menu
海バカ日記
カテゴリ
2020.08.09
今年初の台風5号通過中!!

みなさん、こんばんは。

只今台風5号がケラマと宮古の間を通過して北上中で荒れ模様のケラマ諸島阿嘉島。

昨日8日の朝に太悟丸を陸揚げして台風5号に備えながら船底掃除も行いました。
昨日8日と本日午前中で島中の船が陸揚げ完了。
今シーズンは観測史上初めてとなる7月に1個も台風が沖縄に影響を及ぼさなかった年になりました。
そしてついに昨日8日の夜から今シーズン初めての台風の影響を受けております。
本日昼過ぎから今夜が峠でしょう。
28.4~29.0度の高水温が続いたせいで白化に弱いアナサンゴモドキ類が白化し始めているため
海水を攪拌してくれることを願います。


6/12撮影のイソバナにキンギョハナダイygと各種幼魚たちが舞い踊る風景。
背景にゲストさんのシルエットと太陽を入れ込みました。
美しき龍宮風景を見にお越しください。

4/5の船上風景。(TG4)

またのお越しを楽しみにお待ちしております。

この日まで営業して翌日は予約がなく、4/7に政府からの緊急事態宣言で弊店も営業自粛に決めました。



3/24撮影のゴルゴニアンピグミーシーホースのペア。
この子たちは一度いなくなったかと思ったらすぐ近くに引っ越しているのを発見したりでしばらく
楽しませてもらいました。

明日は船を海に降ろせるかな?

« prev: 
» next: 
2020.08.08
8月7日~15日午前中まで営業自粛!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は素晴らしい快晴べた凪のケラマ諸島阿嘉島。

新型コロナウィルスが全国的に第1波よりも感染拡大していることや沖縄県が人口比率で最もコロナ感染者が多いこと、
沖縄県独自の緊急事態宣言が発令されたことなどから弊店は本日7日~15日午前中まで営業を自粛することに決めました。
直前でお断りしてしまった方にはお詫び申し上げます。

8月15日午後から営業を再開する予定です。

8月1日から6日までのログを以下に記します。

見れた素晴らしい風景は以下の通りです。
サンゴにデバスズメygとスカシテンジクダイygとグルクンygの3種が群れる風景、暗闇のホールに美しい2条の光線が降り注ぐ風景、
リュウキュウキッカサンゴの群生にオキナワスズメダイ、アサドスズメダイ、キホシスズメダイygが群れる風景、
穴の中をライトで照らすと黄金に輝くキンメモドキの群れ風景、目の前が見えなくなるほどのキビナゴの超大群風景、
ポリプ満開のイソバナ群生谷の美しい風景、海底を埋め尽くす絶景のサンゴ礁にノコギリダイが群れる風景、
複雑な穴地形に数条の細い光線が瞬くように差し込む風景、一つの根がキンメモドキ、キンギョハナダイ、ハナゴイ、グルクンyg、
ウメイロモドキyg、キホシスズメダイygなどの群れに包まれる風景、、、などが見られて素晴らしかったです!!

見れた大物系はクロヒラアジ、キンメやスカシを狙うインドカイワリ、アオウミガメ8個体、タイマイ1個体、
インドカイワリ24個体の群れとツムブリ約150個体の群れが合体してキビナゴの大群を狙う、ネムリブカ2個体、
オニカマス3個体です。

見れたマクロ系生物は主に以下の通りです。
ピグミーシーホース(ピンク)、ベニヒレイトヒキベラyg←今多い、アザミカクレモエビ、ボタンウミウサギガイの幼貝、
サビウライロウミウシ、オドリカクレエビ、ナンヨウハギygたくさんいます、ソメワケイソハゼ、ベンテンコモンエビ、
イソコンペイトウガニ、マルミカクレモエビ、コバンハゼ、アカネダルマハゼyg、ダルマハゼyg、ミヤケテグリyg←5~6個体集まっている、
10mmしかない極小イロブダイyg、アカスジウミタケハゼ5個体、シノビイロウミウシ←綺麗で可愛い、オドリハゼとブドウテッポウエビ、
コビトスズメダイ、などなど他いろいろ見れて書ききれません。

本日は次男優悟と一緒に海に出て僕はタイドプール調査に没頭、優悟はルアー釣りを楽しみました。
タイドプールでは面白いプールを発見、自分の中で初めて見れた種というか不明種にも出会えました。
優悟は釣果は少なかったけど楽しめたようです。


3/21撮影のジンガサヒトエガイ属の一種。
久場笠のような貝をかぶり、正面顔のつぶらなお目目が可愛い~!!

4/2の船上風景(TG4)。

ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


4/5撮影、親子のゲストさんと舞い踊るクマノミたちの風景。
この2日後の4/7に政府から緊急事態宣言が発令されて、弊店もその日から営業自粛に入りました。

低気圧が熱低になるようで、しかも宮古とケラマの間を北上しそうです。
たいしたことはないと思いますが、どうせなら攪拌してもらって水温を下げてもらいたいですね。
白化に弱いアナサンゴモドキ類が白化し始めているポイントが出てきたからです。

さて明日も営業自粛でガイドの仕事はありませんが、一つ一つ出来ることをやっていきます。

« prev: 
» next: 
2020.08.01
4日間休養してから本日31日からガイド再開!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は雲が少なく真っ青な空に強烈な太陽がサンサンと照り付けたケラマ諸島阿嘉島。


予定通り6/27~30までの4日間、お休みしました。
その内2泊は那覇で休養。
やっぱりトプシーズン中も休養することが大切だと実感しました。
これから毎月3日間はお休みを確保して行く予定です。

そして本日31日から営業を再開しました。


以下は本日のログです。
見れたワイド風景は以下です。
浅所を埋め尽くすキビナゴの超大群風景、洞窟内に差し込む2条の光線風景、帯状に続く揺らめく光のオーロラ風景、
瞬くような1条の光線と洞窟の出口のブルーの風景、ポリプ満開のイソバナの群生にキンギョハナダイygが群れる風景、などなど。

見れた大物はスマガツオ150個体の群れ、インドカイワリのペア。

見れたマクロ生物は、フチドリハナダイyg約7個体、ヨコシマニセモチノウオ、フリソデエビ!!、モンツキカエルウオ6個体←増えました!!
マツバギンポ、オトヒメウミウシ、ダイアナウミウシ、セボシウミタケハゼ、ヤマブキスズメダイyg、マルミカクレモエビ、などなど他いろいろ。


3/19撮影のヒオドシユビウミウシ。
小さなお目目があり正面顔が可愛い~!!
このウミウシを見るとウルトラマンの怪獣エレキングを思い出してしまうのは僕だけかなぁ?

