menu
海バカ日記
2019.05.27
24日夜、サンゴの一斉産卵!!

みなさん、こんばんは。

 

25日までは梅雨の中休みが続きましたが、25日の夕方から風が強まり本日は南東の強風でバシャついた海のケラマ諸島阿嘉島。

 

サンゴの産卵は24日にヒズシ、マジャ、港内の3ヵ所同時に行われました。
同じ日にこの3地点が同時産卵するのは記憶にありません。

弊店はヒズシにてナイトダイビングして7名のゲストさんたちが産卵観察撮影を楽しむことが出来ました。
22時にエントリーして22時10分には産卵が始まり23時まで数えきれないほどのサンゴの産卵を観察観賞できました。
みんな産卵狙いでお越しくださっていたのでたいへん喜んでくれました!!
1日遅れで到着したゲストさんに25日の夜ナイトダイビングを予定していましたが、前述のとおり25日夕方から風が強まったため
ナイトダイビングを中止しました。
安全第一です。

実は22日から喉の炎症が始まり本日から炎症がおさまりました。
これから台風でも来ない限り休みはないので体調管理を徹底しなければと反省。


4/10北浜にてキンメモドキの群れ風景。
前年から住んでいる成魚のキンメモドキは安全な穴の中にいて、幼魚の群れは外側にいます。
人間ならば子供を安全な場所にいさせるのですが、キンメモドキは繁殖能力がある個体が安全な場所
に住めて、繁殖能力がない子供たちは危険な外側に群れます。
そしてキンメygたちは捕食魚に食べられて淘汰され生き残った者が子孫を受け継いでいくのです。
自然の掟は厳しいけど素晴らしい!!


3/27の船上風景。
このメンバーのお決まりのポーズで!!(笑)
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


1/5撮影のどこにでもいるゴンベちゃん。
ゴンベ類は撮りやすいからカメラ初心者にもオススメです。
背景にはピンク色のチヂミトサカがあります。

サンゴ狙いのゲストさんたちも明日で全員お帰りです。
明日からはしばらく少人数~。
雨の予報が続きそうで困りました。
今回の梅雨は中休みが少ないのかなぁ~?

それではみなさんまた明日。


 

« prev: 
» next: 
2019.05.23
快晴!!~梅雨の中休み!!

みなさん、こんばんは。

 

21日に北風が強まり梅雨空だったけど本日から再び快晴で波も次第におさまってきたケラマ諸島阿嘉島。
本日から梅雨の中休みです。
最高の日差しで海の中も明るいです!!

本日の水温は24.9度。
サンゴの産卵ポイントは25.4度を記録。
条件が整ってきたため近々産卵するでしょう!!

 

19日からマクロ好きのゲストさんが到着してずっとマンツーマンでマクロじっくりたっぷりガイドしております。
20日、名前をド忘れましたたが薄暗いところに生息する全身レモン色のメギス科のお魚の住み家でじっくりと撮影していただきました。

稀少なヒメキンチャクガニがペアになりました。
しかも片方が抱卵していてビックリ!!
マルミカクレモエビもアザミカクレモエビ健在。
15mm弱の透明なクロスズメダイygが徐々に各ポイントにて出現してきております。
ハナゴンベyg発見。
今日は外海でヨコシマニセモチノウオが2個体、ハダカコケギンポ3個体、モンツキカエルウオ、マツバギンポなど。
ウミウシまだいますねぇ~!!
外海ではトウモンウミコチョウがウジャウジャいました。(笑)
ハナヒゲウツボが移動を開始しました。
そろそろペアリングの時期が近いので徐々に距離を詰めていくのです。
お互いが位置をわかっていて近づいていくってことなのだろう!!スゴイなぁ!!

他にも数えきれないほどいろいろ見ることが出来ました。


1/3撮影のボンボリイロウミウシ。
小さくて可愛かったなぁ~!!
ウミウシ大好き~!!


3/26のログ付け風景。
この日、BPは49歳になりました。
皆さんのおかげでここまでやってくれました。
感謝です。
隣の宿のHさんも大好物のプリンを焼いてきてくれました。
ありがとうございます。
さらにこの日、まだ学生のRちゃんが無事にスクーバーダイバーコース合格しダイバーになりました。
これからいろいろな海を楽しんでください。


3/31撮影の美しいサンゴ礁とゲストさんの風景。
雲が厚く明るい写真が撮れませんでしたがそれでも綺麗だなぁ~!!
さてサンゴの産卵は24日か?25日か?
サンゴの産卵狙いで来てくれたゲストさんたちがみんな見れますように。

明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.05.19
旬のギンガメアジ出ています!!

