menu
海バカ日記
カテゴリ
2022.09.23
透明度抜群!!外海50mオーバー!!

みなさん、こんばんは。
風がやみ静かな海に快晴のケラマ諸島阿嘉島。

猛烈で大型な台風14号が通過して19日に船を海に下ろしました。
12号と14号がほぼ連続だったため11日ぶりに20日から潜っております。
20日は透明度がやや悪い程度でしたが、21日からは抜群の透明度になております。
50mを超える透き通る水が入っているポイントもあります。
水温も20日は27度中盤だったのが、本日27.6~28.4度に上昇。

台風11号の影響で西側のサンゴにダメージが大きく被度(海底を占めるサンゴの割合)が低下しました。
西側のポイントに関しては台風11号より前の被度に戻るのは2~3年かかるでしょう。

スマガツオの群れやツムブリの群れがちょいちょい見れております。
台風11号12号14号の3連続台風を生き抜いたオオモンカエルアンコウyg(赤色)が健在でした!!
しかも成長して少し大きくなっていました。
超稀少なヒメキンチャクガニも発見!!しかも抱卵していました。


全長90cmある大型のトサカです。
トゲトサカとは種類が異なります。


7/23の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


美しいサンゴの上でたたずむアカホシイソハゼ。
寄りは慎重に、そー-っと。
ケラマは美しい被写体にあふれております。

月末までは台風が来なそうです。
3連続台風で消失してしまった生物やサンゴ礁もありますが、各ポイントを丁寧に調査しながらガイド
していく所存です。
明日も頑張ります。



« prev: 
2022.09.18
台風14号通過して九州を直撃!!

みなさん、こんばんは。
台風14号の吹き返しの風が吹き荒れたケラマ諸島阿嘉島。
それでも日課の60分のウォーキングは実施。
後原線は風に強く強風圏内なら歩けることが多いのです。
ついでにシークヮーサーも採ってきました。
相変わらずシラサギが道沿いに多くいてバードウォッチングもエンジョイ!!

午後はバレーボールを体育館で楽しんでいい汗かきました。
学校の建物も建て直し中で形は出来て来ていて、これからそろそろ内装工事なのかな。

只今、台風14号が九州を直撃中。
九州に被害が大きいと野菜が欠品になったり、値上がりするので心配だなぁ。
沖縄県で消費する野菜の多くが九州からやって来るからです。
九州で被害がないことを願います。


美しい紫色のサンゴをお散歩中のイシガキカエルウオygの正面顔。
普通種ですが可愛くて見つけると嬉しくなってしまうイシガキカエルウオygなのです。


7/10撮影、洞窟の出口手前に1条の光線が降り注ぐ風景。
その出口のブルーに向かって遊泳中のゲストさんのワンシーンです。

明日、台風14号は離れてかなり距離がありますがは個人的な予想では明日いいいっぱいは定期船
(クイーン、フェリー)全便欠航すると予想しております。
風がおさまればダイビングの船を明日中に下ろす予定。
もう次の台風はしばらくないことを切に願います。


« prev: 
» next: 
2022.09.14
台風12号通過!!~14号も接近中!!

みなさん、こんばんは。
台風の合間で内海は波が静まりつつある慶良間諸島阿嘉島。
猛烈な台風11号が通過して、3日間だけガイドが出来て、再び12号が石垣島付近を北上通過しました。
ようやく本日から海に出ようと思えば出れたのですが、船を下ろすのをやめました。
16日の午後から再び台風14号の影響が出てくる可能性が高まったのもあります。
9月1日から本日14日までで3日間しか潜っていないのは、なかなか前例がないなぁ。
台風は温暖化で温かくなてしまった地球を海水温を冷やそうと頑張っているだけなのですが、
20年以上前とはかなり台風の強さと頻度が変わってしまった感じです。
ゲストの皆さんにはせっかく努力して獲得したお休みが台無しになってしまい心が痛みます。
これに懲りず今後ともよろしくお願いします。


8/8撮影、ガラスハゼの一種がガラスハゼの一種と思われるygを捕食中の貴重なシーン。
肉眼ではシラスにしか見えませんでした。
帰宅して再生してみたら、自分と同種、もしくは別種だが同じ属の幼魚を捕食するという衝撃の生態
行動写真だったのです。


7/24の船上風景。
ドームポートに水滴がついていてきれいに撮れませんでした。
この後、僕はコロナを発症して11日間自宅療養になり、たいへんご迷惑をおかけしました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


大型のイソマグロをツムブリの群れが固まって追い回すモビング行動を観察撮影。
イソマグロは嫌がっている感じでした。
スイミーのお話はおとぎ話ではなく実際に自然界では近い行動が行われているのです。

陸域では台風11号後にシラサギなどの鳥類がとっても多く見られております。
学校の校庭だけではなく後原線にもとっても多い。

先日13日には御獄(ウタキ)の草刈り作業に参加してきました。
御獄は3ヵ所あるのですが、その内のクボーという拝所とその道を綺麗にしてきました。
掃除を終えてから拝所にて手を合わせて神様に拝みました。

さて明日は何をしようかな。
やることを決めて1日を無駄にしないようにします。

« prev: 
» next: 
2022.09.05
猛烈な台風11号が通過!!~初イノシシ遭遇!!

みなさん、こんばんは。

8月31日から猛烈な台風11号の影響で定期船が全便欠航になって今日で6日目。
明日フェリーが運航して食材が届きますように。
いよいよ明日陸揚げしていた船のロープを解除して海へ下ろします。
フェリーが運航すればゲストさんも到着予定。
6日間も休んだので明日から頑張ります。


猛烈な台風11号は波高9m、最大瞬間風速32m(渡嘉敷島)、雨量も多かったので透明度の低下と
サンゴが折れていないかが心配です。
白化現象の心配はこれで食い止められたでしょう。
水温が何度になっているかなぁ~?


