menu
海バカ日記
カテゴリ
2019.12.12
毎日なんだかんだ忙しい~!!

みなさん、こんばんは。

今朝は雨が降り続け冷え込みましたが、昼頃から青空になり風がやみ気温も上昇したケラマ諸島阿嘉島。

何だかんだ幼馴染友達がオーシャンスイミングのお客さんを連れて来たりで海ピク船長やったり、
ボートシュノーケリングやったり、勉強会やったり、調査の船長やったり、講習やったり、で忙しい毎日を送っております。
そのため今だに年賀状にいっさい着手出来ておりません。やばーい!!
どの写真にするかも決まっていないのです。
13日午後から19日までゲストさんが続くため、年賀状は年末ギリギリになりどうです~。

以下は簡潔ですが8日からの海情報です。
8日にようやくフェリーが運航して幼馴染友達が率いるオーシャンスイムチームがやって来て到着後すぐに海ピクへ。
9日も朝から昼過ぎまで海ピク船長(調整不可能で仕方なく座間味での会議を欠席)。
10日ボートシュノーケリング(長いバラクーダフィンを履いたフリーダイビング上手い女子2名)、
講習生5本目(もの凄いグルクンの大群に当たりました!!)、夜はお勉強会。
11日朝から雨の中調査の船長、昼から晴れてきて講習生6本目、夜は学科講習(あとはテストのみ)。
10日までは水温が23.3~23.4度ありましたが、11日は22.9度を記録。
久場島が珍しく濁っていて水温も下がりました。
例年よりも水温下がるのが早い気がします。
年末からはクジラのソングが聞こえるようになるかなぁ~。


8/29撮影、垂直渓谷にポリプ満開のイソバナが群生する縦位置風景。
上には太陽、右下にはゲストさんを入れ込むように絵作りしました。
燃えるようなイソバナが美しい!!


8/28の船上風景。
みなさんありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


7/10撮影のヤシャハゼ。
ほぼ最短だったと思います。
この個体は流れ、プランクトンの量、コトブキテッポウエビの活発度にも寄りますが他の個体と比べると
コンスタントに寄らせてくれます。

さて明日は保全活動に参加し、車の修理、各種事務作業、会議→忘年会と過密スケジュールです。
早く年賀状作りた~い!!

« prev: 
2019.12.07
北に寒気!!~南に前線!!

みなさん、こんばんは。

本州には最強クラスの寒波が南下して押し寄せて来ていて沖縄の南海上には前線が発生していて強烈な北風と雨が
吹き荒れているケラマ諸島阿嘉島。
本日全便欠航で到着予定だったゲストさん2名も来れず。
明日も間違いなく全便欠航でしょう。
那覇に足止めの幼馴染友達が引率するゲストさんたちはかなり日程が短くなって明後日8日に到着になりそうです。

ふり返ると4日は別の幼馴染友達が日帰りで友達をいっぱい連れてきてくれてボートシュノーケリングを楽しんでいただきました。
幼馴染友達はやっぱりいいなぁ~。
毎年鎌倉で会っていますがまた会えるかな~?

5日は講習生の初ボートダイビングへ。
この日、水温は23.4~23.7度。
最初の限定水域(前浜)が20.5度しかなかったのがビックリしました!!
この日で合計4本が終了。
弊店の講習は他店よりも多く合計6本潜ります。
あと2本ですね。
夜は学科講習を頑張りました。

そして本日はずっと事務作業。
住所録もほぼ完成。
只今2019年傑作写真集を選定中。


7/10撮影、ムチカラマツエビのペアの黒ぬき。
どうしてこんなに無防備なのにベラ類に食べられないのだろう?
何か魚たちが嫌がるフェロモンを出しているのだろうか??


8/27の船上風景。
みなさん、いつもありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/29撮影、浅い地形ポイントにて美しい色彩のニシキヤッコのペアとばったり会いました。
2枚くらいシャッター切れましたが、その後穴の中へ隠れていきました。
穴がボコボコ開いた壁面などに普通にいるのでみなさんもぜひ撮影してみてください。

明日も強風高波で気温が16度まで低下する予報です。
上空にはものすごい寒気が来ているから少なくとも8日までもしかすると9日まで寒いでしょう。

明日もコーヒーでも飲みながらコツコツと事務作業です。

« prev: 
» next: 
2019.12.04
釣り大会!!~講習開始!!

みなさん、こんばんは。

12/1は南東の風で気温上昇しましたが、昨日から本州の北側の寒気の空気の流れ込みで島なりにちょいと寒くなっているケラマ諸島阿嘉島。

12/1は島の釣り大会で参加9隻中ビリの釣果になってしまいました。
乗組員のみなさんにはたいへん申し訳ありませんという気持ちでいっぱいです。
来年こそは上位目指して頑張ります。

そして昨日はのんびりと事務作業の一日。

本日からは講習生がいてダイビングの講習を実施。
午前中2本前浜で海洋実習して、午後は学科講習。
久々に潜った前浜テトラ内側は以前よりもサザナミハゼの個体数が増加していると感じました。

モンツキアカヒメジとアカヒメジのすごい群れやツバメウオ若魚もいたりして講習中でもマスククリアなどの練習の合間に
フィッシュウオッチングも出来ちゃいました。


7/8撮影のたぶんオオウミウマ。
クロウミウマというそっくりなやつがいて、まだ勉強不足のためしっかりとした識別が出来ておりません。
『俺は枯れ枝だよ!』と言ってるかのようにじっと動きませんでした。


8/26の船上風景。
真っ青な空が綺麗でしたねぇ~!!
この時、今シーズンベスト3に入るかもしれない洞窟内に差し込む素晴らしい絶景光線が鑑賞出来ました。
みなさん、またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/28撮影、イソバナを包み込むようにキンメモドキとスカシテンジクダイが群れる美しき龍宮風景。
ここは只今キンメは少ないですがスカシの群れはお見事です。
また来シーズン素敵な群れが出現しますように。

さて、明日はクイーン1便2便が両方出れば日帰りで小学校低学年時代からの幼馴染友達が島に
やって来てくれます。
神様、クイーン1便2便ともに運航しますように。

« prev: 
» next: 
2019.12.01
本日で今シーズン終了!!~冬季休業期間のお知らせ!!