みなさん、こんばんは。

曇りで風もやや強い予報が実際は青空で弱い風に変わったケラマ諸島阿嘉島。

 

朝1本目は保全活動に参加してきました。
サンゴの産卵前にワイヤーブラシでリーフ場をゴシゴシこすって藻を剥がして、そこにサンゴの卵が
他の藻がある所よりも多く着床するか?の実験を実施。

その後到着したゲストさんをガイド。
ゲストさんは大物魚群好きなので1本目は旬のギンガメアジの群れを見に行ってきました。
見れたのは巨大アカウミガメ、アオウミガメ、スマガツオ1個体、ギンガメアジの群れ(約200個体)、その後
50個体ほどのギンガメアジの小さな群れにも遭遇。ボール状の50個体の群れの周りをギンガメのペア6組が
グルグル回っていました。
お腹がパンパンに膨れたピグミーシーホース(ピンク)も見れました。

2本目はキビナゴの名所ポイントへ。
予想通りもの凄いキビナゴの群れがお出迎え。
見れたのはキビナゴの超大群、スマガツオの群れ(約40個体)、カスミアジの群れ(約30個体)、インドカイワリ、ニジョウサバ。
20~25mmしかないタテジマキンチャクダイygも発見!!可愛すぎ~!!


3月から気が付いてブログで発表していますが、やはり間違えなく今シーズンは潮当たりの良いポイントはキビナゴが当たり年になるでしょう!!



12/31撮影の巨大ワニゴチの正面顔。
マクロポイントにてワイドレンズで撮りたいコブシメと70cmもある巨大ワニゴチに遭遇!!

今まで見た中で最大級でした。


3/26北浜にて撮影、講習生と講習生を引率してきてくれた常連のゲストさんの風景。
Rちゃんは講習も無事に終了してダイバーになりました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


3/30撮影、浅所のサンゴとハマクマノミと遠くにゲストさんの風景。
左背景には明るい砂地が広がっております。

明日も3本中2本は大物魚群狙いポイントにトライする予定です。
明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.05.18
16日に沖縄地方が梅雨入り!!

みなさん、こんばんは。


16日に沖縄地方が梅雨入りして曇りか小雨が続いているケラマ諸島阿嘉島。

 

本日は午前中にボートシュノーケリングのガイドのみでした。
美しいサンゴ礁と魚たちの風景をまったり楽しんでいただきました。

午後はサンゴの産卵ナイトダイビング用のブイを設置する作業で潜ってきました。

子供たちにサンゴの産卵を見せるサンゴの産卵観察会のリハーサルも昨夜終えてあとは毎日の産卵チェックです。


3/30北浜にて撮影のチョウチョウウオのペアがゆっくりとデート中ののどかな風景。

砂地にチョウチョウウオ類が泳ぐ風景は一番好きな風景です。



3/17撮影の船上風景。
お二人はボートシュノーケリングを楽しんでくれました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


12/31撮影のコブシメの横顔。
マクロレンズだったため切り取るしかありませんでした。
イカ類独特の細胞の質感が再現出来ました。

明日から再びゲストさんが到着です。
明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2019.05.14
大物ポイント当たっております!!

みなさん、こんばんは。

 

今日は朝から風がやや強く予報よりも波高が高かったケラマ諸島阿嘉島。

風向きが変化する予報で警戒しながらポイント選択をガイドをしていました。


ここ数日間を振り返ると、12日1本目は大物魚群狙いでホソカマスの群れ、藻を食事中のアオウミガメ、
グルクンの大群、ホシカイワリ1個体、インドカイワリのペア、根の上にホバーリングする巨大オニカマス、
スマガツオ4個体などが見ることが出来ました。
2本目3本目では最近見つけたイソバナカクレエビsp、10mmくらいの可愛いナガサキスズメダイがそこら中に
出現しております。極小の幼魚が次々と出現していて面白いです。
まだタテジマ模様がはっきりしていて背びれ後ろが長く糸状に伸びているイトヒキフエダイをこのポイントで最近
何度も会えております。しかもものすごい寄れます!!フィッシュアイでイトヒキフエダイに60cmまで寄っても逃げません。
時々背びれを広げて威嚇しているのか?それともまるで『撮りなさい!!』と言っているかのように見えました。


13日は地形ポイントにてサメ穴に行ったらGW中は4個体もいたのに1個体になっていました。
アカククリはいっぱいいましたねぇ~!!
アオスジエビスもライトを照らしてメタリックなブルーラインを楽しみました。
キスジカンテンウミウシも綺麗でした。

本日14日1本目は潮止まりだったにも関わらずキビナゴの群れに当たりました!!
スマガツオ3個体、インドカイワリ5個体、ツムブリ1個体が普段表層近くにいるキビナゴの群れを水深15~18mまで
追い込んで何度もアタックを仕掛けていました。
その周りを若いイソマグロ2個体が何度もウロウロ。
コバンザメを付けた大型のネムリブカも眠っていましたが、近寄ったら逃げてゆきました。
マツカサウオも発見!!以前良く見た場所のすぐそばでした!!