7/22北浜にて撮影。
明るい砂地にデバスズメダイの群れがサンゴから離れてのびのび生き生きとプランクトンを捕食。
ゲストさん一同、心和む癒しの風景に見とれ続けました。


7/19撮影の船上風景。
皆さん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


7/20撮影のトゲナシカクレエビ。
観察していて思うことは、見事なカムフラージュに脱帽。
厳しい自然界を生き抜くために素晴らしい進化を遂げています。

この台風で後原線のウォーキングに4回出かけることが出来て様々な動物や昆虫など見ることが出来ました。
トンボがかなり多くなっていてます。
キノボリトカゲも見れました。
シラサギなどの鳥類も多いです。
本日、道路に降り積もった葉や木の実からメジロクラスの小さな小鳥たちの群れが何かをついばんでは
前進するのを観察できました。
そして一番驚いたのは初めてイノシシ(渡嘉敷から泳いできた)に遭遇したことです!!
3頭が道のそばの藪にいて僕らを見たらダッシュで逃げていきました。
畑への被害が出ないことを祈ります。
それから台風中はシークワーサーを採ってジュースにしたり、料理に使ったりして、旬の味覚を楽しみました。

TVで天達さんがこれからは台風の卵が多数発生していくと思います!!ってお知らせしていたので
これから先も天気図をちょいちょい注視していきます。

« prev: 
» next: 
2022.08.26
台風なく高水温が続く!!

みなさん、こんばんは。
久々の更新です。

ずっとべた凪でしたが23日から遠くの台風のうねりが押し寄せている慶良間諸島阿嘉島。

近況をお知らせします。
ブログを更新していないのでFacebookを見ていない方は知らないと思いますが、7月25日に熱が出て検査したら
コロナ陽性であることがわかりました。
それから休業して8月5日から営業を再開。
家の中にいるのが嫌いなため自宅療養はきつかったです~。
症状はひどくなく軽症ですみました。
この10日間のゲストさんたちを他のショップさんにお願いしてガイドしていただきました。
この10日間のゲストさんたちにはご迷惑をおかけしました。
あと助けてくださったショップのガイドさんたちに感謝です。

今シーズンは現時点では記録的な台風が少ない年です。
台風が出来たとしても沖縄を避けて通過するため例年よりも高水温になり白化が心配されます。
八重山諸島はかなり深刻な状況だそうです。
石垣島から潜りに来てくださったゲストさんのお話ですと7月中旬の時点ですでに浅所はかなり白化していたそうです。
ケラマも少し白化が見られますが、このままの状況が続くとヤバイことになりそう。
そろそろやや強めの台風が来て水温を下げてほしいですねぇ~!!
本日の水温28.8~29.4度。


7/4撮影の今シーズンとても多いサザナミフグyg(約20mm)。
アダンの実が枯れて海水に浸かり真っ黒に変色したやつにそっくり。
最初砂地に着底しているので、わからない人は砂地に落ちているゴミと勘違いします。


7/10の船上風景。
背景は快晴の空と久場島です。
みなさん、ありがとうございます。


7/4撮影、イソバナにキンメモドキとスカシテンジクダイが包むように群れる美しい龍宮風景。
今シーズンも見事な群れが龍宮城のような風景を演出してくれました。

明日からまた頑張ります。

« prev: 
» next: 
2022.07.04
☆夏全開!!☆

みなさん、こんばんは。
台風4号が通過して再び強い日差しに戻ったケラマ諸島阿嘉島。

台風対策で陸揚げしていた船を日午前中に海に下ろしました。
本日からようやく全便(クイーン、フェリー)運航して午後からはダイビングガイド再開!!
1本目はちょっと薄濁りしていたけど、台風明け1本目にしては上等です。
2本目は普段とほぼ変わらない透明度で綺麗でした。
水温は少し下がって27.0~27.3度。

前回のブログ記事の6月9日以降はワイドマクロともに充実したガイドが出来ました。
ワイド風景では、行けるポイントもかなり増えて様々な美しい風景が楽しめました。
日差しが強くなりケーブに差し込む光線風景が素晴らしくなってきました!!
光が強いため様々な風景が1年で最も輝いております。

大物はやはり6月はギンガメアジの群れが楽しかったです!!
大型のナポレオンもちょいちょい見れました。
全長2m50cm~3mはある巨大オナガエイにも遭遇!!
あまり逃げない巨大マダラエイも楽しかったです。
少しだけ移動しては着底してしばらく大接近して観察撮影を何度か繰り返すことが出来ました。
オオメカマスの群れ、バラクーダの群れも良かったです。
まだ少ないけど最近はようやくスマガツオが出現しるようになってきております。

マクロは3/11からずっと健在のピグミーシードラゴンのペア、ゴルゴニアンピグミーシーホース(モヒカン君と呼んでいます)、
ポントヒーピグミーシーホースのペア、コールマンピグミーシーホース、赤いイソバナにカムフラージュしているカクレタツノコ、
普通種のピンク色のピグミーシーホース、とケラマで見られるピグミーシーホース全種類を見ることが出来ました。
台風4号で姿を消していないか?とっても心配です。
特に浅所に住む種類はいなくなってしまった可能性もあります。
近日中に確認に行ってみたいです!!
元気でいますように。
他にはヘアリーフロッグフィッシュygかな?と思われるような樹状皮弁がいっぱい生えているカエルアンコウyg、
コブシメの赤ちゃんは多数発見!!
ウミウシシーズンは終盤でしたがいろいろと出会うことが出来ました。
特にムラサキウミコチョウ属の一種に4~5年ぶりくらいに会えてうれしかったぁ~!!
初めて見るヘビギンポ属の一種も発見!!
テーラーズファイルフィッシュygも個体数は減りましたがちょいちょい見ることが出来ました。
幼魚もいろいろな種類が出現していて可愛くって楽しいです。