みなさん、こんばんは。

 

風は強いが東寄りに変わったため潜るポイントが増えたケラマ諸島阿嘉島。


今日はゲストさんのご意向で午前中2本でダイビングが終わりました。
1本目は北浜へ。
キンメモドキにクロスジスカシテンジクダイが合体しているため群れの見ごたえがちょっと良くなっております。
群れもマクロも癒しの風景も全て良し!!
とうとうウミテングが行方不明になってしまいましたぁ~。

2本目はサンゴのポイントへ。
サンゴ礁斜面に数種の混合魚群風景が素晴らしかったです。
ロクセンスズメダイの群れの中にはオヤビッチャ属の一種(シリテン)の個体数がとても多いです。
巨大なモヨウフグに大接近して見ることが出来ました。
ゲストさんは近寄れ過ぎてエラブタだけの写真を撮影出来ておりました。(笑)
しかし、ここは素晴らしく美しいサンゴ礁!!

 

水温は23.8~23.9度。
ついに24度以上が1本もなかったです。
エキジット後はすぐにスーツ内に温水シャワーのお湯を入れて温まっていただき、ボートコートを着用していただいております。


午後は久々に昼寝を1時間。
超気持ち良かったぁ~!!

それから明日の釣り大会の準備していたらあっという間に夜。


8/26のサンセットダイブ。
デート中のトゲチョウチョウウオのペアと太陽とゲストさんたちの風景。


8/25の船上風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


7/8発見撮影のイロカエルアンコウygかな?
小さくて可愛かったなぁ~!!
この時、ゲストさんみんなで囲んで激写しました。
この子は見れた期間が短かったなぁ~。
また逢いたいなぁ~。

弊店は11月末を今シーズンの最後としております。
晴れの日も雨の日も風の日も台風以外はほぼ毎日潜り続けてきました。
ようやく今シーズン終了です。
12月はかなり前からご予約をくださった方のみご予約を承っております。
ご予約が入らなかった日は休業期間としていて、今から前もってご予約がなかった休業期間に
ご予約をくださってもご予約を承ることが出来ません。
すでにご予約を1名でも頂いている日は今からのご予約でも承ることが出来ます。
12月に今から潜りたいとお考えの方は弊店までお問い合わせください。
12月の休業期間は住所録作成や年賀状つくりや確定申告作成作業など主に事務作業を頑張ります。
12/28~1/10まで営業して1/11(土)~3/4(水)が冬季休業期間になります。
3/5(木)から営業スタートになります。
3/5以降のご予約を楽しみにお待ちしております。

« prev: 
» next: 
2019.11.29
強風吹き荒れる!!

みなさん、こんばんは。

本日、11月に入ってから最も最強の風が吹いたケラマ諸島阿嘉島。
南にある強い台風の影響と大陸からの高気圧の張り出しの北高南低の気圧配置で強風になっております。
波高4mで船は全便欠航!!
残念ながら到着予定のゲストさんがキャンセルになってしまいましたぁ~。残念~。
おまけに猛烈な寒気まで下りて来たもんだからエキジット後、風が冷たいで~す。

以下は昨日27日と本日28日の海情報です。
昨日27日はゲストさんはいなくて午前中は保全活動に参加。
午後はマジャとヒズシに設置しているコーラルネットによる実験の観察、掃除、ネットの補強作業を実施。

昨日ゲストさんが到着していて本日28日は強風の中ですが3本ガイド。
魚群風景がいろいろ見れました。
秋に最盛期を迎えるクロスジスカシテンジクダイの群れ、越冬するキンメモドキの群れ、まだまだ壮大なスカシテンジクダイの群れ、
グルクンの群れ、ハナゴイの群れ、などです。
エダサンゴの群落に様々な種の小魚と幼魚たちが舞い踊る風景も素晴らしかったです。

見れたマクロはナンヨウハギyg、ミナミハコフグyg、ソメワケイソハゼ、ニジギンポsp、オハグロベラspの成魚(ここ必ずいます)、
マルミカクレモエビ、ホホスジタルミyg(ついにウミシダから離れるようになってきました。そろそろ旅立つかもしれません!)
、綺麗な緑色のイソギンチャクにハマクマノミyg(赤)、ハシナガベラ、クロマスクと思われる個体を発見、トサカガザミ(久々に行ったら
健在でした!!)、ケフサゼブラヤドカリ、ウミウシ数種などなど他いろいろ見れました。

水温23.8~24.2度。
本日初めて24度を切ったポイントがありました。


6/29撮影のアカネサスウミウシ。
外海の潮通しの良いダイナミックなポイントにて見つかる種です。


8/24のログ付け風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/26撮影、洞窟の出口にて細い光線を見上げるゲストさんのシルエットと出口のブルーの縦位置
風景。
細い光線は幻想的にゆらめき感動の風景でした。

明日も波高4mで強風なので船が欠航する可能性が高いです。
12月7日くらいまで海が時化た日が多そうです。
幼馴染の友達が来るのに心配です。
それではみなさん、また明日。

« prev: 
» next: 
2019.11.26
この頃、時化気味の日多い!!~晩秋のケラマ諸島!!