2本目以降はカメ3個体と会えるは群れも良し、マクロも良し、サンゴも良しでした!!

水温は25.1~25.4度。


12/25撮影のマメウサギ。
この落ち着いた色彩にもかかわらず綺麗だなぁと思う外套膜が素敵だなぁ~!!
やや稀少なのですがマメウサギ出現ポイントをいくつか押さえておりまして定期的に見れております。
小さな写真だからわかりにくいですが目と触角も写っていますよ。


3/16の船上風景。
外海にて。
いつもありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


3/28撮影のデバスズメダイが群舞いするまさに癒しの風景。
曇天だったため綺麗に撮れませんでした。

明日は3本ガイドして合間に酸素ボンベの耐圧検査に出したり、間に合わないかもしれないけど会議
に出たりと忙しい一日になりそうです。
頑張ります。

« prev: 
» next: 
2019.05.12
下曽根最高!!~水温上昇!!

みなさん、こんばんは。


梅雨時期の凪が始まっているケラマ諸島阿嘉島。

水温が10日頃から急上昇しております。

本日の水温25.3~25.5度。
7日と比べたら約1度上昇しております。

これでサンゴの卵が急激に成熟し始めてくれることを願いします。

 

陸域ではアカショウビンの美しい歌声も増えてきております。
ケラマジカは出産したようで4月頃からチビっちゃい子ジカが歩いているのを見かけております。

テッポウユリも綺麗~!!

 

10日に潜ったユカタハタの根がキンメに包まれていて綺麗ですねぇ~!!
時々大型のクロハタとケンカしそうになりますが。
ここの根はユカタハタが10個体はいるんじゃないでしょうか。
ミヤケテグリygも活発に歩いておりました。

 

北浜ではGWから見つけているハナヒゲygが元気です。
ヒメウツボの黄色個体も登場~!!
大型のサバヒーも見ることが出来ました。
名前のないエビさんも元気にしていました。

本日の下曽根も面白かった~!!
イソマグロは10個体くらいと20個体の群れに分かれていました。
ロウニンアジは3個体とカスミアジ4個体がグルクンを追い回していました。
ネムリブカ3個体、大型のヤイトハタが丸々太っておりました。
ナンヨウカイワリのペアもデート中。
久しぶりにホシベニサンゴガニをガイド。
スジタテガミカエルウオはフジツボの中に卵をいっぱい産んでいて銀色に成熟していました。

本日3本目はマクロ探しダイブ!!
綺麗なピンク色のハダカハオコゼygを発見!!
行方不明だったハナヒゲウツボygと再会出来ました。
ユビノウハナガサウミウシも見つけることが出来ました。
他、いつもいるやつは勢揃いしていました。


3/27撮影、サンゴ礁をデート中のチョウチョウウオのペアの風景。
背景にはアマミスズメダイの群れがいっぱい。

3/11の船上風景。

みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

 


12/25撮影の4つのブルーのホヤと美しいサンゴのポリプのお花畑のマクロ風景。
生え物系も大好きでいろいろガイドしております。

この日は弊店が20周年を迎えた日です。
皆様のお陰でここまでやって来れました。。
ありがとうございます。
これからも1歩1歩歩んでいきます。

さて、しばらく静かな日々が続きそうです。
5月の下曽根は行けるときは出来るだけ行くようにしております。
皆様のお越しを楽しみにしております。

7月16日以降のご予約がガラガラにすいております。
皆様からのご予約をお待ちしております。

« prev: 
» next: 
2019.05.08
幼魚続出!!

みなさん、こんばんは。

 

北側以外はいろいろ潜れた海況のケラマ諸島阿嘉島。

GWが無事に終わり、5日だけダイビングがなくお休みして、6日から再び潜っております。

様々な種のygが続出しております。
4日はナガサキスズメダイyg12~13mmを初観測。
昨日はクロスズメダイ10mmの極小ygを発見。透明にうっすら黄色でした。
デバスズメダイ7~8mmの極小ygも発見。全体的に透明でうっすらと水色になっていました。
タキベラyg16~17mmも発見。
ツユベラygとカンムリベラygは急増しております。

GW期間中にキンメモドキの群れがどんどんと黄金色に色付き、昨日は群れ全体が黄金色になっていました。
完全透明の時よりも黄金色の方がハレーションしにくいので撮影しやすいです。
しかもGW途中でグルクンygの群れが加わりにぎやかさが増しました。

 


3/26撮影のキンメモドキygの雲状大群を観察するゲストさんたちの風景。
この頃は全身が透明で根の上で雲状になっていましたが、今は黄金色に輝き根にへばりついております。


3/11撮影、100本達成おめでとうございます。
卒業旅行でした。
今頃社会人頑張っているんだろうなぁ~!!
ガンバってねぇ~!!