3/30撮影、ゲルマニヨンでディナーの風景。

美味しいものを食べながら飲みながら、みんなで楽しく語らいました。
皆さんまたのお越しを楽しみにお待ちしております。


4/3撮影、流動するグルクンの群れの縦位置遠景。
雲が多くちょっと暗い写真ですが、またそれも良し。

本日、沖縄県知事が沖縄県独自の緊急事態宣言を発令しました。
内容は以下です。
8/1~15は沖縄県民は出来るだけ県外に行かないように、県外から沖縄に来る時は慎重に
今まで以上にコロナに気を付けてください、ということです。

明日も無理しない程度に頑張ります。

« prev: 
» next: 
2020.07.28
連休が無事に終了!!~30日までお休みです!!

皆さん、おはようございます。

 

本日、晴れ渡っているケラマ諸島阿嘉島。
昨夜は満天の星空が綺麗でした。

 

無事に連休が終わりホッとしているところです。

以下は23日~26日まで主な見れたものです。

見れた風景は以下です。
ダイナミックな雄大な岩礁から岩礁へ渡り、下へ降りるとウミウチワの大群生風景が美しい、洞窟内に差し込む光のオーロラ風景、
水面かギリギリに群生するサンゴ礁と反射して色彩が綺麗な水面風景、穴の中に大量に群れる黄金に輝くキンメモドキの群れをライトアップ、
カスミチョウチョウウオとキビナゴの大群風景、海底を埋め尽くす美しいサンゴ礁風景、ポリプ満開のイソバナの群生する渓谷風景、
霧煙る岩礁水面下に群れるギンユゴイの風景、・・・・・などなど。

見れた大物は以下です。
大型のロウニンアジがゲストさんたちの中に入ってきて大接近!!近すぎて迫力凄かったです!!
タイマイ3個体、インドカイワリ12個体とツムブリ6個体の群れがキビナゴの大群に捕食アタック!!
オニカマス1個体、イソマグロ1個体、ホソカマスの群れ、、などなどです。

見れたマクロ生物は以下です。
綺麗なサンゴの上にアカスジウミタケハゼ6個体、ヤシャハゼとコトブキテッポウエビ、ハナヒゲウツボ2個体、キンチャクガニ2個体、
ピグミーシーホース3個体(ピンクのイボイボ)←1個体はお腹がパンパンい膨れていて稚魚が入っていました、
シロボンボンウミウシ、ミナミギンポ、ミナミコブヌメリ、カサイダルマハゼ、、、などなど。


3/19撮影のトグトゲウミウシ。
この頃はウミウシ多かったけどさすがに最近減ってきております。

3/29の船上風景。

皆さんありがとうございます。




4/2撮影、砂をかぶって眠っている超巨大なマダラエイを観察していたら、突如泳ぎだした瞬間の1枚。
ゲストさん一同、ビックリ!!
海はいつも素敵な出会いに満ちております。

さて本日沖縄県知事から何らかの発表があるようです。


« prev: 
» next: 
2020.07.22
今シーズン最高のコンディション!!

みなさん、こんばんは。

19日から今シーズンで最もコンディションが良い快晴べた凪に強烈な太陽の日が続いているケラマ諸島阿嘉島。
しかし、19日から本日22日までの4日間はご予約がキャンセルになりお休みになってしまいました。
船のメンテナンスと休養して過ごしました。

船の前側のテントもようやく届いて取付完了。
これで少しは暑さが防げると思います。

自分の中で流行っている中岳頂上展望台と外地島展望台でのランチもやってきました。
晴れていたので絶景で気持ち良かったです。

本日は調査&撮影ダイブに行ってきました。
一番の狙いは新たなタイドプール探し。
17年~18年以上通い続けたタイドプールの2エリアとは別に3つ目のタイドプールエリアを探しに出かけました。
狙い通り素晴らしいタイドプールを発見!!
ロウソクギンポは今までのところよりもここの方が撮影しやすいです。
ニセカエルウオの個体数が多い池を発見。
その中のボスと思われる個体の正中線皮弁の立派なこと!!
メスへの求愛行動も素晴らしかったです。
タイドプール種のユビワサンゴヤドカリが20個体も集合しているのも発見。
見たことがない種との出会いはなかったけど、種数と個体数が多い池を3つ発見したので大収穫です。
真夏のタイドプールは水温38度で温泉なのでペットボトルで経口補水液を持参して正解。
これから毎年1~2エリアの新たなタイドプール調査を実施する予定です。

ダイビング調査ではスクの群れに遭遇。
藻を食してもう黄緑色に変化してしまった群れでしたが良い出会いでした。

コバンアジの群れを狙いましたが、総個体数はいるけどバラバラだったため絵にならず~。

あとはキンメモドキの群れも撮影してきました。


4/3撮影、グルクンの群れが高速で目の前を通過して行く風景。
この後、大物が追いかけてくると期待しましたが、何も来なくて残念~。(笑)

3/27の船上風景。(TG4)

みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


3/19撮影のコールマンピグミーシーホース。
毎年ここに出現してくれて感謝です。
3~5月頃が高確率。

さて、お休みは今日で終わり、明日から連休で営業スタートです。

無理しない程度に頑張ります。




« prev: 
» next: 
2020.07.20
何度かゲリラ突風豪雨からの天候回復!!

みなさん、こんばんは。

今日も少しですが雨雲の通過がありましたが、回復の兆しがあるケラマ諸島阿嘉島。
快晴べた凪の黄金の日々は結局、11日~13日の3日間だけにとどまりました。
14日に下曽根に行こうとしましたが、波が出てきてポイント変更。
しかし、変更先が大当たりでした!!
16日と17日は大雨と突風を伴った小さいけど強い前線通過が何度もありましてたいへんでした。

以下は12日から18日までのログです。

この期間に見れた美しいワイド風景は主に以下です。
海底を埋め尽くす絶景のサンゴ礁風景(ヒズシが潜れなくても素晴らしいオリジナルサンゴ礁ポイントがあります!!)、
イソバナにケラマハナダイygとキンギョハナダイygが群れる風景、一面に広がるウミキノコの群生風景、
洞窟内に差し込む神秘的な光線風景、小さな小高い根を覆い尽くすキンメモドキ群れ、スカシテンジクダイ群れ、キンギョハナダイ群れ、
ハナゴイ群れ、グルクンyg群れ、キビナゴ群れなどの各種群れ風景、チヂミトサカの群生する穴を埋め尽くすキンメモドキの大群、
スカシテンジクダイの群れ、グルクンygの群れを穴の奥から見た風景が素晴らしい!!
大型で色彩豊かなトゲトサカとチヂミトサカの混生風景をライトアップ、カスミチョウチョウウオの大群風景、
デバスズメダイygが砂地のサンゴに群れる癒しの風景、海全体を埋め尽くすキビナゴの超大群が嵐のように走る風景、、、などなどです。