生態系で面白かっらのはサンゴの産卵です。
今回はミドリイシサンゴ類の中で最も早い時間帯に産卵するウスエダミドリイシの産卵を狙って観察撮影することが出来ました。
ゲストさん一同、感動してくださり、うれしかったで~す!!
さらに同じ時間帯に学名アクロポーラsp(和名ナシ)の大産卵も偶然観察することが出来てガイドとして学びが多いナイトダイビングになりました。
このアクロポーラspはいつか産卵を見たい!!と思ていましたが、今まで22時台で一度も産卵が見れずにいたのです。
もしかして7月や8月に産卵する特殊な種類なのかなぁ?とか思っていたら、ウスエダミドリイシと同じ時間帯だったのです。
これからも毎年産卵について自主的に研究していきたいです。

成魚で面白かったのはコンゴウフグの成魚です!!
時々立派な尾ビレを全開してくれた時のカッコ良さというか堂々たる姿は素晴らしい!!
ygも毎年ここで確認しています。
ミゾレフグは昔よりも個体数が増加している傾向にあると思っております。
かなりいろいろなポイントで見れるようになってきました。


台風直前の6/29撮影。
ケーブ内に差し込む美しく神秘的にゆらめく光のオーロラ風景。
ゲストさんたちと動画を回しながらじっくり観賞しました。


6/28の船上風景。
皆さんありがとうございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


今シーズン最大の発見であるカクレタツノコのイソバナ共生タイプ。
イソバナに住んでいるからとっても浅いところで見られます。
実際に見たら可愛くって大ファンになってしまいますよ~!!
しかし、台風4号で吹き飛ばされていないか?が心配です。
健在であることを願っております。

明日からしばらく良い天候、海況が続きそうです。
安全に素晴らしい海がお魅せできるように頑張ります。

« prev: 
» next: 
2022.06.08
本格的な梅雨が続く!!

みなさん、こんばんは。
べた凪の海に梅雨空の慶良間諸島阿嘉島。

更新が久々になってしまいごめんなさい。

今シーズンも毎日潜り続けておりますが6/6~8がご予約がなくお休みになりました。
窒素を抜きながら事務作業や船のメンテナンスなどを実施。

今年の梅雨は記録的な雨量の梅雨です。
久場島の落水の崎では例年よりも滝が多く見られております。

最近見れて面白かったログをかなり抜粋して記します。
見れたワイド風景は、コクテンカタギの群れ風景、グルクンの大群に包まれる至福の風景、
全長30m高さ3mに及ぶ壮大なキンメモドキの大群風景←これはホント凄いです!!
産卵行動とオス同士のケンカが繰り広げられるコブシメ10個体のドラマ風景←さすがに最近コブシメ少なくなってきました、
キイロチヂミトサカとトゲトサカなどが群生する壁面にキンメモドキの大群が群れる風景、
海底を埋め尽くす絶景のサンゴ礁風景にキホシスズメダイygの大群が舞う風景、

見れた大物は、イソマグロの群れ平均30個体、ナンヨウカイワリの群れ、カスミアジの群れ、巨大アカウミガメ3回遭遇!!
全長3m50cmほどの巨大オナガエイが砂をかぶって眠っていましたが、近づいて見ていたらドバーっと泳ぎだし迫力!!
大型のナポレオンのペア、巨大オニカマス←じー-っとホバーリング、大型のメジロザメの一種?←下曽根にて
大型のロウニンアジ5個体のクリーニングシーン!!←ここは当たるとスゴイ!!、大型のサワラ、
巨大マダラエイが僕の左腕をかすめて後ろから通過しました!!←お客さんたちはみんな後ろから見ていて僕はビックリ!!(笑)
ネムリブカは複数個体、大型のモヨウフグとケショウフグも3個体ずつ見れました、
アオウミガメは数えきれないほど見れました、他いろいろ見れました。

見れたマクロ生物は、ピグミーシードラゴンのペア健在←3/11からずっと同じ場所で仲良く暮らしています。
ユリタツノコ2個体ポントヒーシーホース、ゴルゴニアンシーホース
カクレタツノコを最近発見!!しかも最浅記録!!浅いからじっくりたっぷり撮影できます。
ヒメアオギハゼygの群れを発見!!←これでヒメアオギハゼの生息地は2ヵ所になりました。
樹状皮弁をモジャモジャが生えているカエルアンコウyg(朱色)←もしやヘアリーフロッグフィッシュygなのか??
ヒメヒラタカエルアンコウも発見!!←ガレ場に見事にカムフラージュしています!!
メンコヒシガニ、シムランス:藻の破片にカムフラージュしているエビ、マルミカクレモエビ、アザミカクレモエビ、
名前がわからない不明種のエビ、テッポウエビの一種、ハナヒゲウツボ成魚とyg、ミヤコキセンスズメダイyg、
ミヤケテグリyg12mm、テイラーズファイルフィッシュyg複数個体、ヤシャハゼ、ジョーフィッシュ、
多種多様なウミウシたちいろいろ←まだまだ見れております。
コガシラベラyg2個体とシラタキベラダマシygが一緒にいるところが良かったです。
稀少種のシラタキベラダマシygは自分が捕食される確率を減らすためにそっくりさんのコガシラベラygにくっついて
危ない幼魚時代を乗り切るのでしょう。
マクロは他にもいろいろ見れましたが書ききれません。