12/8撮影のアカホシイソハゼ。
何というサンゴかわかりませんが、サンゴの上でたたずんでいました。

明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2019.05.05
GWありがとうございます!!~エンリッチの効用!!

みなさん、おはようございます。

昨日から青空が広がっているケラマ諸島阿嘉島。

世間はまだGWですが弊店は本日ゲストさんが全員お帰りになるためお休みです。

今日は窒素を抜きながら事務作業やエンジン掃除などやります。
弊店としてのGWが無事に終わり今思うことはエンリッチがなかった時代とエンリッチを使用している今とでは
疲労感が全く違いますね。
もちろんエンリッチの今の方が疲労感と倦怠感が少ないです。
年齢を重ねてきて体力も落ちてきているというのに若い頃よりも疲労感が少ないというのはやはりエンリッチの効果はスゴイ!!
今回のGWはゲストさんの間でもエンリッチ使用者が増えて過去最高の使用率となりました。
みんながより安全により楽に潜れるようにエンリッチをオススメします。

さて昨日の海はやっぱり下曽根が素晴らしかったです!!
昨日1本目:下曽根に行ってきました。
しばらくグルクンの群れを観察していたらイソマグロの群れ(24個体)とカスミアジ7~8個体が背後から悠然とやって来て
『おぉ~!!壮観!!』と思ってみていたら、突如ショーが始まりました。
それまでロウニンアジの姿は若い個体が1個体中層でウロウロしているだけでしたが、突然大型のロウニンアジ7~8個体が
グルクンの群れにアタックを仕掛けて次の瞬間イソマグロ2個体とカスミアジたちも加わって合同アタックを見ることが出来ました。
その時、イソマグロは体側に格子模様が出て、ロウニンアジのほとんどが真っ黒になっていました。
ロウニンアジの最も大型の個体が大きすぎてド迫力でした!!
スジタテガミカエルウオの黄緑色個体ももちろん観察できました。
下曽根は6月いっぱい大当たりするピークです。
もちろん7月以降でも面白いときは多々ありますが、出来るだけお早目にお越しください。

2本目:ユカタハタの根はキンメモドキの群れが黄金色になってきてより美しい風景になっております。
キンメモドキの群れに大型のユカタハタが登場する風景を観賞していたら、突如ツムブリの群れ(約40個体)が現れて
我々がいるユカタハタの根に大接近しました。
きっとキンメモドキにアタックしたかったけど我々が邪魔で出来なかったのかもしれません。

3本目は小魚の群れに囲まれてアオウミガメに大接近できて楽しんできました。

水温は上昇して24.3度。
このまま上昇してサンゴの卵が早く成熟しますように。


12/8撮影のマンザガマヒメヤドカリ。
最初不明種と思ったら、過去に何度か撮影していました。(笑)
白い各脚にオレンジ色がちりばめられていて綺麗なのです。
ケラマでは沖縄本島よりもずっと浅い水深で見られます。


3/7のログ付け風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


3/17撮影、この日はダイビングの合間にボートシュノーケリングへ行ってきました。
ゲストさんカップルは美しいサンゴ礁に感動してくれました。
ダイビングではなかなか見れないシマハギの壮大な群れも素晴らしかったぁ~!!

本日北浜のAサインにてランチ。
さて午後も事務作業など頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.05.03
GW終盤!!

みなさん、こんばんは。

風がやみ海が静かになり、晴れの予報がスッキリと晴れずようやく3本目に晴れたケラマ諸島阿嘉島。

5/1~本日3日も水中でいろいろな出会いがありました。
大物系では本日ネムリブカが5個体見ることが出来ました。
ネムリブカは5~6月に稚魚を出産します。
本日サメ穴にて一番大型の個体がお腹が膨れていて近々出産しそうでした。
穴の中を大型のネムリブカ4個体がグルグルと泳ぐ様は迫力がありました!!
キンメモドキの群れの周辺ではインドカイワリ、カスミアジなどがアタックを仕掛けています。
マクロポイントにてアマミウシオノシタの最大級(60cm以上)も発見しました。
魚影の濃いところで若いイソマグロ2個体も見れました。