みなさん、こんばんは。

 

昨日に続き本日も北風が強いケラマ諸島阿嘉島。

昨日と今日はマクロフォト派のゲストさん1名だけだったのでじっくりたっぷりマクロネタを撮影していただきました。

以下は24日~26日までの海情報です。


見れた大物は超大型1m40cmクラスのロウニンアジが出現しました!!
しかもこのロウニンアジは普段はカメ以外の大物は少ないやや内湾環境のサンゴ礁と砂地のヘリをゆっくり泳いでいて僕らと鉢合わせしました!!
ド迫力でしたぁ~!!
24日は静かだったので大物狙いポイントで90cm級のロウニンアジのペア、ネムリブカ、スマガツオ約30個体の群れが見れました。
このポイントではまだまだ壮大なキビナゴの大群が見られました。
カメのポイントではアオウミガメ3個体と食事中のタイマイ2個体と出会うことが出来ました。

久々に行った北側のサンゴが美しいポイントも絶景でした。
少しレイシガイが増えていたので採取してきました。

マクロはアザミカクレモエビ、ホホスジタルミyg、オハグロベラspのペアとyg、マルミカクレモエビ、アカクセニアウミウシ、黄色の
ピグミーシーホース7個体、ハナゴンベ、バブルコーラルシュリンプ、ミズタマサンゴに住むナデシコカクレエビ、アカメハゼの群れ、
アワイロコバンハゼの成魚からygまで、ホシゾラワラエビ、イソバナカクレエビ、ホホスジモチノウオ属の一種4(ベラ図鑑P264)
を発見!!、ニジギンポsp、ミナミギンポ、ダルマハゼ、カサイダルマハゼ、などなど・・・・・・他いろいろ見れました。

24日は1日だけ透明度が上がり、水温も25.0~25.1度に上昇。
しかし、25日から再び24.4~24.5度に降下。

ここのところフィリピン西側に台風が常駐して、大陸からは高気圧が張り出したり、寒気が押し寄せて来たりで
風が強く海が時化がちです。
12月2の夜から6日までもスゴイ時化ることになっています!!
まいったなぁ~。
早く静かな日が訪れますように。


6/27撮影のハナヒゲウツボ。
本日ここに行きましたがハナヒゲは不在でした。
他は全員元気~!!


8/23の船上風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。
真っ青な空が綺麗でしたぁ!!
早くこんな天気になってほしいなぁ~!!


8/24撮影、美しいリュウキュウキッカサンゴの大群生地帯をフィッシュウォッチングを楽しみながら
まったりとお散歩~!!
綺麗で楽しかったですねぇ~!!

さて明日は午前中お休みなので保全活動に参加してきます。
午後は今現在やっている実験の調査で潜ってきます。。
何だかんだお休みの日でも潜るということで~す。(笑)

明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.11.23
風強く内海でまったり!!

みなさん、こんばんは。

分厚い雲に覆われて終始曇天のケラマ諸島阿嘉島。
20~21日は内地の寒気がやってきたためエキジット後が寒かったなぁ~。
20~21日は冷たい風が吹いたけど、本日は南東の風でエキジット後の寒さのストレスがなかったです。

16日~17日はご予約が入らずダイビングをお休みしましたが、18日からは再び毎日潜り続けております。
以下は18日から本日までの海情報です。

見れた美しい風景は、枝サンゴの群生にハナゴイの群れが舞いグルクンの行列が乗り越えてゆく風景、
漁礁ブロックに8~9個体のアカククリとそれに混じってナンヨウツバメウオ1個体の風景、
イソバナをスカシテンジクダイの大群とケラマハナダイygとカシワハナダイygが群れて包む風景、
砂地にポツンとあるサンゴにデバスズメダイygが群れる風景、などなど他にもいろいろ見れました。

見れた大物や光物系は以下です。
ずっと状況が悪いので外海には行けていなくて大物は少なめです。
大型のホシカイワリ3個体、コブシメ2個体、インドカイワリ、クロヒラアジ、巨大アマミウシノシタだけです。

見れたマクロはいっぱいありますが書ききれないので抜粋です。
ミナミハコフグyg、ホホスジタルミyg、アカクセニアウミウシの交接、スニーキーラスのペア、アカメハゼの群れ、
アオイソハゼ、ヤシャハゼとコトブキテッポウエビ(大接近成功!!)、ケサガケベラyg、ハラマキハゼ、ヒメクロイトハゼ、
ツノザヤウミウシ、などなど他いろいろ。

見れた生態シーンはタテヤマベラの放精放卵シーンを観察することが出来ました。

水温は24.2~24.4度。
刻々と水温が下がってきております。


8/23撮影、洞窟内に差し込む光線と光を見上げるゲストさんの縦位置風景。


8/22の船上風景。
みなさんありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/27撮影、背景が綺麗なマクロ写真が撮影したい方はリクエストしてください。

只今、台風が宮古島に接近中で明日にやや接近して通過する予定です。
なので明日は気を付けて島影で潜ります。

« prev: 
» next: 
2019.11.16
水温降下~!!

みなさん、こんばんは。

ギリギリ高気圧の範囲内で青空が広がったケラマ諸島阿嘉島。
とても温暖で過ごしやすい一日でした。
15日まではゲストさんがいて毎日潜っていましたが本日から3日間ご予約がなくダイビングお休みでした。
11月とは言え週末にご予約がないのは珍しいです。
本日は朝から船の陸揚げ、ゲストさんのお見送り、写真送付作業、各種事務作業に没頭。
夕方には久々にスロージョギングをやっていい汗をかきました。

以下は13日から15日までの海情報です。
13日は静かで下曽根へ!!
イソマグロ8個体の群れ、カスミアジ7~8個体の群れ、遠くにロウニンアジ1個体だけでグルクンの群れが遠く
ゲストさんは喜んでくれましたが、ちょっと物足りない下曽根でした。