サンゴの産卵は1個しか見ることが出来ませんでした。
ウスエダミドリイシよりも先に22時台に産卵する他のミドリイシサンゴ類が産卵してしまったり、
嵐の日に産卵してしまったりしたからです。
これからは確率が高いと見込んだ3日間を実際に見に行く方が確実だと判断しています。

水温は少し上昇して23.4~24.6度。
ポイントによって水温にばらつきがありますが、これは上昇するときによくある現象です。
そろそろ25度を超えるかもなぁ~。


4月に遭遇した大型のオオセ。
アゴ周りの皮弁、ヒレの形、唐草迷彩色の模様、どれをとっても素敵でテンションが上がるサメです。
じっとしていてくれるので撮影もしやすいです。
真冬から春にかけて外洋に面したポイントにて出現します。


オウゴチョウイソハゼが美しい紫色のカイメンのところをテリトリーにして暮らしていました。
綺麗なイソハゼなのでハゼ好きの方にはオススメです。

さて明日からガイド再開です。
休養も取れたので頑張ります。



« prev: 
» next: 
2022.04.27
水温上昇!!

みなさん、こんばんは。
湿度の高い霧が南から吹き込んでいるケラマ諸島阿嘉島。
4/24に突如水温が急上昇しました。
それ以前は水温22.2度くらいでしたが、24日から23.6~24.0度に上昇しました。
小潮の割に流れが強かったり、透明度が上昇したり、水温が1.5度以上も上昇したのでおそらく黒潮の支流の流入があったからでしょう。
水温が低すぎていたため5月のサンゴの産卵が心配でしたが、もしもこのまま順調に水温が上昇を続ければ
卵の成熟は進むと考えています。
しかし、一斉産卵ではなく2~3割くらいだろうなぁ~?と予測しております。

4/4~7と15~18はお休みで、それ以外のログを抜粋で記載します。
見れたワイド風景は、枝サンゴの群生とイソバナの混生にハナゴイが群れる風景、
ポリプ満開のイソバナが密生する渓谷風景をドリフト、
ツノダシ50個体ほどの群れ風景()、
根を包むスカシテンジクダイとキンメモドキygの群れ風景、
テーブルサンゴと枝サンゴ、各種ミドリイシサンゴ類の群生に各種スズメダイ類が群れる風景、
ドロップオフの絶壁にカスミチョウチョウウオとハナゴイが群舞する華やかな風景、
北浜を凌駕するキンメモドキygの大群に大型のユカタハタ複数個体とクロハタペアが通る風景、
特に薄紫が多い色彩豊かなトゲトサカの群生お花畑風景、
ウメイロモドキの群れの中に1個体のホシカイワリがゆったりと泳ぐ風景、
グルクンの大行列が泳ぎ渡る風景、
スミレナガハナダイ(オスメス)とタテジマヤッコ、トサヤッコ、ヤイトヤッコが混泳群舞するディープな風景、
イソバナにキンメモドキygが群れる美しい龍宮風景、
砂地にサンゴにデバスズメダイが群れ踊る風景、
海底を埋め尽くす一面の多種混生型サンゴ礁にノコギリダイとアカヒメジが群れる風景、などなど。

見れた大物は、コブシメ7個体、大型のオオセ2個体に遭遇!!、アオウミガメ14個体、イソマグロ24個体ほどの渦巻く群れ、
特大ロウニンアジ3個体、ネムフィブカ2個体、ホシカイワリ1個体、タイマイ1個体。

見れたマクロ生物は、ピグミーシードラゴン健在!!ピグミーシーホース(学名バギバンティ)3個体を何度も見ています、
ザマミキヌハダウミウシ、トゲコマチガニ、ウズラカクレモエビ、コビトスズメダイ複数個体、オレンジウミコチョウ、
ヤマブキウミウシ、コブシメの卵(いろいろなポイントで見られます)、ミズタマイボウミウシ、
テイラーズファイルフィッシュ3個体(5~8mm)、ベニゴンベ、アワイロコバンハゼ、
例年よりも遅く4/19にユリタツノコ発見!!、ユビノウハナガサウミウシ、キンチャクガニ、アライソコケギンポ、
ミナミハコフグyg、ハナヒゲウツボyg、シンデレラウミウシ2個体、ホシクズベニハゼ
ヘアリーフロッグフィッシュyg??(オレンジ色20mm)、ハナオコゼyg10mm、オオモンカエルアンコウちょっと大きいyg(5cmエンジ色)
ホリミノウミウシ、ヤシャハゼ複数個体、ジョーフィッシュ、クロマスク属の一種のペア、タツノハトコ(白)、
フジタウミウシ属の一種6(ウミウシ1260種のP54)、ナデシコイソハゼ、などなど他書ききれないほどたくさん出会うことが出来ました。

他に幼魚ではキツネベラygとヒレグロベラyg、レモンスズメダイygも出現し始めています。
ナガサキスズメダイygはまだ発見できませんでしたが、GW後半くらいで出現し始めるかもしれません。


生態系で面白かったのは、マツバギンポの猛烈な取っ組み合いのケンカ!!3組ほどやっていたのでメスを獲得するための時期なのでしょう!!
あとはキンセンイシモチやイシモチ類の口内保育です。
4~5分に1回くらい卵を一瞬ですが吐き出して、回転させてくわえなおす行動の観察が出来たことです。
口からハッチアウトするところを動画撮影したいなぁ~!!