この期間に見れた大物は以下です。
ホソカマスの群れ(←ここに行くとほぼ必ず見れております)、大型オニカマス10個体の群れ、インドカイワリ6個体+5個体とスマガツオ6個体が
交互にキビナぐ群に捕食アタックする風景、イソマグロ1個体、ナポレオン1個体(久々に行ったポイントにて)、
スマガツオ約200個体の群れが高速でキビナゴの群れを水面に追い込み捕食アタックする風景を推進5mしかない頭上水面下にて見ることが出来ました、
カッポレ3個体←毎年この時期にここにやって来る!!
アオウミガメ1個体が丘の上で眠っていて、その周りを5個体のアオウミガメが遊泳する風景、タイマイ1個体などです。

この期間に見れた面白かったマクロは以下です。
カサイダルマハゼ、ヤシャハゼ成魚とヤシャハゼyg、ミナミハコフグ極小yg(10mm)、トウモンウミコチョウ幼体と大人、ムラサキウミコチョウ(←多い)、
ツマジロオコゼ、モンツキカエルウオ成魚とyg、ハナヒゲウツボyg、可愛いミヤケテグリyg5個体集まっていました!!
可愛い~イロブダイyg←いろいろなポイントにて20mm以下が見つかっております!!
サクラテンジクダイ←個体数が多いところ発見!!ヤマブキスズメダイ極小yg12mm←透明で綺麗~!!
ウミウシカクレエビ、アザミカクレモエビ、アカメハゼ、コウワンテグリygか?ミヤケテグリygか?識別できない極小yg6mm、
アオサハギyg、タツノハトコ、ゴクラクミドリガイの一種←海藻にカムフラージュしているウミウシです、
キンギョハナダイの群れに混泳するアカネハナゴイ2個体、アカスジウミタケハゼ5個体せまいところに集まっております!!

この期間に見れた生態シーンは以下です。
卵を守っていたミナミギンポ、卵を守っていたモンツキカエルウオ、イロブダイ成魚同士がケンカしていました!!←お互い体をくっつけて
ダッシュして並走しながら体側誇示しながら糞をばーーっとまき散らし~!!(笑)
アオサンゴの幼生放出とそれを食すカスミチョウチョウウオたち←もうピークは終わりましたがまだこの夏中に見れるときがあります、
などなど、もっとありましたが手帳に書き忘れ~。(笑)


3/29撮影、地形ポイントにて。
地形と太陽とゲストさんのシルエット風景が美しい。

3/26の船上風景。(TG4)

僕の誕生日を祝ってくださり、みなさんありがとうございます。



1/7撮影、美しいムラサキゼブラヤドカリ。
ホント綺麗だなぁ~!!
しかし、のんびりしているとあっという間にダッシュで逃げ足が速いときがあるんですよぉ~!!

ご予約ののキャンセルがあり今日から4日間もお休みになりました。
今朝、船を陸揚げして船底掃除やメンテナンスやりました。
ランチは外地島展望台にて絶景を眺めながら食べました。
夕方は明日からの写真展(サンゴゆんたく館)の準備。
あっという間に1日が終わりました。

明日もお休みだし体を休めながら船のメンテナンスを少々やる予定。

« prev: 
» next: 
2020.07.12
男岩でマンタ!!~黄金の日々スタート!!

みなさん、こんばんは。

本日、真っ青な快晴で海が静かになったケラマ諸島阿嘉島。
5日だけ予約が入らず休養しましたが、それ以外は相変わらず毎日潜り続けております。
なかなか青空に波1.5m以下の静かな状況になっていませんでしたが、本日から快晴べた凪の黄金の日々が始まりました!!
真っ青な空に容赦なく太陽が海底に照り付ける光が素晴らしくいつもの景色さえ絶景に見えます。
さていつまで黄金の日々が続くかなぁ~!!
1日でも長く黄金の日々が続いて一人でも多くのゲストさんが素晴らしい海に巡り合えますように。

7/3から本日11日までのログを送ります。
この期間に見れた特に美しい海底ワイド風景は以下の通りです。
海を埋め尽くすキビナゴの超大群の嵐風景(今年は潮にかなり左右されますが多いときはスゴイ!!)、1視野に2個体が眠り5個体がその周りを
泳いでいたアオウミガメの集会風景、デバスズメダイygとグルクンygとスカシテンジクダイygの混合群風景、最大級のアオウミガメ(オス)がずっと動かないで
ドロップオフのエッヂで遠くを見つめる風景(大きすぎてド迫力でした!!近寄っても全く逃げず)、霧煙る渓谷にタイマイが悠然と渓谷の向こうに泳ぎ去る風景、
海底を埋め尽くす絶景のサンゴ礁風景(美しいサンゴ礁上にノコギリダイ、アカヒメジ、オヤビッチャの群れ)、暗闇のホールに差し込む美しく神秘的な光線風景、
グルクンの大群の真下にギンガメアジの群れ風景(群れの中にペアが多く見られました)、潮流が作った砂紋の風景、・・・・、などなどでした。

この期間に見れた大物は以下の通りです。
男岩にて安全停止中にキビナゴの大群に包まれた大型のマンタがスローモーションのように優雅にこちらへ泳いできました!!
そしてスマガツオ6~7個体がマンタに正面衝突するかと思うくらいのスピードでやって来てぶつかる寸前で回避しつつ、
マンタのすぐ後ろのキビナゴに捕食アタック!!
マンタなどの大型生物を利用したスマガツオの捕食のテクニックなのでしょう。
キビナゴの大群に包まれている優雅な泳ぎのマンタにゲストさん一同感動の拍手喝采!!
アオウミガメ21個体、タイマイ2個体、イソマグロ3個体、スマガツオ11個体、ギンガメアジの群れ100個体(ペアが多かったです)、
大型のモヨウフグ、インドカイワリ11個体とカスミアジ3個体が連携してキビナゴの群れに捕食アタック、・・・くらいだったと思います。

この期間に見れた面白かった印象的なマクロ生物はピンク色のイボイボのピグミーシーホース3個体(24~25mずっとキープしております)、
アジアコショウダイygの止まらないクネクネ泳ぎ、アカスジウミタテハゼ(6~7個体います)、アオサハギyg(成長してきました)、アザミカクレモエビ、
タツノハトコ、紫色のカイメンにセボシウミタケハゼ2~3個体、ムラサキウミコチョウ(例年の夏よりも多い傾向です!!)、キスジカンテンウミウシ、
コブシメの卵(中の赤ちゃんが透けて良く見えました)、可愛いコブシメの子供5~6cm、ヤシャハゼ成魚と幼魚、
ヤマブキスズメダイ極小yg(10mm←綺麗ですよぉ!!)、他いろいろたくさん見れました。

他に見れた面白かったことは、
・ケラマハナダイのオス同士のケンカしていました。
口と口を噛みつきあい回転ダンスしていました。
・イチモンジブダイ(成魚オス)とイロブダイ(成魚オス)がケンカしていました。
異種同士のオスでもナワバリを意識しているのか?もっと観察を続けます。
・タコのデートを発見。
手をつないでデートするんですよ~。
オスはメスに精子のカプセルを渡します。
初夏から夏はチョイチョイ見れます。
・コハナヤサイサンゴとハナヤサイサンゴの幼生放出。
透明度が悪くなるほどの大産卵でした!!
・ツツウミヅタの幼生放出。
・ホシモンガラのオスがメスに求愛行動。
背ビレをピンと立ててメスの周りを目が回るほど泳いでいて感動しました。

 
3/28撮影、枝サンゴの群生地帯を優雅に泳ぐチョウハンのペアとゲストさんたちのシルエット風景。
サンゴの上を泳ぎ渡るチョウチョウウオ類の風景がいつ見ても心なごみます。

3/25の船上風景。(TG4)

みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


1/7撮影、トゲトサカにカムフラージュして共生するイソコンペイトウガニの正面。
綺麗だなぁ~。
しかし、良く進化したものだ。

さて明日も素晴らしい黄金の日々を楽しんで頂きます。

 

« prev: 
» next: 
2020.07.03
戻り梅雨!!~2回目の梅雨明け!!