マクロ系ではホヤカクレエビの一種が2種類、パンダツノウミウシが登場!!ホムライロウミウシの幼体
(黄色個体)、謎のエビ、ハナヒゲウツボ成魚と幼魚、ユキンコボウシガニ、ヒラツノモエビ3個体、
稀少なヒメキンチャクガニにも遭遇出来ました。
イソギンチャクモドキカクレエビを見に行ったらイソギンチャクモドキがツボ状に閉じていて見ることが
出来ませんでしたぁ~。残念~。

以前にもブログでお伝えしましたが、やはりもしかしたらこの夏~秋のキビナゴ多いかもしれません。
すでにある程度成長した個体の群れも見られています。

本日の水温23.6~23.8度。
先日の大雨が海に混じって水温が下がったのかもしれません。
気象庁はなかなか梅雨入り宣言を出しません。
これはGW明けで例年通りくらいの梅雨入りになるかもしれませんね。


12/7撮影、ソウトコーラルにカムフラージュして隠れ住むトサカガザミの横顔。
この個体は大きくて今まで見た中で最大級。


3/7撮影、店内にてゲストさんたちと。
珍しく夜のログ付けではない昼間の時間帯です。
お二人ともありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。
写真はKさんがお土産で持て来てくれた平成まんじゅう。


3/16撮影のクレバスとゲストさんのシルエット風景。
クレバスのブルーを抜けると突如砂地になりスカシテンジクダイの群れが舞っています。

GWの忙しいピークは昨日で終わり、本日からゆったりのBP。
近年GWは前半にご予約が集中して後半がすいております。
明日でほぼ終了です。
気を抜かず頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.04.30
平成天皇と皇后さま、お疲れ様でした!!

みなさん、こんばんは。

雨の予報が外れて午前中は晴れたケラマ諸島阿嘉島。

平成最後の日にギンガメアジの群れとアカウミガメに遭遇出来たし良しとしよう。
ゲストさんみんなシロボンボンウミウシもペアを撮影出来ました。
幼魚がどんどん増えている印象です。
例年よりもウミヒルモが大きくて色が濃くて元気に繁茂しております。
すでにタツノハトコとかいろいろ見つかっております。


12/7撮影の美しい緑のイソギンチャクにハマクマノミyg正面顔。
可愛い~!!


3/16撮影、外洋に面したダイナミックな岩礁ポイントにてザトウクジラのソングを聴きながら
アオウミガメの食事風景を観察。
この時は岩肌の藻をかじり取って食べておりました。
交尾に備えて栄養をたくさん取っている感じでした。

平成天皇と皇后さま、長い間お疲れ様でした。
お二人の人柄が素敵すぎます。

本日は平成最後のラストダイブをサンゴが綺麗なポイントにて締めくくってきました。

明日は令和初ダイブ。
そろそろ梅雨入りしそうですが、まだ気象庁は発表していません。
雨の予報がまたハズレてくれますように。

« prev: 
» next: 
2019.04.28
27日からGWスタ-ト!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は北風で曇りでしたが水中はそんなに暗くなかった慶良間諸島阿嘉島。

27日からGWスタートしました。

気を引き締めて頑張ります!!

 

陸域では晴れた日にモンシロチョウが交配のために海上移動するのが見られるようになってきております。

アカショウビンも24日から美しい歌声が聞こえるようになってきました。

 

水中ではキンンメモドキygが黄金色に色付き始めてきております。

24日頃からイシモチ類の口内保育が次々と始まっております。

本日スダレヤライイシモチはすでに目が完成した成熟した卵を口内保育している個体も確認できました。

マルミカクレモエビ、アザミカクレモエビ、ウズラカクレモエビ、ホヤに住むエビ(ストルチィ)など数ヵ所発見しております。

ユカタハタの根はキンメモドキの群れが覆っていてキンメの群れと一緒にユカタハタを撮影出来ております。

タキベラyg、ヒレグロベラyg、などベラ類ygがやっと続々と出現しております。

 

水温は23.5~23.6度ですが、ゲストさんたちのダイコンは24度台を示しているのも多くあります。

 


3/11撮影、ピンクのヤギとゲストさんたちの風景。


12/7撮影、綺麗なクロメガネスズメダイyg。
寄っても引っ込まない良い子でした。


12/6撮影、美しいケヤリです。

 

明日からも安全第一で頑張ります!!