 
昨年の夏の思い出。
砂地のサンゴの根をグルクン若魚の群れが覆いしばらくすると移動していってしまいました。
気持ち良い心洗われる風景でした。


昨年8/26日の船上風景。
みなさんありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


ポリプがほぼ満開のイソバナにミナミゴンベygがたたずむマクロ風景。
綺麗だったなぁ~!!

さて明日からGWスタートです。
安全第一で楽しんでいただけるように頑張ります。

« prev: 
» next: 
2022.04.03
霧と雨が続く!!~4日以降から天候回復か?!

みなさん、こんばんは。
霧がたちこめて雨が多い日が続いているケラマ諸島阿嘉島。
これは『2,3月のキリガカヤー』と言って、旧暦の2月3月に霧が発生する現象なのです。

31日まで毎日潜っていましたが4月1日からお休みになりました。
3月26日から31日までのログを記します。

見れた風景は、根を包むスカシテンジクダイの群れとキンメモドキの小群の風景、
枝サンゴの群生にネッタイスズメダイとデバスズメダイが群れる風景、
リュウキュウキッカサンゴの群生にメタリックブルーのグルクン大群が一面へばりつくように群れる風景、
色彩豊かなトサカ類とヤギ類が群生する垂直渓谷の風景、複雑な地形と沖のブルーの風景、
テーブルサンゴと枝サンゴ、各種ミドリイシサンゴの群生に各種スズメダイ類が群れる風景、
枝サンゴの群生にハナゴイとグルクン若魚が群れる風景、
グルクンの群れの中を優雅に泳ぐアオウミガメの風景、
ドロップオフにカスミチョウチョウウオとキンギョハナダイ、シコクスズメダイの混合群風景、
砂地一面に広がるビロードトゲトサカの群生風景、などなどです。

見れた大物は、アゴがかみ合っていない大型のドクウツボ、コブシメ5個体、そのうち1個体が産卵中を観察撮影、
ネムリブカ3個体、アオウミガメ4個体、タイマイ1個体、大型のオニカマスのクリーニングシーン、などです。
マクロのリクエストが多かったのと風が強い日が多く外海ポイントが少なかったためため大物は少なかったです。

見れたマクロ生物は、ハダカハオコゼ黒と白2個体、モンツキベラyg15mm、カクレモエビ属の一種、
ヒトデヤドリエビ、アカメハゼ、ミカドチョウチョウウオyg、レモンウミウシ、ムラサキウミコチョウ(多い)、
ブチウミウシ、マダライロウミウシ、ネコジタウミウシ属の一種、サビウライロウミウシ、
ピグミーシーホース3個体(ピンクのイボイボ)、ハナヒゲウツボ成魚、モンツキカエルウオ、アザミカクレモエビ、
トサカガザミ2個体、イソコンペイトウガニ、スミゾメキヌハダウミウシがヒメダテハゼの体にくっついて体液を
吸血していることろを観察撮影、ソメワケヤッコyg3cm、オオモンカエルアンコウyg朱色55mmくらいに成長していました、
マツバギンポの群れ、シムランス(藻にカムフラージュしたエビ)、ウサギモウミウシ、タカラガイ2種、アデヤカミノウミウシ、
フジナミウミウシ、イガグリウミウシ、アマミキヌハダウミウシ、ヨセナミウミウシ、コナフキウミウシ、コヤナギウミウシ属の一種、
などなど他いろいろなウミウシが見れました。
ムラサキウミコチョウは遊泳行動がちょいちょい見れるようになってきました。
クジラのソングは31日に聴こえましたが、4月以降はなかなかクジラに会うことは珍しくなってくると思います。
ホエールウォッチング協会のホエールウォッチングも31日が最終日となりました。
この頃のクジラの歌声は遠くから聞こえるからかもしれませんが、何かもの悲しげな哀愁が漂う歌声なのです。
恋人がなかなか見つからないシンガー(独身のオス)なのかもしれませんね。

いったん22.0度まで低下した水温は29日から22.8~23.0度に上昇。
約1度上昇すると体感的に全然違っていて23度の時は温かく感じました。


昨年の夏の思い出。
美しいサンゴ礁の上にキホシスズメダイygとオキナワスズメダイが群れる風景。
いつ見ても癒されます。


昨年8/20の船上風景。
この日はゲストさん1名のみ。
ありがとうございます。


昨年の夏の思い出。
カメラを持っていないときに限って凄い子に出会う!!
可愛いイッポンテグリyg(17~18mm)。
もちろんゲストさんみんなで激写大会でした。
『いいなぁ、みんな、うらやましいなぁ~』と思いながら観察。
この写真はゲストさんからいただきました。

陸域ではモンシロチョウ類が出現し始めて風が弱かった31日は少ない数ですが海上を隣の島へ
横断するモンシロチョウが見られました。
ヤツガシラも飛来しているようですが僕はまだ確認できていません。

本日は船底掃除や船のメンテナンスを実施。
この冬はずっと器材室をすべて壊して作り直す作業で終わってしまったので、船の整備はこれからなのです。
4月中旬までに各種整備を終わらせます。

明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2022.03.23
ザトウクジラのド迫力連続20回ブリーチ!!