他のポイントでの見れた大物はツムブリ9個体とスマガツオ6個体+30個体群れがキビナゴの群れに合同捕食アタック、
インドカイワリ4個体、アオウミガメ、ネムリブカ4個体、オオメカマス約200個体の群れ、コブシメなどなどです。
たったの25cmしかないコブシメがじっとしていて寄って撮影しても逃げなかったです。
これから水温の低下とともに見れる機会が増えるでしょう。

美しいワイド風景は大型で色彩豊かなのトゲトサカの群生風景が美しい、美しい枝サンゴの群生に各種幼魚類が
群れるにぎやかな風景、ポリプ満開の黄色のウミウチワとピンクのヤギの群生風景(その上にオオメカマスの群れ)、
スカシテンジクダイの大群とキンメモドキとクロスジスカシテンジクダイ混合群の風景、一面に広がるテーブルサンゴの
大群生風景などなどです。

見れたマクロ生物はオイランヨウジ、ユカタハタyg5cm、ソメワケイソハゼが3個体に増えていました、クロオビスズメダイ、
オビテンスモドキyg、サクラテンジクダイ、ヒメアオギハゼ、オヨギベニハゼ6個体、ホホスジタルミyg、
などなど他いろいろでした。

久場島で見たことがない種のサメの死体を発見してしまいました!!
可哀想に~、なぜ死んでしまったのか??謎です。
生きている元気な状態で会いたかったよ。合掌。

14日くらいから水温が一気に下がりました。
ついに25度を切るようになりました。
久場島では24.5~24.7度。
その他の阿嘉島周辺や内海系では24.1~24.5度。
それ以前は25.0~25.5度もあったのになぁ~。
これから来られる方々は寒さ対策を入念にお願いいたします。


6/27撮影、美しいホヤの群生。
生え物系も魅力的なものが多いですよぉ~!!


8/21のログ付け風景。
1名酔っぱらってしまいましたぁ~。
みなさん、またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/20撮影の美しき多種混成型サンゴ礁の風景。
ここでサンゴの産卵を見たいなぁ~!!

さて18日までダイビングお休みですが、やらなければいけないことが山積みなので一つ一つ確実に
やっていきます。
この3日間でやらなきゃいけないことのリストの大方が片付くように頑張ります。

« prev: 
» next: 
2019.11.12
連日、小春日和続く!!

みなさん、こんばんは。

 

本日も晴れて海況と透明度も抜群のケラマ諸島阿嘉島。

 

以下は11日と12日の海情報です。

 

見れた美しいワイド風景は枝サンゴの群生に様々な種の小魚が群れる風景、爆裂する波と霧に太陽光が差し込むオーロラのような風景、
壮大なキビナゴの大群にスマガツオ7個体が捕食アタックする風景、スカシテンジクダイの大群にケラマハナダイやキンギョハナダイなどが
混泳する美しく華やかな風景、海底一面を埋め尽くす絶景のサンゴ礁風景、複雑な穴地形に光が差し込みそこにたたずむアカククリの風景
などなどでした。

素晴らしかった群れはグルクン、ハナゴイ、キビナゴです。

見れた大物はアオウミガメ2個体、ネムリブカ1個体、スマガツオ10個体以上、ツムブリ7個体、インドカイワリ7個体、
ナポレオン(80cmの若い個体)です。

見れたマクロ生物はアカクセニアウミウシ、マルミカクレモエビ、ウミテング、オビテンスモドキyg、ホホスジタルミyg、ウコンハネガイ、
オドリハゼ、などなど他いろいろ見れました。本日12日はワイド派のゲストさんのみでしたのでマクロは11日に見たものです。

水温25.3度。


6/27撮影のスミツキベラyg。
当たり前ですがノートリミングです。
小さいときはホンソメワケベラのように他の魚たちの体をクリーニングします。


8/19のログ付け風景。
この時、阿嘉島のT氏が参加。
楽しいひと時でした。


8/23撮影、ケーブ内に差し込み数条の光線とゲストさんの風景。
揺らめく光線は神秘的で情緒深い風景でした。

こんなに小春日和が続くと後が怖いなぁ~、と思っていたらついに14日は大時化のようです。
でも11月は台風が来ないし、もし時化ても潜れる程度なので手堅い安全パイな月ですね。
下旬くらいからは冬将軍到来かなぁ~?!
刻々と季節が巡っているケラマ諸島阿嘉島です。
明日からゲストさん1名のみ。
もう混雑する日はないのでプレッシャーからも解放されて、1本1本ガイドを楽しみま~す。
明日も頑張ろう!!

« prev: 
» next: 
2019.11.11
15mmイロカエルアンコウyg!!~大型トラフザメ出現!!

みなさん、こんばんは。

 

8~9日は北風が強まりましたが、本日は快晴でほぼ安定した海が広がったケラマ諸島阿嘉島。


以下は7日~10日まで4日間の海情報です。

見れた美しいワイド風景はピンク色のヤギの群生風景、大型のウミウチワにピッタリと寄り添う巨大モヨウフグの風景、
砂地のサンゴにデバスズメダイが群舞する癒しの風景、全員15m海底に着底していたら中層からこちらに向かって来て
全員の頭上スレスレを悠然と通過した大型のタイマイの風景、色彩豊かなトサカ類、ヤギ類が群生する美しき渓谷風景、
壮大なキビナゴの大群にスマガツオが猛烈に捕食アタックする風景、・・・・などなどです。

見れた大物はネムリブカ4個体、大型のモヨウフグ、ホシカイワリ、イソマグロ、マルコバン、クロヒラアジ2個体、
タイマイ、アオウミガメ2個体、鎮座している大型のトラフザメ(稀少)、スマガツポ30個体の群れ、インドカイワリ11個体の群れ、
ツムブリ、ヤッコエイ2個体、などなどです。
トラフザメが11月に出現したのは初記録です。今までの記録ですと3~6月に出現しております。