 

« prev: 
» next: 
2019.04.23
GW準備の追い込み!!(パート2)

みなさん、こんばんは。

 

今日は風も穏やかでどうも室内にいても暑く初めて冷房をかけた日になりました。


今日でゲストさんがいないお休みの最後に日なのでまだ出来ていない諸事務作業やら雑務をこなしました。
お釣りの準備、片付け物をして出てきた廃材木を処分、自動車税など各種支払い、明日の総会資料の印刷、
ゲストさんと自分のスーツの修理など・・・・、いろいろ出来ました。



3/7撮影、サクバル漁礁のキンセンフエダイの群れとゲストさんの風景。
少しですがヨスジフエダイとロクセンフエダイが混泳しております。


11/28撮影、アワイソハゼの一種。
真横向きで撮影してみると図鑑に載っているのと違う種である。
新種か~??(笑)


12/6撮影、綺麗な緑色のイソギンチャクに包まれて気持ち良さそうなハマクマノミ成魚。

GWの準備はほぼ整いました。
明日から気を引き締めて頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.04.21
GW準備の追い込み!!

みなさん、こんばんは。

 

今日は昨日の強風がウソのように風が弱まり午前中晴れ午後から雲が広がったケラマ諸島阿嘉島。


船を陸揚げして船底掃除、トイレの修理、アンカーロープを新品に交換、車のバッテリー交換、ウエイトベルトを4本作りました。
など他いろいろ雑務をこなしました。
GW前のダイビングがない日もあと明日のみです。

明日中に出来ず限りのことをやっておこう!!

 


3/7撮影のコブシメとゲストさんの風景。

この時は産卵はしていませんでした。
ここに産むぞ!!と産卵場を決めに来ていたのかな。

 


11/28撮影、最近ハマっている生え物の一つです。
自然光での地味な色彩とは裏腹に、撮影してみると真実の色彩が素晴らしい!!


11/28撮影のアオギハゼ。

明日も一生懸命頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.04.21
内地(玉置浩二と野球)から帰宅!!

みなさん、こんばんは。

本日クイーン2便で内地から帰宅しました。
那覇空港に降り立つと小雨が降っていて今も小雨が続いております。
風も強く明日のゲストさんもダイビングキャンセルになりましたぁ~。

実は内地へは玉置浩二PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2019THE GOLD RENAISSANCEと野球観戦(阪神vs巨人)を
島の先輩たちと楽しんできました。
玉置浩二は壮大で華麗なオーケストラの響きに全く負けない卓越した歌唱力で僕はジーンと感動!!
予想をはるかに超えた素晴らしいコンサートでした。
野球はバックネット裏のややファースト側で阪神のベンチのそばなので打席に入る前の素振り中の阪神選手がすぐ目の前で見ることが出来ました。
巨人がホームランを打ちまくり圧倒的な強さで勝ちました。
という感じで島の先輩たちや民宿トゥーラトゥの常連さんたちと飲み会もやって本日僕だけ先に帰島。
いっぱいリフレッシュしたのでGW頑張らなくちゃ。


3/7撮影のアカククリ(上3個体)とナンヨウツバメウオ(向こう下3個体)と漁礁ブロックに大型サンゴ
が張り出す風景。


11/28撮影のカゲロウカクレエビ。
お見事なカムフラージュですねぇ!!


11/28撮影のトサカガザミ。
これもまた精度の高いお見事なカムフラージュです!!
このソフトコーラルにはウズラカクレモエビも数個体住んでいました。
しかし、先日見に行って来たら両種ともに消失していました。残念~。
ここには歴史的に何度も消えては再び加入してきているので再来を待とう。

さて、明日のダイビングがキャンセルになったので明日と明後日の2日間はダイビングお休みになりました。
GWに備えてしっかりした準備をしておきます。

それではみなさんまた明日。

 

« prev: 
» next: 
2019.04.17
ちょっと内地へ行ってきます!!

みなさん、こんにちは。

 

真っ青な空に強い日差しに照らせれたケラマ諸島阿嘉島。

最高気温25度まで上昇!!
北風なので25度にとどまりましたが、南西の風だったら27度を越えたでしょう!!

午前中2本ガイドしましたが北風が強くて安全第一で島影のポイントへ。

水温は22.7~22.8度に微弱に上昇。

 

キビナゴの群れが4月にしては多いのと通常この時期はかなり小さな出現したばかりのygなのだが、けっこう成長しているやつが多いのです。
もしかすると今シーズン8~10月はキビナゴが当たり年の可能性があります!!


昨日、体験ダイビングの時に2個体のコブシメが産卵しているのに遭遇!!
体験で見れるってラッキーですねぇ~!!

本日、別のポイントでコブシメ6個体が産卵行動とメスを獲得したいオス同士のバトルが見られました。
やぱりオスのバトルがあると興奮しますねぇ~!!