みなさん、おはようございます。

ずっと続いていた南風の強風がおさまり、静かになってきたケラマ諸島阿嘉島。

戻り梅雨でずっと風が強く雨も多かったけど、今日から再び2回目の梅雨明けです。

水温は27.0~27.7度。
ゲストさんのダイコンの水温は28度台を示している方も時々います。

6/25から7/2までの主なログを以下に書きます。

見れたワイド風景は絶景の多種混成型のサンゴ礁風景、ポリプ満開のイソバナ群生にキンギョハナダイ、ハナゴイが群舞する風景、
カスミチョウチョウウオの大群風景、キビナゴの大群に捕食アタックするインドカイワリ10個体とカスミアジ3個体の風景、
リュウキュウキッカサンゴの大群生にハナゴイの群れやグルクン若魚が泳ぎ渡る美しい風景、
デバスズメダイygがサンゴの上に群れるまさに癒しの風景、根や穴にキンメモドキが群れる風景(←ライトアップ)、
イソバナにケラマハナダイygが群れる美しい龍宮風景、洞窟内に差し込む美しい光線風景、
などなど、いろいろ楽しめております。

見れた大物はイソマグロ5個体、アオウミガメ14個体、タイマイ2個体、ネムリブカ3個体、巨大ロウニンアジ1個体、カスミアジ3個体×3、
インドカイワリ10個隊×3、など。

見れたマクロはマルミカクレモエビ、タツノハトコ、ヒラツノモエビ、シマヒメヤマノカミyg、ホシゾラワラエビ、アオサハギyg、カサイダルマハゼ、
ヒトデヤドリエビ、アカスジウミタケハゼ、アザミカクレモエビ、オトヒメウミウシ、アカテンイロウミウシ、タテジマキンチャクダイyg(←今年当たり年)、
ミナミハコフグyg、コビトスズメダイ、スニーキーラス、ミヤケベラのオス、モンツキカエルウウオ(←1個隊だけいるのを発見)、
オオウミウマ、ニシキフウライウオ、謎のスズメダイyg、・・・・・他いろいろ見れました。


1/7撮影のヤシャハゼ。
只今、幼魚が出現中。

3/24の船上風景(TG4)。

ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


3/28撮影、イソバナにキンメモドキが群れる美しい龍宮風景。
今はもっと多いですよ。

さて今日から2回目の梅雨明けです。
楽しんでいきま~す!!

« prev: 
» next: 
2020.06.25
ワイドもマクロもネタ豊富です!!

みなさん、こんばんは。
本日は空の天候が悪い予報でしたが、風もやみ静かになり晴れたケラマ諸島阿嘉島。

以下は20日以降のログです。
20日以降も毎日3本ガイドしております。
20日以降から24日までに見れた大物はアオウミガメ9個体、タイマイ2個体、ネムリブカ6個体です。

ワイド風景は旬のキンメモドキ、スカシテンジクダイ、グルクンygが群れる風景、色彩豊かなウミシダの群生風景、
アオサンゴの群生斜面にキンギョハナダイとハナゴイが大量に群舞する風景、霧けむる岩礁にギンユゴイが群れる風景、
ポリプ満開のイソバナの塔にキンギョハナダイygとキホシズズメダイygが群れて舞い踊る風景、
大型のウミウチワの群生風景、洞窟の出口のブルーと魚たちのシルエット風景、
一面の広がる枝サンゴの群生にカラフルな魚たちが舞う風景、リュウキュウキッカサンゴの群生にハナゴイが群れる風景、
イソバナを包むようにキンメモドキとスカシテンジクダイが群れる龍宮風景、イソバナにケラマハナダイyg、キンギョハナダイyg、
キホシスズメダイygが群れ踊る風景、カスミチョウチョウウオの大群風景、・・・・・などなどです。

見れたマクロ生物は主にフタイロハナゴイyg、シロボシスズメダイyg4個体(←今年多い)、オドリハゼとブドウテッポウエビ、
ニシキフウライウオ(←ウミシダに付いていました!!)、ダイアナウミウシ、イソコンペイトウガニの子供(6~7mm)、
タテジマキンチャクダイyg(←今年多い!!)、トウモンウミコチョウの幼体(←個体数が増えてきた)、アカテンイロウミウシ、
アザミカクレモエビ(←素晴らしいカムフラージュ)、ミカドウミウシ12cm(←大きくてマクロじゃないね)、オオモンカエルアンコウ(茶オレンジ)、
シマヒメヤマノカミyg、スジスズメダイyg(←稀少)、クイラカオスズメダイとナミスズメダイがそれぞれえ卵に口から海水を噴射して卵が酸欠しないように育てる行動、
ケラマハナダイのメス同士が口と口で噛みつきあう行動、ヤシャハゼ4個体+ヤシャハゼyg1個体、ピグミーシーホース3個体、他いろいろ見れました。

水温は26.4~27.4度ですが本日かは安定して27.2度のポイントが多かったです。

23日までの大潮ではマンタは見れませんでした。
いたらしいのですが、探したけど見れず~。
次回の大潮では見るぞぉ~!!


3/21撮影、ハナゴイの群れを撮影中のゲストさんの風景。
ハナゴイの群れは美しく癒されますねぇ~!!

  
3/23のログ付け風景。
笑顔が絶えない楽しいログ付けでした。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


12/17撮影のモンツキカエルウオの横顔。
空を見上げらながら何を思っているのだろう?

明日も楽しんでいきます!!

« prev: 
» next: 
2020.06.20
透明度と水温が上昇!!