みなさん、こんばんは。
昨日ニンガチカジマーイで海が時化ましたが、本日南側の波がなくなったケラマ諸島阿嘉島。

3月11日営業スタート以来、昨日以外は毎日潜っております。
11日~本日23日までのログ抜粋を以下に記します。
見れた風景は、カスミチョウチョウウオの群れの中をグルクンの大行列が何度も通過する魚群風景、
一面に広がるウミキノコ畑にキホシスズメダイが群れる風景、枝サンゴの群生上にハナゴイとグルクン若魚が群れる風景、
スカシテンジクダイが根を包むように群れる風景(一部にキンメモドキygの小群)、
リュウキュウキッカサンゴと枝サンゴとテーブルサンゴの混生風景、
スカシテンジクダイとキンメモドキygの群れを捕食しようとハナミノカサゴの群れ(10個体以上)がアタックを仕掛ける風景、
キビナゴの大群にスマガツオ2個体が何度も捕食アタックする風景、
渓谷の両サイドにポリプ満開のイソバナが群生する美しい龍宮風景、
砕ける波と霧にキビナゴとギンユゴイが群れる風景、
カスミチョウチョウウオの群れとウメイロモドキの群れが合体した美しい魚群風景、などなどでした。

見れた大物は、営業スタート日にザトウクジラの親子連続20回以上のブリーチを見ることが出来ました!!
最初の5回はドッカンドッカン!!もう怖いくらい近すぎて船が壊れないか心配でした。
お客さんはもちろん大興奮大絶叫!!
それ以外の水中で見た大物は、アオウミガメ6個体、タイマイ4(うち3個体は食事中)、イソマグロ9個体、
大型のロウニンアジ合計5個体、サワラ、ホシカイワリ、大型のヒトヅラハリセンボン、クロヒラアジ2個体、コブシメ。
マクロ系のポイントが多かったので大物は少なめでした。

見れたマクロ生物は、ピグミーシードラゴン(只今キープ中!!)、モンツキカエルウオ、マツバギンポ、ハダカコケギンポ、
アマミスズメダイyg、ボタンウミウサギガイ、ヤシャハゼ3個体、キイロサンゴハゼ、ダルマハゼ、クロヘリシロツバメガイ、
オドリカクレエビ、オオモンカエルアンコウyg(朱色)、ツマジロオコゼ、ウサギモウミウシ、アオウミウシ属の一種、
ニセクロスジイソハゼ、ヒレナガヤッコyg(3cm)、ピグミーシーホース3個体(ピンクのイボイボ)、コビトスズメダイ6~7個体、
アカメハゼの群れ、ミカドチョウチョウウオyg、ニューギニアベラyg、ベニゴマリュウグウウミウシ、シロタスキウミウシ、
アデヤカミノウミウシ、トウモンウミコチョウ、ムラサキウミコチョウ(たくさんいます)、ハナイカ(何度も出現している実績あるポイントにて)、
アカテンイロウミウシやオトヒメウミウシはけっこう会えています、ヒメアオギハゼ成魚5個体、トゲナシカクレエビ(赤黄色)、
などなど他ウミウシがたくさん見れております。

ピグミーシードラゴンは営業スタート初日に発見して、それ以来何度も見に行っていますが同じところに付いております。
ここは以前から環境的に絶対にピグミーシードラゴンが出ると確信していて出会いを待っていました。
今1個体だけなんですがもう1個体出現してほしいなぁ~!!と祈っています。

水温は22.6度まで上昇したのですが、18日の時化で22.0~22.2度に下がっています。

クジラも18日の時化以来、水中でソングは聴こえるのですが、ダイビングの移動中にザトウクジラに会えなくなっています。
ついに北上の旅立ちが始まったのでしょう!!
確実にザトウクジラを見たい方は3月20日よりも出来るだけ前の日程で来ることをオススメします。


昨年の思い出の写真。
アオヒトデに共生していたヒトデヤドリエビのマクロ風景。
エビよりもアオヒトデの表面の質感が大好きです!!
だけどアオヒトデにエビ付いているのは珍しいんですよ~。
しかし、一度見つける大移動はしないので、しばらくは見れるんですよ。


昨年8月の思い出。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


昨年夏の思い出。
イソバナにスカシテンジクダイygが群れるところにグルクンygの大群が中層から降りてきてイソバナに
合体した瞬間の風景。
おそらくグルクンygたちは何か大物にアタックされたのでしょう!!

さて本日1週間ぶりくらいに小雨が降る中、後原線のウォーキングに行ってきました。
ウグイスの歌声が響き癒されました。
ツツジは見頃のピークかピークをやや超えた感じです。
稀少な白色のツツジ以外にもっと稀少な薄ピンクがあります。
ヤマモモは成熟してきていてけっこうすでに取られている形跡あり。

明日24日~25日はご予約がなくお休みです。
まだ完成していない器材倉庫の屋根と壁を完成させなくちゃ。
明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2022.03.07
器材倉庫70%完成!!

みなさん、こんばんは。

本日は小さな低気圧が通過して1日中雨のケラマ諸島阿嘉島。

4日(金)から営業する予定でしたが、ご予約が入らなかったため11日(金)から営業スタートすることに決めました。
座間味島の多くのショップさんはとっくに営業スタートしていて潜っていますが、ウチはまだです。
例年よりもちょっと出遅れた感じですが、焦らずゆっくり行こう。

器材倉庫は70%出来ました。
残りはGW前までに少しずつ完成させます。
明日午前中だけ作業して、午後からは片付け掃除~。
この冬はずっとお店の修繕大工作業をやっていた印象。
だけどお客さんから見てもお店は何も変わっていないように見えると思います。
見えないところばっかり修繕したので~。(笑)


昨年の思い出の写真。
枝サンゴに小さな小さなコバンハゼyg(約10mm)が外を眺めているマクロ風景。
可愛かったなぁ~!!

 
昨年8/16の船上風景。
北浜の海上にて。
良い光が入って綺麗でしたねぇ~!!
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


昨年の夏の思い出。
群舞するデバスズメダイygを撮影するゲストさんの風景。
光線のラインもいい感じで入りました。

さて陸域ではヤマモモが熟してきております。
山が新緑に変わってきております。
ご近所さんからは旬のアーサを頂いて天ぷらにしたりして頂きました。
旬のものは美味いなぁ~!!