短い日程で島の先輩たちと内地へ行ってきます。
BPはシーズン中、内地に行くことは極めて異例ですが。

次の更新は21日頃です。
今から21日夕方まではメールの返信が遅くなりますことをご了承ください。

それでは行ってきま~す。

« prev: 
» next: 
2019.04.15
北浜のキンメモドキ、壮観な雲状大群!!

みなさん、こんばんは。

 

太陽が出続けて柔らかな光に包まれたケラマ諸島阿嘉島。

本日はファンダイブ2本と体験ダイビング1本のガイドをしてきました。

体験ダイビングではアオウミガメに遭遇出来て一緒に泳ぎました。
ゲストさんも喜んでくださり良かったぁ~!!

毎回潜るたびに増大している北浜のキンメモドキの群れが壮観で素晴らしい!!
いつもキンメを食べに来ていたインドカイワリもいなくて平和でした。(笑)
北浜で推定1週間前か10日間前以内に産卵したコブシメの卵を発見!!
あ~ここで見たかったなぁ~。

水温変わらず22.6度。


3/6撮影の大型のタイマイとゲストさんの風景。
ぜんぜん逃げません。
この後、ゲストさんの方に向いてにらめっこしていました。(笑)


11/25撮影、デルタスズメダイかなぁ?
スズメダイ好きな方への一品。
これが一番寄れたカットです。
眼にはピントもってこれましたが尾ヒレは合いませんでしたぁ~。


11/25撮影のミヤケテグリ。
ペアでデートしておりましたが写真は単体です。

明日はまたしても体験があり、ファン3本なので4本ガイド。
頑張りま~す!!


« prev: 
» next: 
2019.04.15
イソマグロが繁殖期へ!!

みなさん、こんばんは。

本日はやや風が強く波がありましたが午後には太陽も出てきたケラマ諸島阿嘉島。

1本目は潮合わせた狙い通り大型イソマグロの群れ約20個体が行列となって渦を巻いて登場してくれました!!
しばらく見れて泳ぎ去った後に1匹狼のような巨大イソマグロが頭上を悠然と通過!!
イソマグロも繁殖期に入りましたねぇ~!!
これから梅雨期間いっぱいまでイソマグロの群れが見られる確率が上がります!!

2本目は3月ぶりに来たポイントでコブシメ狙いへ。
残念ながら3月にメインのところをびっしり産卵した後、他のサンゴへの産卵がなく、コブシメの姿も見つからず~。
それでも4月が最高の旬のムラサキウミコチョウの遊泳を見ることが出来ました。
巨大なモヨウフグも砂地で眠っていたりしてビックリな出会いもあり!!

3本目は北浜へ。
キンメモドキの雲海状大群風景が凄すぎる~!!
今年の北浜のキンメの群れはいいなぁ~!!
マクロ生物もいろいろと楽しめました。

水温は一時23度に乗っかったこともありましたが、本日3本とも22.5~22.6度。


3/6撮影、イソバナにキンメとスカシが群れる美しい風景。
曇天だったため暗い写真でごめんなさ~い。


11/22撮影、ヘビギンポの一種。
これはいるところにはいっぱいいる種です。


11/25撮影、クマノミと淡いピンクのイソギンチャクのゆるふわフォト。

明日もガンバリます!!

« prev: 
» next: 
2019.04.14
ウミウシが最盛期!!~いろいろなマクロ生物の増加スタート!!

みなさん、こんばんは。

 

どんよりした曇り空でちょっと涼しい1日だったケラマ諸島阿嘉島。

昨日は北風が強かったですが、本日は風が弱まり静かになってきました。

 

只今ウミウシの種類数、見れる個体数がピークを迎えております。
その種の最大級サイズが見れるため撮りやすいですよぉ~!!

交接を観察できることも増えてきております。
GW明け頃からはウミウシの卵がいろいろなところで見られるでしょう。
今日はオオコノハミノウミウシがソフトコーラルに乗って食べていました。

オリジナルのキンメモドキの根の穴にはキンメモドキの群れに包まれて大型のマダラハタ(80~90cm)が見られました。
この時期になると大型のハタをちょいちょい目撃します。


ガヤにカムフラージュしている種名がわからないエビが例年と同じところに出現しました!!
拡大してみると質感がとってもGOODです。

ホホスジモチモウオの一種3も発見。

ユキンコボウシガニも出現しております。
夏に向けて個体数が増加するでしょう。

 

昔もの凄いたくさんいたスイジガイですが近年減っております。
しかし、昨日スイジガイが5個体集まっているところを発見!!
スイジガイは春が繁殖期なのかなぁ?
他の時期も集まっていたと思うが??もうちょっと観察例を集めよう。

 

11日から本日までマクロ派のゲストさんご夫婦が潜ってくれたお陰で今シーズン行っていなかったマクロポイントに
けっこう行けて、昨年秋よりもいろいろなマクロ生物が加入して増加しているのがわかりました。


3/5撮影、ヨスジフエダイの群れとゲストさんカップルの風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。



11/22撮影の美しきハナゴンベ。
もうそろそろygも出てくるかなぁ~!!