見れたマクロ生物はモンツキカエルウオ、ハダカコケギンポ(オレンジ、ブラック)、マツバギンポ、クロスジギンポ、ニセクロスジギンポ、
ハナヒゲウツボyg、ゴマハギyg(黄色個体)、ニジギンポsp、シロボシスズメダイyg1個体、ヒマワリスズメダイyg2cm3個体、
ウミテング、カサイダルマハゼ、ダルマハゼ、アワイロコバンハゼ、ヒラツノモエビ、タツノハトコ2個体、アカメハゼの群れ、
ハモポントニア・コラリコーラ(エビ)、オドリハゼyg15cm、イロカエルアンコウyg(朱色15mm)、ニシキフウライウオ、
ウミウシカクレエビ2個体、などなどです。

水温は本日25.0~25.1度。
いよいよ25度を切りそうな感じです。
防寒対策をしっかりしましょう。
ボートコートもあった方が良いです。
エキジットしたらすぐに温水シャワーでお湯をスーツ内にたっぷり入れてからボートコートを着ましょう。


8/15撮影のキンメモドキの群れに包まれる立派なイソバナとゲストさん2名の風景。
絶景でしたねぇ~!!


8/18撮影、常連さんに頼まれてボートシュノーケリング。
このご夫婦はご結婚前から長年毎年弊店に通ってくださり感謝です。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/23撮影、ポリプ満開のイソバナに若いミナミゴンベが住んでいました。
マクロの絶景とはこのことか!!
珍しいマクロ生物の生態撮影するダイビングも楽しいですが、ごく普通にいる一般種をより美しく
撮影するフォトガイドもやっております。
リクエストしてくださいね!!

さて、明日頑張れば今シーズンの山場は乗り越えた感じです。
明日、安全第一で楽しいダイビングになるように頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.11.06
快晴でポカポカの小春日和!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は快晴で風も弱く暖かい小春日和のケラマ諸島阿嘉島。

こんな良い状況なのにゲストさんのご予約がなく今日はダイビングお休みです。

以下は昨日の海情報です。
昨日は風が強かったので島影や内海でまったりダイビング。
見れた群れ風景はスカシテンジクダイの大群とそれを狙うインドカイワリ2個体、デバスズメダイの群れ風景も綺麗でした~!!
マクロには興味が少ないゲストさん1名だったため見れたマクロはソメワケイソハゼ2個体、フタイロサンゴハゼygくらいでしたぁ~。
昨日の午後はゲストさん1名でボートシュノーケリングを実施。
久々に大型でヒレが黄色になっているツチホゼリに遭遇。
サンゴが一面もりもり生えていて綺麗でしたぁ~。


本日はゲストさんのご予約がなくお休みで保全活動に参加。
保全活動のポイントはサクバルでレイシガイを採取していたらハクテンカタギのペアに遭遇。
水温25.7度。

あとは船の整備と清掃、商工会の会議などなどいろいろやっていたらあっという間に夜になってしまいました。


一面ピンクのお花畑にてイソハゼ属の一種がお散歩していました。
ずっと観察していたら最後はこの穴に入りました。
巣穴を持っているのですねぇ~!!
カンザシヤドカリも住んでいない空きの穴を住家としているってことか?!


8/17、100本記念のお祝い風景。
写真で見るとOくんは彼女とそっくり~!!
ワイワイして最後はみんなで美味しくケーキを頂きました。


8/13撮影、漁礁に生えている大型のサンゴにアカククリの群れがいるところを観察中のゲストさん。

お休みは1日だけで明日からガイド再開です!!
明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.11.04
中深度にキビナゴの大群!!

みなさん、こんばんは。

本日は北側の波がもう少しでおさまりそうなくらいおだやかな海が広がったケラマ諸島阿嘉島。

本日の海情報です。
10月中旬頃から10~20m付近の中深度にキビナゴの大群が見られるのが面白くてハマっています。
潮によっては25m以深までキビナゴの大群に埋め尽くされるときがあります。
10m以浅はスマガツオとツムブリが捕食アタックを仕掛け、10~20mはインドカイワリとニジョウサバが捕食アタックしていました。
本日はグルクンの群れも壮大で素晴らしかったです。
浅所の岩礁上では大型のオニカマスがじっとホバーリングしていて近付いてみるとホンソメワケベラにクリーニングを受けている所でした。

絶景のサンゴ礁もまったりとお散歩してきました。
このポイントは今年の台風で折れたところが早くも修復して傷跡がわからなくなっていました。
台風で漂着してサンゴを痛めていた漁網もこれでかなり回収することが出来ました。

見れたマクロ生物はスミレナガハナダイ、シロボシスズメダイyg、コビトスズメダイyg、マツバギンポ、クロスジギンポ、ハダカコケギンポ、
ミヤコキセンズズメダイyg、ルリホシスズメダイyg(2cm)、ツユベラyg(2cm)・・・・・などなど他いろいろ見ることが出来ました。

水温は25.4~25.6度。


8/11撮影、イソバナと黄緑色の枝サンゴにたたずむチョウチョウウオのペアの風景。
1個体に見えますが手前の個体に隠れてもう1個体いるんですよ。
チョウチョウウオを撮影していると片方をよく隠す行動をしますが、これはいったい手前がオスなのか?
メスなのか?
もしかしてメスがオスを隠してかばっていたりして!?(笑)


8/17撮影、ゲストさんが100本記念で記念撮影。
学生時代から来てくださりありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/22撮影、ピンク色のチヂミトサカに隠れていたノコギリハギygが隙間からコンニチハ!!
今シーズンもいろいろなポイントで可愛いチビちゃんが見れました。

明日は北風が強まりそうです。
あと2日間ガイドしたら6日はお休みだぁ~。
頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.11.03
首里城が・・・・・・!!

