ、マダラトビエイの長時間ホバーリングシーン、巨大アカウミガメなどと遭遇!!マダラトビエイは良かったなぁ。 3本目の北浜でクルマエビの仲間を発見!BPの手のひらにのせてみんなで撮影していたらピュッと逃げられたと思ったらBPのスレートの上にのりました。写真はそのときの横顔のアップです。目にはいろいろな色彩があり美しい。でも不謹慎だがクルマエビに似て美味しそうだなぁと思ったのはBPだけだったのかなぁ? トウアカygたちは元気に成長していました。大きな2個体はペアになっていてもう成魚にいつなってもおかしくないくらい成長してきました。成魚になりそうなペアはちょっと以前よりも獰猛になっている。写真は小さなygです。ちょっとぶれていますがかわいいなぁ。今夏、成魚になることを期待しよう!
« prev: 
» next: 
2007.04.14
やっとお客さんが来てくれました。頑張らなきゃ!
みなさん、お疲れ様です。 今日から久しぶりにお客さんをガイドです。ブログは開設したものの慶良間の水中の世界をまだ全くお魅せできていません。今日からやっと海の中をお魅せ出来ますよ。 今日は午前中は濃霧がかかり小雨も降り視界が悪く大変でした。佐久原の鼻から久場島が全く見えませんでした。これは23月の霧ガカヤーである。23月の霧ガカヤーとは旧暦の2月3月は濃霧が発生することがよくあると言うウチナー口の気象用語です。 昼過ぎには雨も上がり濃霧は次第になくなり太陽が出てきてものすごい蒸し暑くなりました。6.5mmのカブリ(フード付ツーピース)を着ていたら暑くって早く海に入りたい!と思いました。 1本目はピグミーシーホースのポイント。2本目はウミウシのポイント、3本目は内湾的な環境に潜りました。どれも1時間オーバーでした。合計3時間20分くらいのドラマを見てきました。 これは内湾環境に生息するフタホシイソハゼです。胸ヒレでハタハタしながらホバーリングしています。真横から撮りたかったんですがサンゴがあり出来ませんでした。サンゴや死んだサンゴなどのそばでひっそりとホバーリングしています。 ピンボケでごめんなさい。これはこのポイントのある根にのみ生息している稀種と言いたいところだけどここではこの時期は普通。ある時期はウジャウジャいます。綺麗でしょ。
« prev: 
» next: 
2007.04.12
いつかは自然観察ガイド!
みなさん、お疲れ様です。 今日は東風、波の高さ2m、晴れの慶良間諸島。Tシャツ短パンで快適に過ごしています。 畑に行くとモンシロチョウがにたくさん飛んでいる風景が見られます。チョウチョたちが飛んでいる風景はまさに春ですが晴れているともう初夏の雰囲気と匂いがしています。もう夏はすぐそこです。春から初夏へと移行している慶良間諸島。 チャリンコで漁協に用事の帰りにパーラーへ。 BPはパーラーみやまのモンパの木の隙間から見る前浜の風景が大好きです。モンパの木がまるで窓枠になったかのように撮影してみました。窓の向こうには佐久原の奇岩群と奥武島が浮かんでいます。上を見上げると木漏れ日がまぶしく夏の気配をさらに感じました。 帰り道にお花畑を発見!名前はわからないこの黄色い綺麗な花がいっぱい咲き誇っていました。黒いアゲハチョウ?クロアゲハ?が黄色の花の蜜を吸ってはまた隣の花へヒラヒラ飛んでまた蜜を吸いお食事中。草花に興味がわいてきたBPは次から次へと今まで知らなかった花や草そして昆虫たちを発見してもう楽しすぎてそのうち水中ガイドだけではなく自然観察ガイドもやりそうな気がしてきました。
« prev: 
» next: 
2007.04.11
雨上がりの阿嘉島
みなさん、お疲れ様です。 今日は昨夜からの雨が続き午前中はしとしとと雨が降る阿嘉島。昼過ぎに雨が上がりトゥーラトゥ社長の船を陸揚げするのを手伝いました。船底にはノリがいっぱい生えていてマモーがこれから掃除です。きれいにしてもらいましょう。 優悟と一緒に雨上がりの島を散歩。写真は阿嘉大橋から撮影しました。佐久原の奇岩郡の右向こうにはBPが得意とする魅力的な久場島が浮かび上がっています。今頃久場島の崖には美しい白いテッポウユリが咲いているんですよ。断崖絶壁に咲くユリです。今度撮影してきますね。港の中に見える3隻の船のうちの真ん中のが太悟丸です。わかるかなぁ? 帰りにグンバイヒルガオの群生地で足を止めて優悟とお花観察。優悟はクモやカタツムリを見つけて大喜び!BPはグンバイヒルガオにしがみついている雫たちの美しさにひかれマクロモードで撮影してみました。画面右側の大きな雫にしかピントがきていませんが綺麗ですよね。丸い雫たちをいっぱいに受け止めているグンバイヒルガオたちの風景はまさに雨上がりの阿嘉島です。
« prev: 
» next: 
2007.04.10
BLUE PLANET 『海バカ日記』スタート!!
みなさん、こんにちは。 ついにBLUE PLANETのブログ『海バカ日記』が出来上がりました。これから慶良間の海、ガイド、阿嘉島の生活や様子などを発信していきたいと思います。 今までBPのブログ的にやってきたBPの掲示板には皆様からの感想などを書き込んでください。返事はちゃんと書きますよ。 今日の阿嘉島の天候は曇り。前浜から見る景観はとっても穏やかです。しかし、こんなときに限ってお客さんがいない。BPはお客さんが来るまではHPの更新作業、ブログの設定等に打ち込みます。パソコンは大の苦手ですが悪戦苦闘しながら頑張っています。 ショップから50m歩けば前浜。前浜からの海の風景を撮影した帰り道にどこにでも生えていそうなよく見かける植物から花がいくつも咲いていました。春はいろいろな花が咲き目を楽しませてくれます。チョウチョたちも優雅に飛んでいる姿が目に付きます。見ていると草も花もチョウチョもどれもBPにとっては興味深い生き物たちです。魚やエビ、カニ、ウミウシ・・・いろいろ興味がありはまっていますが草花、昆虫まで勉強していきそうな自分がいることに気が付きました。 これ以上幅を広げると弱い脳みそがパンクしてしまいそうです。 かわいい花でしょ。ひとつの花の中に3種類くらい小さな花が集まっている。BPの友達の宜野湾在住のSはこの花の葉が大好物です。Sはヤンバルをキャンプしながら撮影しているので野山の食べられる植物にとっても詳しいんだ。BPもチャレンジしてみたけど食べるのはダメですね。見るのが良し。

» next: 
TOP