11/22撮影のカンザシヤドカリをゆるふわ撮影。
背景を美しく撮りたい、ゆるふわ撮影したい方はリクエストしてください。


さて明日はワイドに行く予定ですが、波風がいつ頃から強まるのか?警戒しながらです。
それではみなさん、また明日。

« prev: 
» next: 
2019.04.12
テッポウユリ開花!!~夏のご予約お早目に!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は昨日の嵐とはガラッと変わって北側以外は静かになっていったケラマ諸島阿嘉島。

 

クイーン1便で到着したゲストさんを午後2本ガイドしてきました。

マクロ全般何でも好きなご夫婦でいろいろと見て頂きました。


マクロではないけどウメイロモドキの群れが綺麗でしたぁ~!!

何度も目の前を行列になって通ってくれました。
まるで興奮状態のようにも見えて何かあったのだろうか?

アカテンイロウミウシなどの可愛いウミウシ定番がいろいろ見れたり、幼魚探しが面白かったです。

本日2本目にクジラのソングを聴くことが出来ました。
まだいるんだなぁ~!!

水温は少し上がって22.6~23.1度。


お知らせし忘れていることがあります。
あともう開花から2週間近くたっているけど久場島ではどんどんテッポウユリが咲き始めております。
来週中には久場島の斜面全体に咲き誇るでしょう!!


3/5撮影、浅所のサンゴの真ん中にハマクマノミが躍り出ている遠くの砂地上にゲストさんたちが
いる風景。


11/22撮影のヤマビキスズメダイygと赤色が美しいイソバナ背景。


夏のご予約が入ってきております。
弊店の予約表(7月)はまだすいておりますが、早くしないと宿が満室になってしまいそうです。
7月に来たいゲストさんは早急に日程の連絡をください。
6月も例年よりも予約が少ないで~す。
お盆もあともう少しで宿が満室になってしまいそうです。
皆さんからのご予約をお待ちしております。

« prev: 
» next: 
2019.04.11
またしても前線通過!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は予報通り午前中2本目の時間帯に前線が通過して風が強まりその時雨が土砂降りになったケラマ諸島阿嘉島。

桜も散る寸前の4月10日だというのに内地で雪が降ったニュースが流れて驚いております。

本日のガイドはゲストさんのご希望で午前中2本で2本とも風が変化した後も大丈夫なポイントを選択。
ムラサキウミコチョウが出ているなぁ~!!
レモンスズメダイygはもう3月下旬くらいからポイントによってはたくさん出ております。
20mmクラスのカンムリベラygやツユベラygなどベラ系ygも増えだしてきました。
北浜のキンメモドキygの群れが根の上に乗っかって雲海状になりお見事です!!
ブツブツサンゴは1000歳を超えて老衰死してきていて新たなサンゴの命がどんどん着床してきております。
おそらく3~4年後にはブツブツサンゴ(正式には:コモンシコロサンゴ)は全て死んでしまい、別の種類のサンゴがびっしり群生するでしょう!!
楽しみだなぁ~!!
今年はコブシメの産卵場が例年と違っていたりしています。
しかし全体的に今のところ例年よりも産卵が少ないです。
今のところ見ているのは1~2個体の産卵で群れに会えていません。
これからスゴイのが見れるかも!!
ザトウクジラのソングはすっかり聞こえなくなってしまいました。
しかし、弱っているのか?!群れから遅れてGW前後にケラマを通過していく個体も見れることがあるので、まだまだ海上をよく見て
走らないとなぁ~!!


1/8撮影のオオセと撮影中のゲストさんの風景。
内地に出発する直前にもこの類似カットをアップしていると思います。
この冬から春は3個体に遭遇しております。
もう一度逢いたいなぁ~!!


3/5撮影の船上風景。
日本で体験できる50のアクティビティー、という感じの本を製作中で取材に来てくれたKさんです。
弊店で体験ダイビングをしてくれました。
ありがとうございます。
出版が待ち遠しいです。


11/15撮影のイソギンチャクモドキカクレエビ。
この時は触手上に乗っておりました。
ホントに毎回違うところにいて毎回『あれ?どこだ?』って探してます。
すぐ見つかりますが~。(笑)

さて、明日は午前中お休みで午後からダイビングです。
風がやみますように。

« prev: 
» next: 
TOP