みなさん、こんばんは。

先日、首里城が原因不明の火事で焼失してしまいました。

もしかすると430点以上の展示品、収蔵品が建物と一緒に消失したかもしれません。
その中には国宝級の物があるというのに。
もう燃えてしまいもとには戻せません。
自分には募金することしか出来ませんがいつの日か首里城が再建されることを願いします。

さて本日は小春日和のケラマ諸島阿嘉島。

 

以下は31日から2日までの3日間の海情報です。
見れた特に美しいワイド風景は海底を埋め尽くす一面に広がるテーブルサンゴの群生風景、ホソカマスの群れのシルエット風景、
穴の内壁に色彩豊かな大型のトゲトサカが群生しその穴の中をグルグルとネムリブカが泳ぎ回る風景、
砂地のサンゴにデバスズメダイが群れ踊る癒しの風景、などなど他いろいろです。

見れた大物はネムリブカ2個体、ホソカマスの群れ、大型のナポレオン、食事に夢中の大型のタイマイ、コブシメです。

 

見れたマクロはハナゴンベyg、マルミカクレモエビ、ヒメクロイトハゼ、カゲロウカクレエビ、イロブダイyg、ヒラツノモエビ、
タツノハトコ、アカメハゼの群れ、オドリカクレエビ、などなど他いろいろです。

本日の水温は25.3~25.6度。
徐々に水温が下がってきております。


6/22撮影、お腹に稚魚が入っていてお腹がパンパンのピグミーシーホース(イエロー)のやや正面顔。


8/16の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

 


7/28撮影、絶景のサンゴ礁をお散歩。
綺麗で癒されたぁ~!!
サンゴ講座も実施!!

あともう少し頑張ればシーズンのピークも終わり、ゲストさんのご予約がない日や、いても1~2名に
なります。
体調に気を付けて頑張ります。

« prev: 
» next: 
2019.10.31
日々、秋深まる!!

みなさん、こんばんは。

本日はどんよりと雲に覆われた一日になったケラマ諸島阿嘉島。

秋の深まりを日々感じております。

以下は29日と30日の海情報です。
美しいワイド風景は様々な種、様々な色彩のヤギ類の群生渓谷が素晴らしい!!
水深20mにてキビナゴの超大群にスマガツオの群れとインドカイワリ数個体とニジョウサバ数個体が猛烈捕食アタック、
佐久原にてピンクのポリプのヤギと黄色のウミウチワの満開の群生風景が絶景でした。
洞窟のブルーの出口に重ねてうごめく魚たちのシルエット風景が神秘的で綺麗、
美しいサンゴ礁の群生にロクセンスズメダイなど数種のスズメダイが群舞する沖縄の原風景、などなど他いろいろ
美しい風景を楽しみました。

見れた大物はアオウミガメ4個体、スマガツオの群れ6+10個体、インドカイワリ9個体、ニジョウサバ6個体、イソマグロ1個体。

マクロはウミテングのペア(片方しか見れないことが多かったがこの時はペア)、抱卵中のマルソデカラッパ(卵の色は黄色)、
小型のタコsp(ペッタンコになりました!!(笑))、キンチャクガニ、キスジカンテンウミウシ、ベニゴンベ2個体、
オドリハゼとブドウテッポウエビ、他いろいろ見ることが出来ました。

水温は25.4~25.8度。
徐々に水温が下がってきております。


6/21撮影、美しきミヤコキセンズズメダイyg。
浅いのでウエイト重めで撮りましょう!!


8/14のログ付け風景。
皆さんいつもありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


7/28、水深2mにてキビナゴygの大群がタイドプールの中にびっしり詰まっているところを
下から撮影。
背景は真っ青な空と白い雲、そして輝く太陽。
あまりの美しさにしばらく見惚れてしまいシャッターを切れませんでした。

徐々に船上も寒くなってきております。
ボートコートをお忘れなくご持参ください。
お持ちでない方は2着まで貸出可能です。

明日も水中で素晴らしい出会いがありますように。

« prev: 
» next: 
2019.10.29
グルクンの大群に包まれ幸せ~!!

みなさん、こんばんは。


忙しくてブログ更新が出来ていませんでした。

本日は透明度が上昇して良い光も入って素晴らしい海が広がったケラマ諸島阿嘉島。

久場島では透明度40~50m、水温25.7~26.0度に上昇。

 

25日から本日28日までの4日間の海情報をお知らせします。
風景で良かったのは見渡す限り一面のグルクンの大群にゲストさんみんなで包まれてしまったことです。
360度メタリックブルーに輝くゆったりと泳ぐグルクンの大群に触れるほほの近さで包まれれて至福の時を味わいました。
おそらく約30分はグルクンの大群に包まれ続けましてゲストさん一同大満足!!

30秒ほどの出来事ですがキビナゴの超大群にスマガツオ約30個体の群れが捕食アタックした風景が迫力でした。
龍宮への道のポリプ満開のイソバナ群生水路風景が絶景でした。
チヂミトサカの大群生風景をドリフトしたのが綺麗で気持ち良かったぁ~!!

見れた大物は主にアオウミガメ2、大型オニカマス、ネムリブカ2、タイマイ1、スマガツオの約30個体群、インドカイワリ5、
ツムブリ約200個体の大群、イソマグロ2+7個体など。

マクロはホホスジタルミygが同じウミシダに常駐、台風前から見つけたウミテングもまだ同じエリアでうろついております。
アカメハゼの群れ、マルミカクレモエビ、ハナゴンベyg、ハダカハオコゼ(黄色)、ハナヒゲウツボygペア、
ハダカコケギンポ(オレンジ)、キッカミノウミウシ、・・・・・など他いろいろ見れました。

カミソリウオは行方不明になりましたぁ~。

水温が低下してきたことでコブシメ(約30cm)が出現しました。
これからちょいちょい見れそうです。


6/21撮影のシダラミギキキヨコバサミ。
ヤドカリ可愛い~!!