明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2022.02.26
長雨終わり季節が・・・・・!!

みなさん、こんばんは。
24日まで連日雨が多かったのですが、25日からは雨が降らなくなったケラマ諸島阿嘉島。
気温も上昇して季節が変わったかのように感じられます。
寒さのピークは越えて春めいてきました。
器材倉庫の改装作業は結局、屋根も交換することになり自分一人でやるにしては大規模工事になってきております。
2/3まではほとんど雨が降らない予報なので、それまでに屋根を取り付けなくては!!
本日は昨日ブロック上に作った型枠にセメント作業。
セメントが固まるまで時間がかかるため明日、型枠をはずせません。
明日は別の作業を頑張ります。


夏の思い出。
グルクンygの大群に包まれているゲストさんの風景。
大群に包まれるのはまさに至福の時ですね!!


昨年8/15の船上風景。
男岩を背景にパチリ。
スマガツオとツムブリの群れがキビナゴの大群に猛烈アタックする弱肉強食の世界が迫力でした!!


イソバナを背景に撮影出来るハタタテハゼを見つけました。
ピンボケのナガサキスズメダイygも遠近感が出ていい感じ~!!
普通種を背景が美しい所にいるマクロ風景のガイドも得意としております。

沖縄県は21日から蔓延防止期間が解除されたのですが、20日以前よりも今の方がコロナの新規
感染者数が増加中です。
本日854名で先週よりも増加していて3/4からの営業スタートが心配。
心配していたBO2が確認され始めているので日本も入れ替わるのかもなぁ~。
今のところ3/4からのご予約はありませんが中旬くらいからご予約を頂いているので減少してほしいものです。

ロシアが仕掛けた戦争が始まった影響でか?船の燃料の価格が上昇。
第3次世界大戦のきっかけにならないことを切に願います。
早く平穏な日に戻りますように。



« prev: 
» next: 
2022.02.20
器材室改装工事中!!~ウグイス初聴!!

みなさん、こんばんは。

 

雨が多く強い北風が吹き荒れる日が続くケラマ諸島阿嘉島。

連日雨のため器材室の改装工事が遅れております。
工事と大げさに言っていますが自分一人でコツコツとやっているだけです~。(笑)
今のところ出来上がったのは、台所の収納、玄関の扉、器材室の棚、BC、フィン、マスク、シュノーケルを収納する棚です。
本日はブーツを収納する棚を製作中です。
ブーツは使い込んできたものを普通に置いていると上の方が折れ曲がってしまうので、棒みたいのを作ってそこに差し込む方式にしました。
改装中に5年以内くらいにシロアリに食われた部分を発見(シロアリの姿はもういませんでした)してしまい、さらに修繕工事することが増えました。
シロアリの姿はなく材木だけスカスカになっておりました。
コロナで内地にも那覇にも行けませんが、これだけの工事をすることが出来る時間をもらえたと思ってコロナに感謝しようとプラスに考えるようにしております。

17日(大安)に今年1年の健康と無事を祈る拝み(島の風習)を行いました。
毎年旧暦の1月中に行うようにしております。
今年も健康で安全に過ごせますように。

沖縄県のコロナ新規感染者数は高止まりが続いていますが、蔓延防止重点措置が明日20日いっぱいで解除になることになりました。
21日から3月31日までは『感染再拡大抑制期間』と定め、もしも新規感染者数が再び増えた場合蔓延防止重点措置の再適用を国に
要請するようです。

全国的にコロナの感染拡大が高止まりの状態なので、3月~GWのご予約が例年よりも少ない状況です。
GW後半は例年と違ってすいている状況です。(泣)


満開のイソバナと色彩豊かなウミシダの群生風景。
慶良間の水中はカラフルで様々な色に彩られています。


昨年8/14の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


ウミエラにセボシウミタケハゼygがたたずむマクロ風景。
この子、小さかったなぁ~!!

毎日お店の改装修繕大工仕事をしていて、唯一海へは週に1回保全活動に参加しています。
水温は先週21.3度。
座間味のお友達の情報によるとザトウクジラは今年ベビーラッシュのようです。
でも2月は時化る日が多く見るなら3月初旬~中旬が良いでしょう。
コブシメの産卵も始まっているんだろうなぁ。
ウミウシもたくさん出ているんだろうなぁ~!!
早く大工仕事を終わらせて調査ダイビングに行きたいです。

陸域では森のにおいが強くなってきております。
この匂いが春を感じさせます。
ヤマモモの実がどんどん実り始めております。
もう赤くなってきている木もありました。
さらに17日には後原線でウグイスの美しい歌声がそこら中から聞こえました。
それまで全く聞こえていなかったのに。
大雨でなければウォーキング行ってますので山が楽しいです!!
ケラマツツジは見頃を迎えています。
寒緋桜は一番多く花を付ける木が花を落としました。
他の木はピークかピークを越えた感じです。

明日もお店の改装工事をコツコツと頑張ります。

« prev: 
» next: 
2022.02.07
3回目のワクチン接種完了!!