みなさん、こんばんは。

南西の強風が吹き荒れて時化ているケラマ諸島嘉島。
しかし、17日くらいから徐々に透明度の良い水の流入があり、本日は透明度良好!!
水温も一気に26.8~27.2度に上昇。
17日と18日でポイントのよって水温と透明度にかなりの差がありましたが、これが新しい水の流入のサインなのです。

以下は15日以降のログです。
15日は爆裂する波と霧の風景にギンユゴイの大群、黒くなった大型ロウニンアジが触れるくらいの頭上を通過したときは
テンション上がりましたぁ~!!
キンギョハナダイとハナゴイの大群風景は絶景でした。
若いツムブリ7個体も人懐っこく寄って来てくれました。
チヂミトサカのお花畑も綺麗でした!!
ここはオハグロベラの一種が多いなぁ~!!
大型のホシカイワリも目の前を悠然と通過。
渓谷内にキビナゴの群れが凄いことになっていましたぁ~。
絶景サンゴ礁ポイントは健在ですが自粛期間に潜っていなかったせいもあり、レイシガイちょっと増えていてかなり採取しました。
15日のガイドが終わって急いでクイーン2便に乗って那覇へ。

16日は6月初旬に体調を崩しまだ治っていなかったので那覇の病院へ。
特に異常は見つからなかったのですが、指圧マッサージを2回やったら症状が軽減されました。
自粛期間中に毎日のように古いお店の修繕大工作業をやっていたら史上最大に首と肩と腰を痛めてしまいました。
只今、まだ完治していませんが徐々に治ってきております。
16日も常連のゲストさん1名いらっしゃったのですが、お願いして弊店のガイドなしにしていただきました。
たいへんご迷惑をおかけしました。

17日クイーン1便で帰島。
午後からガイドスタート!!
北浜には成魚よりも色彩が濃いデバスズメダイygの群れがいっぱい出現しております。
デバスズメygの群れ、綺麗~~~~!!
可愛いアオサハギygが2個体。
2本目はゲストさんのリクエストでウミウシ探しへ。
神出鬼没のシンデレラウミウシと出会えることが出来ました。

18日1本目マクロガイド。
謎の幼魚を発見!!何だコレ~!!??
ゴミ(漁網)を振ったらアカテンイロウミウシが出て来たぁ~~!!
なかなか砂地でアカテンイロウミウシと会えないので、砂地を歩くアカテンイロウミウシが素敵な写真になり
ゲストさんも喜んでくれました。
2本目はイソバナにキンギョハナダイyg、ケラマハナダイyg、カシワハナダイygなどが舞い踊る風景を観賞して楽しみました。
ポイントにもよりますが今シーズンはケラマハナダイとカシワハナダイの幼魚が多く出現しております。
華やかで綺麗でしたぁ~!!
3本目は枝サンゴの群生地帯をまったりお散歩。

本日19日はキンメの根にタテジマキンチャクダイygがいて可愛かったです。
1本ガイドから帰ってきてすぐに阿嘉区総会に出席。
2本目はサンゴが綺麗なポイントへ。
アオウミガメが2個体中層を遊泳していました。
ヨソギygが砂地の藻場にいて魅力的!!
ここはメインの底質はサンゴ礁なのに砂地もあるポイントで、この砂地がオモシロいっす。
コブシメの卵はついにすべてハッチアウト終了していました。
極小のクロスズメダイyg10mmを3個体くらい見つけられました。
これから増えていくでしょう。
3本目は光が弱かったけどデバスズメダイの群れを見に行ってきました。
20mmちょっとしかないスナコチの幼魚と思われるのも発見。
アオサハギygは1個体しか見つかりませんでした。


12/17撮影、このポイントにたくさんいるシダラミギキキヨコバサミ。
このポイントの個体は図鑑に載っている白っぽいハサミ足の個体は少なく、写真のようなオレンジが
多いです。

 
3/22の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


3/21撮影、色彩豊かなトゲトサカの群生とゲストさんの縦位置風景。
ここのトサカの群生は見事で素晴らしい。

さて沖縄は本日で50日連続コロナ感染者ゼロになりました。
ついに全国すべて渡航自粛解除になりました。
弊店もコロナ対策を実施しての営業です。
ご理解ご協力よろしくお願いします。

明日も楽しんでいきます!!

« prev: 
» next: 
2020.06.15
12日に梅雨明!!~透明度回復中!!

みなさん、こんばんは。

12日に梅雨明が発表され、真っ青な空と強烈な日差しの日が続いているケラマ諸島阿嘉島。

 

8日の記録的な大雨の影響で透明度が落ちて水温も低下していましたが、本日から透明度が少し上がり
水温が24.8~25.6度に上昇。

11日から本日14日までのログを記します。
11日の1本目と3本目はマクロフォト派のゲストさんお一人で背景が綺麗な写真を撮影していただきました。
2本目は最近発見したアカネハナゴイを観賞。
見たことがないイシモチの一種を発見。
手持ちの資料には載っていませんでした。何だろう~??

12日から14日を分野別に以下に記します。
ワイドはキンメモドキがイソバナを包むように群れる風景、デバスズメダイの群れ風景、多種混成型の美しいサンゴ礁をおお散歩、
キビナゴの大群にインドカイワリ6個体とスマガツオ4個体が猛烈に捕食アタックする風景が素晴らしかったです!!
梅雨明の強い日差しを利用して洞窟に差し込む美しい光線風景を観賞しました。
感動しましたぁ~!!
美しいウミキノコの群生風景をお散歩、カスミチョウチョウウオの群舞風景に見惚れました。
他に見れた大物はイソマグロ2個体、ネムリブカ3個体、爆睡中の巨大なモヨウフグに接近撮影成功、アオウミガメ3個体、などなどです。
見れたマクロ生物は主にハナヒゲウツボ成魚、コブシメの成熟した卵(赤ちゃんが透けて見えました)、キンセンイシモチの口内保育、
可愛いアオサハギyg5個体以上(←今シーズンは当たり年!!)、ミナミコブヌメリ、リュウグウベラの集団放精放卵、タテジマキンチャクダイyg、
ナンヨウハギyg、ホシゾラワラエビ、不明種のウミウシ、マダラタルミyg、超可愛い~極小のイシガキカエルウオyg、ダルマハゼ、ハダカハオコゼ
などなど他いろいろ見れました。

海上ではエイグロアジサシが飛来しております。

船の前側に作ったテーブルがゲストさんたちに好評です。
タンクを担ぐのもタンクを下ろすのも楽々~!!
作って良かったぁ~!!
あとはテントがまだ出来ていないので早く付けたいです。
  
12/17撮影、セボシウミタケハゼの正面顔。


3/18のゲストさん。
ウミウシとウミウサギガイ類が大好きなゲストさんでいっぱい撮っていただきました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


3/18撮影、美しいサンゴ礁をまったりとお散歩中の風景。
綺麗で癒されましたぁ~!!

明日も楽しんでいきま~す!!

« prev: 
» next: 
2020.06.11
海は楽しいなぁ~!!