8/12の船上風景。
ウチの次男の優悟も島に帰ってきて潜りました。


7/27撮影、美しく揺らめきうごめく数条の細い光線を見上げたゲストさんのマスクが反射した瞬間
の風景。

本日東から南東の風になって北側が潜れましたが、明日からは再び北風の予報です。
明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.10.25
風邪ひいてました~!!

みなさん、こんばんは。

 

実は20日の3本目が終わってから体調が悪くなり39.4度の熱が出てしまい、21日は薬で熱を下げて何とか
午前中2本はガイド。
午後のダイビングは他店にゲストさんたちのガイドをお願いしました。
インフルかと思って診療所で検査したら結果は陰性。
僕の弱点の扁桃腺の炎症でした。
22日にはほぼ治りまして午前中2本ガイドして午後にゲストさんたちはお帰りに。
僕も1泊那覇休みに出て温泉入ったりして休養してきました。
来シ-ズンからはシーズン後半も疲労が蓄積しないように対策を取らなければ。

本日もゲストさんのご予約がないお休み日で船の検査(車でいう車検)を受けて、ゆっくりまったり事務作業。
スロージョギングもして汗も流してきました。


7/27撮影の洞窟内に差し込む美しい光線とそこを横切るゲストさんの風景。


8/11のログ付け風景。
この日は台風9号が終わってからチャーター船でゲストさんが到着して3本潜ることが出来ました。
ゲストさんはほとんど全てキャンセルになってしまったため、この日は3名のみ。


6/21撮影、イソバナにたたずむタテジマヘビギンポ。
右向こうに紫色のカイメンがあったので画角に入れて綺麗にボケるように意識して撮影。

本日クイーン2便でゲストさんが到着したので、明日からガイド再開です。
体調にも気を付けてシーズン後半日々頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.10.17
大物当たりました!!~夏に逆戻り!!

みなさん、こんばんは。

 

夏に逆戻りしたような日差しで暖かくなったケラマ諸島阿嘉島。

これからの時期、台風が来なくなると一雨ごとに徐々に気温と水温が下がるのですが、雨が降る前に今日のように気温が高まる日があります。


以下は16日と17日の海情報です。

16日は大物続出でした!!
2日間で見れた大物はイソマグロ1個体、ネムリブカ3個体(そのうち1個体は超巨大)、大型のナポレオン(1.7m級)、オオメカマスの群れ(約200個体)、
タイマイ2個体、アオウミガメ1個体、スマガツオの群れ約30個体+3個体、ツムブリの群れ(約100個体)、インドカイワリ6個体!!

見れた素晴らしい風景は川のように絶え間なく流れるグルクンの群れ風景、形を変幻自在に変えるキビナゴの凝縮大群風景、美しいサンゴ礁の逆光風景、
迫力の爆裂して砕ける波風景、美しいサンゴ礁上に鎮座してサザナミハギ3個体に甲と首周りの藻を掃除してもらっている大型のタイマイの風景、
イソバナが群生する狭い水路風景などでした。

マクロはスジタテガミカエルウオ、テングカワハギyg、フタイロサンゴハゼ、アオクシエラウミウシ、ミガキブドウガイ、マンザガマヒメヤドカリ、ヒメヤドカリ属の一種、
など、他いろいろ見れました。

水温25.6~25.9度。
60分以上潜っても暑かったのでエキジット後、寒がるゲストさんがいませんでした。


6/21撮影、産みたてほやほやの卵を守るモンツキカエルウオ。
内壁にびっしりある白いツブツブが卵です。
たくさん増えますように。


7/26撮影、薄雲などのフィルターがかかっていない真っ青な空でべた凪で、・・・・などいくつかの
条件がそろうとブルーに光線が写ります。
降り注ぐ太陽光線とお休み中のアオウミガメの風景。
ガイド中は例えありふれた風景でもより美しくお魅せしたい、と心がけています。
撮影も同じくです。

明日は波風が小さくなってポイントの幅が今日より増えそうです。
しかし、熱低の小さいうねりがそろそろ来そうな気がします。

明日も頑張ります!!

 

« prev: 
» next: 
2019.10.16
猛烈な北風~!!

みなさん、こんばんは。

強烈な北風でかなりポイントが限定されたケラマ諸島阿嘉島。
本日クイーン全便欠航、フェリーのみ運航でした。

ゲストさんの入れ替わりで午前中はダイビングお休みになり、午後2本ガイドになりました。

以下は14日と15日の海情報です。
本日は強風でしたが昨日14日午前中は外海2本行けました。
外海ではカスミチョウチョウウオのお見事な群れ、ネムリブカ2個体、ホソカマスの小群、巨大なドクウツボ、グルクンの群れ、
ハナゴイの群れが4群見れて、ギンユゴイの群れをキビナゴの大群が包む岩礁水面下風景が素晴らしかったです!!

外海でのマクロではスジタテガミカエルウオ、マツバギンポ、ベニゴンベ、ガイコツパンダホヤ、アカホシカニダマシの子供、
不明種の白いウミウシ、オイランヨウジ、カレハスズメダイを発見などでした。

昨日の午後からは島影でまったりダイビング~。
サンゴが綺麗なポイントではものすごいシリテンスズメが混じっているロクセンスズメダイの大群がお見事!!
アオウミガメと4個体も出会えました。
テーブルサンゴも大きく枝サンゴとの配置のバランスが良い風景を楽しんでいただきました。
マクロはケラマミノウミウシ、ウコンハネガイ、ヒレナガスズメダイyg、クロスズメダイyg、穴から顔出しているニセクロスジギンポなどなど。

今日の2本は以下です。
風景で良かったのは枝サンゴの群生に様々な小魚や幼魚が群れる風景、ハナゴイとグルクンの群れが合体した美しき群れ風景、
スカシテンジクダイとキンメモドキの群れ風景でした。

大物はコバンザメを付けた大型のネムリブカ1個体のみ。

マクロはハナゴンベyg、オドリハゼのペア、マルミカクレモエビ、イソバナカクレエビsp、10mmのハマクマノミyg、
ハダカハオコゼyg2個体、ハダカハオコゼ成魚1個体、ハナヒゲウツボygはいなくなったかな?
一番良かった出会いがホホスジタルミyg!!
やっぱりウミシダが好きなんですねぇ~!!
ここ数年間当たり続けたマダラタルミygがシーズンは出会いが少なかったなぁ~。
探していませんがどうしても見つかってしまうトウモンウミコチョウの幼体、クロスジリュウグウウミウシなどウミウシも出てきております。
そろそろ本格的に探したいなぁ。

水温は25.8~25.9度。


6/21撮影、真ん中にカニさんがいるのわかりますかぁ~?
ソフトコーラルの突起を折り曲げて身を隠す習性があります。


7/26の船上風景。
下曽根なので見渡す限り一面の海。
べた凪で良かったですねぇ~!!
ありがとうございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


7/26撮影のコクテンカタギの群れ風景。

ブルーに黄色が映えます。

明日は風が少し落ち着くようです。
明日も素敵な出会いがありますように。

« prev: 
» next: 
2019.10.13
秋に突入!!

みなさん、こんばんは。

 

昨日よりも北風が弱くなり潜れるポイントの選択肢が増えてきたケラマ諸島阿嘉島。

それでも本日は外海には行かず阿嘉島周辺をガイド。

12日と13日の海情報は以下です。
台風後にしては透明度が良好です。
12日にやっと船が動き出して3日間のお休みが終わり昨日の午後からガイド再開しております。

まだ北側の波がすごいため昨日も今日も内海系ポイントでまったりダイビング。
美しいサンゴ礁環境でまったりお散歩するダイビングが多かったです。
風景で面白かったのはやはり絶景のサンゴ礁、枝サンゴの群生と魚群のシルエット風景、大型サンゴの周りにアカククリが群れる風景、
スカシテンジクダイの大群とケラマハナダイが群舞する華やかな風景、デバスズメダイygが群れる癒しの風景などが良かったです。
見れた大物は大型のタイマイ、カスミアジ3個体、インドカイワリ、スマガツオの群れだけでした。
マクロはハッチアウト寸前のカクレクマノミの卵、アカメハゼ、ヒドロに産卵中のコナフキウミウシ、イロワケガラスハゼ、クロオビスズメダイ、
ウミタケハゼ、カサイダルマハゼ、パンダダルマハゼ、アカテンコバンハゼ、フタイロサンゴハゼ、ハマクマノミ1cmのyg、スニーキーラス、
ニジギンポの一種、アワイロコバンハゼ、・・・など他いろいろ見れました。
水温は下がってきて25.9~26.1度。
これから徐々に水温降下が始まりそうです。

陸では大型の抱卵したオカガニが前浜に向かっているのを見つけました。
大人は陸に住むオカガニですが、産卵は海でして、幼生時代を水中で過ごします。
産卵は大潮に行われているのもすごいなぁ~と感じます。

サシバも少し初見。

時々ですがケラマジカ(オス)が求愛の遠吠えをしていて集落中に響き渡っております。

おそらく大陸高気圧の張り出しで北風が強まる15日はミーニシ(新北風)でしょう。

ということで阿嘉島にもいよいよ秋がやってきた模様です。


7/25撮影、デバスズメダイの大群が元気よく舞い踊る風景。
ゲストさん3名もその美しさに心癒されたことでしょう。
この時、光が弱く、太陽がもっと強かったらもっと綺麗に撮れますよ。

7/26の船上風景(TG-4)。

みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/21撮影、イソバナに付いて暮らしているモンツキベラyg。
みなさんも可愛い幼魚の撮影にトライしてみてください。
ご案内します!!

明日は外海へ行く予定。
楽しみで~す!!

 

« prev: 
» next: 
2019.10.11
阿嘉島では台風の影響小さい!!

みなさん、こんばんは。

 

今日もやや強い北風が吹いているが南からのうねりは予想以上に小さい慶良間諸島阿嘉島。

台風と距離が離れたため、あまり台風モードではなく単に北風が強い日という感じです。
しかし本日は船が予想通り全便欠航してゲストさんは1名も到着出来ませんでした。


昨夜飲み会に参戦して本日昼過ぎまで二日酔いでした。(笑)
午後は冬の計画を立てたり、ちょっとだけ事務作業して、夕方はスロージョギング。
慶留間線の擁壁の型枠にセメントが流し込まれていました。
もしも台風19号がケラマを直撃していたらこの型枠崩壊していただろうなぁ~。
台風が反れて良かった良かった。
と言っても明日は内地が大変なことになる1日です。
どうかくれぐれも気を付けてお過ごしください。


6/21撮影、美しい朱色のヤギにホソガラスハゼygかな?


7/28の船上風景。
男岩を背景にみんなで記念撮影。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


7/24撮影、海底一面を埋め尽くす絶景のサンゴ礁をお散歩中のゲストさんの風景。
ここのサンゴ礁はホント素晴らしい!!

さて明日からようやくフェリーが運航すると予想しております。
フェリーが動けば午後からガイド再開です。
9~11日の3日間もダイビングお休みして窒素が抜けて体が軽いです。
明日から頑張ります。

« prev: 
» next: 
TOP