みなさん、こんばんは。

サンゴの産卵も終わり梅雨明けを直前にひかえたケラマ諸島阿嘉島。

5日(金)の営業再開から7日(日)までの週末は沖縄本島在住のゲストさん5名が来てくださり弊店を支えてくれました。
沖縄本島のゲストさんたちに感謝です。

以下は6日からの活動です。

 

6日は外海ポイントへ。
カスミチョウチョウウオの大群に癒されました。
浅所はもの凄いキビナゴの大群!!
スマガツオがブンブン泳いでいました。
キンギョハナダイの群れの中にアカネハナゴイが3個体混泳しているのを発見!!
高内瀬に行けばアカネハナゴイがいっぱいいるけど、ここにもいるんだなぁ~。
この日は大潮で黒崎でマンタ1枚を発見!!
ゲストさんたちにシュノーケリングでマンタを2回見ていただきました。
カメのポイントではアオウミガメ5個体、タイマイ2個体と出会えました。
初めて見たのが甲羅が山の形に極端にとがっている個体と出会いました。
病気なのか?奇形なのか?しかし、たくましく生き抜いてほしいです!!
ガンバレ~!!
北浜のキンメモドキの群れも例年通りくらい群れていました。
今の時期はグルクンygの群れが見れるのもいいですねぇ~!!

7日はガイド仲間から教えてもらった情報でコブシメを見ることが出来ました。
メス1個体にオス3個体でした。
大型のオスがメスを獲得しているようでしたが、ひと回りくらい小さいオスが果敢に大型のオスにケンカを仕掛けて
体側誇示行動をやっていました。
枝サンゴの中は卵でいっぱい。
たくさん増えますように。
この日は大物にいろいろ遭遇出来ました。
コブシメ以外に見れた大物は大型のネムリブカ(コバンザメ付き)、ツムブリの群れ(100個体くらい)、アオウミガメ3個体、
マダラトビエイ、巨大モヨウフグ(眠っていて大接近撮影成功!!)という感じでした。
この日の夕方から日没にウスエダミドリイシの産卵を子供たちに見せることが出来ました。
しかし、ゲストさんたちのナイトダイビングでは大ハズシしてしまいましたぁ~。
残念~。

8日も卵が残っているポイントがあり一人で撮影に行こうかと思っていましたが、大雨が降り続き断念。
石垣島では50年に一度というくらいの記録的な大雨だったのです。
この日はご予約がなくお休みでゆっくり休養しました。

9日もご予約がなくお休みで、座間味村からの給付金の申請書を作成。
久々に慶留間の避難道をウォーキングして汗を流しました。

10日はマクロ派のゲストさん1名だけでカラフルマクロや藻場マクロを楽しんでいただきました。
3月初旬から発見していたハナオコゼがまだ健在でした。
黒い幼魚の体色から成魚の茶色へ変化しているところでした。
たいがいこの大きさまでに行方不明になってしまうことがほとんどですが、健在でビックリ。
あとは極小のアオサハギygが超可愛かったです~!!
それからシマヒメヤマノカミygも発見!!
流木の一部が紫色のカイメンに覆われていて、そこにいるのが良かったなぁ~!!
ゲストさんもバッチリ撮影してくれました。


3/27撮影、超大型のタコに遭遇!!
この後、もう1個体がすぐ近くにいて求愛中もしくはデート中のようでした。


12/17撮影、ミナミゴンベのチビちゃん。
背ビレが開くとチビちゃんでも立派ですねぇ~!!

さて明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.06.06
本日5日より営業を再開(2ヶ月ぶり)!!

みなさん、こんばんは。

梅雨の中休みが続いているケラマ諸島阿嘉島。

本日から自粛解除後初のゲストさんが2名到着して午後からガイドしてきました。
ふり返るために手帳を見るとちょうど2ヶ月前の4/5日に親子の体験ダイビングをしたのが最後で、
それから4/7に緊急事態宣言が発令されて営業を自粛しました。
何だか通常営業している時の2か月間よりも時の流れが長かったように感じられます。


さて以下は3日からの活動です。

3日は倉庫の棚の補強をして棚が完成し同時に倉庫の工事が終わりました。
あ~、感無量です。
天井と壁の一部が雨漏りで腐り、たいへんな状況だった倉庫の床、壁、天井を剥がしての大工事でした。
それから製作した船のテーブルの上にシートを張りました。

4日は朝から保全活動に参加。
昨年もやったリーフ上の海藻をワイヤーブラシでゴシゴシこすって除去した部分にサンゴの卵がこすっていないところよりも
多く着床するのか?という実験的作業を数名のダイビング業者に協力してもらい保全活動中に実施しました。
こすった方が着床率が高まるのか??今年の秋にはわかると思います。
サンゴが少しでも着床しますように願いします。
それから営業再開前日なので給油して使用するタンクを船に積み込みタンクをテーブルの上に載せました。
すると昨日張ったシートに不具合を発見。
すぐにシートの張り方を変えて張り直し作業。
炎天下の中での作業だったためたいへんでしたがほぼ完成。
帰宅後、大工道具などの片付けに追われましたぁ~。

本日5日も朝から保全活動に参加。
昨日に引き続き本日もポイントを変えて海藻を除去する作業をみんなで実施しました。
もしかすると1個も着床しないかも?しれませんが、失敗を恐れずにこれからもチャレンジしていきます。
フェリーで約2ヶ月ぶりにゲストさんを迎えました。
この週末は沖縄本島在住のゲストさんたちがご予約をくださいました。感謝です!!
そして午後は2ヶ月ぶりにガイド2本。
久場島では大物狙いで見れた大物は、マルコバンに大接近、巨大ロウニンアジ、巨大アオウミガメ、イソマグロ2個体のみでした。
水温は意外と低くて24.0~24.6度。
2本目は安室島のイソバナにキンメモドキが群れているポイントへ。
ヤシャハゼは健在でした。
キンメモドキも山盛りでワイドレンズのゲストさんがたくさん撮影してくれました。
ここは水温24.8度。
今日からサンゴの産卵予想期間です。
しかし、今日は産卵なし。
明日以降に期待しましょう!!


3/20撮影、コブシメの産卵をみんなで撮影中の風景。
もうすでにこの時産卵した卵はハッチアウトしております。
コブシメがもうちょい増えますように。


3/16撮影、ゲストさん親子が美しいサンゴ礁をお散歩中の風景。
元気いっぱいのサンゴ礁で癒されました。


12/17撮影、美しいホヤの群生にタテジマヘビギンポ。
カラフルなマクロ風景を撮影したい方はリクエストしてください。

弊店HPのお知らせ欄でも紹介しておりますが、新型コロナウィルス対策を実施しての営業再開です。
第2波を作らないようにするためにもご協力お願いいたします。

明日も頑張ります!!



 

 

 

« prev: 
» next: 
2020.06.02
神々しい看板完成!!~設置!!

みなさん、こんばんは。

 

本日もべた凪で蒸し暑いケラマ諸島阿嘉島。
沖縄県は30日以上感染者数ゼロが続いております。
しかし、観光のお客さんたちの移動が一部解除されましたので、これからが正念場。
しっかりコロナ対策をしてお仕事してコロナの感染者数を上げないことを目標にみんなで頑張っていきましょう!!

本来なら本日からお客さん(東京から)が到着して潜っていることになっていたのですが、6/18までは東京都、神奈川県、
千葉県、埼玉県、北海道、福岡県のお客さんの受け入れが沖縄県知事の直前の発表で出来なくなりまして、
お断りしました。
直前にお断りしてしまいたいへん失礼しました。
ということで弊店は6/5の午後から営業スタートになります。

以下は昨日と今日の活動です。
6/1は壊れてしまいここのところ看板ナシだった弊店についに看板を設置。
今まで通り焼き物ですが、今までの看板と違うのはプロが作ったものだということです。
額縁のように木枠を製作して焼き物製の看板を木枠に埋め込み設置しました。
悪いことをするとバチが当たりそうな神がかり的な看板になりました。
営業自粛期間中は主にお店の修繕をやっておりましたが、お客さんにはあまり関係ない部分や気が付かない部分ばかりの
工事だったので変化があまり見られないと思うのですが、看板だけは変化に気が付いてくれると思います。

本日6/2は倉庫部屋の全面工事の最終段階である棚作りを実施。
あとは明日午前中に強度を増すための補強をして完成です。
かなり収納できるのでスッキリと片付きそうです。


3/22撮影、枝サンゴの群生地帯にヨスジフエダイが群れる風景。
黄色は映えますねぇ~!!


12/17撮影、クマノミygとアカホシカクレエビの仲良しツーショット。

さて、明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.05.31
6/18まで6都道府県からの移動自粛!!

みなさん、こんばんは。

 

今日は昼過ぎから夕方を除き大雨が続いたケラマ諸島阿嘉島。

とうとう5月末日になってしまいました。
お知らせ欄に弊店のコロナ対策を掲載しましたのでご確認ください。
明日から営業できる態勢は整えておりますが、お知らせ欄の通り6/1~18の間にご予約をくださった6都道府県(東京、神奈川、埼玉、
千葉、北海道、福岡)からのお客さんをたいへん恐縮ですがお断りしました。(泣)
5/29に沖縄県知事からの発表で6/1~18の間も6都道府県からの県をまたいだ移動を引き続き自粛になったからです。
6/1~18の間は6都道府県以外の県の皆様からのご予約は承ることが出来ます。
18日までたいへんすいております。
というか19日以降もとってもすいておりま~す。(泣)
今シーズンは少人数で予約がゼロの日もけっこう多い可能性がありますので、空いた時間を有効利用して
調査ダイビングに力を入れておく予定です。
たくさん調査して2021年3月営業スタート時(※コロナが収束していれば)に調査の成果を発揮したいです。

以下は29日以降の活動報告です。
29日は屋根瓦の修繕作業でずっと屋根の上にいました。
もうとっくの昔に生産中止になった古いセメント瓦なのでセメントを作って補修。
お店や船で使用する消毒液も届きました。
夕方からはサンゴの産卵観察会のリハーサルに参加。
子供たちはシュノーケリングが上手になって来ていたのでこれなら本番は大丈夫そうです。

30日は29日の続きで瓦屋根の補修修繕作業。
毎年、台風シーズンになる前に屋根を補修しております。
午後は船のエンジンの清掃。
マジャに行ってサンゴの産卵観察ナイト用のブイを設置しました。
水温24.8度。
これなら6/5には25.0度に達しているでしょう!!
前半で産卵しますように~。
夜は6/18よりも前の上記6都道府県からのご予約のお客さんにお断りの連絡。

本日31日は午前中は昨夜の続きで連絡作業。
午後は雨でしたが看板の設置準備。
焼き物製の看板3代目を取り付ける木枠の製作をしました。
電動ルーターという木材に溝などを綺麗に掘ることが出来る電動工具を使用して製作しております。
明日は組み立てと設置です。
今日の大雨の中、屋根裏に入ってみたら雨漏りするところを2ヵ所発見!!
あ~あんなに一生懸命屋根を修繕したのにまだダメなところがあったのかぁ~。(泣)
時間を見つけて修繕します。


12/15撮影、お花畑に包まれて埋もれそうなナデシコカクレエビ。
ふわふわのお花畑に包まれて気持ち良さそうだなぁ~!!


3/22撮影、まだイソバナにキンメygがほんの少ししか付いていない時のイソバナ風景。
黄色のウミシダと太陽も入れ込み素敵な縦位置風景になりました。

18日までの6都道府県からのお客さんを全てお断りしたため、ホントは6の午後から営業再開予定でしたが
6/6の午後からになりました。
6/19以降でしたら6都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道、福岡)からのお客様のご予約を
承ることが出来ます。
皆さんからのご予約をお待ちしております。


« prev: 
» next: 
2020.05.29
もうすぐ営業再開!!

みなさん、おはようございます。
早寝したから早起きしました。

静かな海が続いているケラマ諸島阿嘉島。
昨日、沖縄は28日連続感染者数ゼロのようです。
もうすぐ営業再開でその準備に追われております。

27日は台所のガス台回りに張っていたステンレスの帯板をリニューアル交換。
奥の倉庫部屋の棚を支えるハリを取り付け。
あとは棚の材料が届けば完成です。
という感じで大工作業の1日でした。
ジョギングの帰りに誘われてそのまま飲み会に参戦。

28日は二日酔いで午前中休養して、生協の食材の受け取り、宿手配、各種振り込みなど。
夕方はサンゴの産卵観察会という行事の子供たちのシュノーケリング練習に参加。
水温は見忘れてしまいましたが、周りのガイドたちに聞いたら24度後半~25.0度くらいまで上昇しているそうです。


12/15撮影のハタタテシノビハゼ。
体側には何色もの綺麗な水玉模様が並び魅力的~。
個体数が多くいろいろなポイントで見れるのでありがたい。


3/21撮影、色彩豊かなトゲトサカなどの群生とゲストさんの縦位置風景。
綺麗だなぁ~!!
こちらのゲストさんも美しいトサカの風景をワイドレンズでたくさん撮ってくれました。

さて全国でクラスター感染が発生している地域があり、ちょっと心配ですね。
韓国のように再び緊急事態宣言で外出自粛にならないように、しっかりコロナ対策をして活動が継続
出来ますように。
本日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2020.05.27
緊急事態宣言が全国で解除!!~日帰り那覇買い物!!

みなさん、こんばんは。

 

今日は青空が広がり、風もなく、暑い1日となったケラマ諸島阿嘉島。


24日は船の前側手すりがグラついていたのでステンボルトナットでしっかりと固定。


25日は朝からダイビング業者数名で船を下ろしました。
6/1から営業再開なので準備しておかないと。
午後は台所のガス台回りにステンレスの帯板を設置。
まだ設置までは出来ませんでしたが、ステンレス板を加工できました。

本日26日は那覇へ日帰りして買い物してきました。
自転車をクイーンに積んで豊見城のメイクマンへ。
坂道が良いトレーニングになりました。

全国の緊急事態宣言も解除されて、やっと経済も始動し始めますね。
那覇もコロナ前と比べるとまだまだですが、人、車、各事業所の動きが始まっています。
大事なのは新しい生活様式でコロナ対策を忘れずに生きていくことですね。
コロナの第2波が来ないようにみんなで気を付けてお仕事しましょう!!


12/14撮影、海藻にカムフラージュして共生するヒラツノモエビ。


3/6撮影、美しい枝サンゴなどの群生風景。

明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2020.05.23
6/1からお客様の受け入れOK!!

みなさん、こんばんは。

 

今年は本格的な梅雨で雨が多いケラマ諸島阿嘉島。
本日も活発化した梅雨前線の影響で大雨でした。

19日は工事中の倉庫部屋に床のシートを全て張り終えました。
それから新しく購入した照明を設置。
以前は蛍光灯でしたがLEDにしました。
明るいなぁ~!!

20日は倉庫の最終段階の収納棚の製作に取り掛かりましたが、途中で中断して優悟と一緒に那覇へ。
ついに優悟の学校が始まるので寮まで車で送ってきました。
新型コロナのせいで仕事が2カ月間出来ませんでしたが、学校が休校になって島に帰ってきた優悟と
一緒に過ごせたのは嬉しいことです。
優悟の最終日になったこの日の早朝に優悟はまたしてもイカと大きなガチュン(マアジ)を釣って来てくれました。
イカは頻繁に釣ってくるため超美味い墨バター炒めは何度も食べることが出来ました!!
優悟ありがとう~!!

21日フェリーですぐに島に帰ってきて、すぐに昼の内航路に乗って13時から始まる観光協会総会に出席。

本日22日は購入する中古車を選定。
ここ2~3日でほんの少しずつですがお客さんからのご予約を頂きました!!
つい先日までキャンセルばっかりの連絡が続いただけに、嬉しくて嬉しくて感謝です。

雨ばっかりで4日連続でジョギングが出来ていません。
予報によると明日まではジョギングが厳しそう。
筋トレをやることにしよう!!


キンギョハナダイの群れの中を悠然と現れたユカタハタの逆光風景。
彩があり、太陽光も美しく放射状に写り、素敵な風景になりました。


3/15撮影、クマノミのペアとゲストさんの風景。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


12/14撮影のウミウシカクレエビの正面顔。
この直後、ハサミ足を両方振り上げて、まるでカチャーシーを踊っているかのような動作を繰り返しました。
僕の頭の中には三線の音色が♪♪~♪聴こえてきましたぁ~♪♪

さて本日で沖縄県は22日連続で感染者数ゼロを更新!!
4/7の緊急事態宣言からずっと営業自粛をしてきました。
そして沖縄県も座間味村も座間味村への渡航自粛要請を出していました。
しかし、ついに本日、座間味村が6/1から観光のお客様の受け入れをOKする発表がありました。
もちろん新型コロナ対策を講じての受け入れOKです。
弊店としましても6/1から新型コロナ対策を実施して営業を再開します。
皆様からのご予約をお待ちしております。

« prev: 
» next: 
2020.05.19
熱帯低気圧(台風1号)通過後青空~!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は台風1号が熱帯低気圧になって通過したケラマ諸島阿嘉島。

お昼頃まで雨足が強かったですが、昼過ぎに青空が広がり蒸し暑くなりました。

17日は倉庫の改装工事を実施。
天井近くに余った材木(2m以内)を保管する棚を製作して、そこに材木を収納、改装中の倉庫から大工道具の全てを
撤収させました。
一つの小さな棚を作るのに丸1日かかってしまいました。

18日は改装中の倉庫部屋の掃除。
切りくずなど綺麗に掃除しました。
それから冷蔵庫と冷凍庫を置く場所にシートを張って、そこに優悟に手伝ってもらって冷蔵庫と冷凍庫を移動させました。
ほんの1m50cm移動させるだけでも優悟がいてくれたお陰でたいへん助かりました。
実は弊店には冷蔵庫が2台あるのです。もう1台はキッチンにありま~す。
それから他の面積の床にもシートを張っている最中に夕方5時になってしまい作業終了。
毎日、営業自粛期間中の作業は何ごとも無理せず夕方の5時には終了してからコーヒータイム。
それからスロージョギングなどのトレーニングをやっています。

優悟はもうすぐ学校が始まるので宿題の追い込みが大変そうです。


11/29撮影のスニーキーラス。
くぼみから次のくぼみへゆっくりと時々止まりながら移動中。
オハグロベラのグループは大好きです。


3/14撮影、リュウキュウキッカサンゴと枝サンゴの群生とゲストさん親子の風景。
綺麗でしたねぇ~!!
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


1/6撮影、デバスズメダイの群れをローアングルで撮影中のゲストさんの風景。
癒されましたねぇ~!!

さて、本日で沖縄県は18日間連続で感染者数ゼロ。
那覇ではもうすでに営業を再開している飲食店もあるそうです。
沖縄県としては21日から営業自粛解除のようです。

弊店は6/1からコロナ対策を講じて営業再開予定です。
皆さんのご予約をお待ちしております。

« prev: 
» next: 
2020.05.17
台風1号接近中!!~船を陸揚げ!!

みなさん、こんばんは。

 

雨が降りそうで降らずにもっていたけど、夕方に雨が一瞬降ったケラマ諸島阿嘉島。

そのため日課のジョギングを断念~。
この先の週間天気予報が雨ばっかりでジョギングが出来るのか?心配。
外での各種作業にも支障が出てくるかも~。

15日は奥の倉庫部屋の天井の貼り付けと壁の一部を貼り付けました。
何を張り付けるにしても下地を作るのが大切です。
クーラーのない蒸し暑い倉庫での作業は大量に汗をかき、熱中症の危険を感じました。

台風1号が接近中でダイビング屋のみんなと船を陸揚げしました。
18日に沖縄に到達した途端に熱低に衰退するようなのですが、とりあえず一安心。
梅雨入りも台風1号の出現も例年よりも少し遅れております。

この夜、僕と優悟はお昼ご飯と晩御飯をトゥーラトゥで頂きました。
カツオの刺身が超美味しかったぁ~!!カツオ汁がこれまたヤバイ美味しさ!!
ご馳走様でした。

本日16日は15日の続きの作業。
壁と天井がほぼ全て張り付け終わりました。
あとは万が一屋根裏に入る必要があるときの屋根裏入り口扉を明日作れば天井が完成です。


11/29撮影、クレナイニセスズメの真横。
動くものを撮る練習にはとても良いお魚です。
個体数もけっこういるし、色彩は綺麗だし、ぜひ撮ってみてくださいね。


3/14撮影、タイマイが根のくぼみを物色中。
この後、何やらくぼみをガリガリかじって食べていました。


1/6撮影、スカシテンジクダイとキンメモドキの群れを守るユカタハタのペアとクロハタの風景。
今頃、キンメとスカシがもの凄い山盛り群れていることでしょう!!

営業自粛期間もあと2週間ちょっとになりました。
1日1日を大切に出来ることをしっかりやって営業スタートの6/1を迎えたいと思います。
明日も頑張ります。


« prev: 
» next: 
TOP