みなさん、こんばんは。

只今、カジマーイ中のケラマ諸島阿嘉島。

※カジマーイ:風向きが変化してゆくこと
風速も強く荒れ模様です。
今は強い南風ですがこれから雨を伴って早朝頃に北風に変化するでしょう。

2月5日(土)に3回目のワクチン接種をすることが出来ました。
これで一安心です。
翌日の6日は左腕が痛くて大工作業を休みましたが、本日から大丈夫になり作業再開。
1月初旬から2月初旬は雨が多かったせいもあり、器材室の改装作業は進んでいません。
その前に台所に収納を製作しました。
明日から器材室を改装大工作業します。
材料が足りるか心配ですが、あるもので出来るところまで作ろうと思います。

断捨離はけっこう出来ました。
これから器材室にあるものも断捨離していこうと思います。

確定申告も完成して必要書類も送ることが出来たし、船も陸揚げできたし今日はいろいろと進めることが出来ました。


7/10撮影のヤシャハゼ。
この日はとても元気に流れてくるプランクトンを捕食しておりました。


昨年8/13の船上風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


コーラルウェイの美しいサンゴ礁と水面の色彩美風景。
心洗われて癒されたなぁ~!!

現在沖縄県は新規感染者数が高止まりから少しだけ減少傾向にあります。
しかし、新型コロナの亜種BA2が心配材料です。
BA2の感染拡大が始まれば第6波の収束は遅れることになりますから。
営業スタートの3月4日に良い状況になっていることを願います。

明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2022.01.29
断捨離中!!

みなさん、こんばんは。
本日はこの時期にしては珍しく1日中雨が降り続いたケラマ諸島阿嘉島。

昨日から本格的な断捨離を実行中です。
実行前にテレビで断捨離の番組を見たためさらにやる気がアップしました。(笑)
断捨離が終わったら玄関に鹿よけの扉を作ったり、器材室の改装をする予定。
しばらくはラジオを聴きながら楽しい大工作業の日々が続きそうです。
しかし、週間天気予報には雨マークが多く作業が出来ることやら?

後原線の寒緋桜はほぼ満開になりました。
頂上付近のケラマツツジもほぼ満開で見頃を迎えております。
頂上以外の場所のツツジは次々と咲き始めておりますが、おそらく2月中旬頃が最高の見頃かもなぁ。
先日、ついにこの頃から始まる森から何か花などの強い匂いが感じられました。
春の訪れが近づいているようです。
海ではザトウクジラが見られているようです。
ウミウシもいっぱいいるんだろうなぁ~!!
早く潜りたいけど、この時期にしかできないことをしっかりやってシーズンスタートの準備をしておきたいです。


昨年7月の思い出。
枝サンゴとリュウキュウキッカサンゴの混生風景をお散歩中のゲストさんたちの風景。
綺麗でしたねぇ~!!


昨年8月11日の船上風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


ショウガサンゴのジャングルをノコギリハギygがお散歩中の青ぬきマクロ風景。
ノコギリハギygは可愛いだけではなく、いろいろな色彩と色濃度に変化するので面白いですよぉ~!!

さて沖縄県はコロナ感染者数が高止まりから減少傾向にあります。
だけど本当にこのまま減少を続けるのかは不明?!
米軍が今月末くらいまでは外出禁止令が出ているようなので、それが減少に影響したのかな。
また米軍が外出できるようになったら増えたりして~?

明日も思い切った断捨離をやるぞぉ~!!
物にも『今までありがとうね!!』とつぶやいて感謝をしてから捨ているようにしています。

« prev: 
» next: 
2022.01.18
オバア、ありがとうございます!!

みなさん、こんばんは。

 

この時期特有の雲に包まれているケラマ諸島阿嘉島。

昨日、ミイシキのオバアがお亡くなりになりました。
僕が阿嘉島に移住した22歳の時からずっといろいろとお世話になりました。
感謝です。
オバア、今までたくさんありがとうございました。
今頃、天国でオジイと再会できていることでしょう。

さて、ここ数日間は、ゆるーくのんびりと確定申告の作成作業をやっております。
完成はまだまだかかりそうです。

1本の桜だけが開花が進んでおります。
後原線頂上付近のケラマツツジは次々と開花。
アグ入り口付近のケラマツツジもちらほら咲き始めております。
春の足音が遠くからゆっくりと近づいているようです。


タルミノウミウシです。
このガヤのような生え物を食しております。
先端部や右下の枝は食べ終わったところ。
潮通しが良い砂地に生息しております。


昨年7/17の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのご利用をお待ちしております。


昨年の思い出。
イソバナにキンメモドキとスカシテンジクダイが群れているところにユカタハタが現れる風景。
また春に水中がにぎやかになることを楽しみに事務作業やメンテナンス作業などをしながら
待つことにします。

先週は出ようと思った保全活動がトンガの津波(空振による波)で中止になってしまったので、
明日こそは参加しよう。
水温が何度になっているかなぁ?

明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2022.01.14
☆桜開花☆!!

みなさん、こんばんは。

寒波の影響で本日まで連日の寒い日が続いていた慶良間諸島阿嘉島。

 

8日から冬季休業に入り、お勝手口の修繕、シャワー室上に保管している長物の材木の整理、
器材室の改装に使用する材木の注文、船のエンジンの清掃、船を陸揚げ、などなどが出来ました。
あと確定申告の作成を開始しまして、しばらくは苦手なPCに向かい合っている日々が続きそうです。

11日に後原線の寒緋桜の開花開始を確認しました。
1本だけスゴイ咲く木がありまして楽しみ!!
おそらく緋寒桜は来週には見頃になるのでは?と推測。
ケラマツヅジもどんどん開花が始まっています。
暦の上では真冬ですが、陸域では春の訪れを感じる日々です。


昨年7/7の思い出。
満開のイソバナに隣接して暮らすクマノミ夫婦の周りに若いキホシスズメダイたちが泳ぐ風景。
慶良間らしい美しき風景です。


7/16の船上風景。
皆さん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


イソバナにくっついているナガサキスズメダイygの正面顔右寄せマクロ風景。

沖縄県の感染者数がとんでもない人数になってきました。
はたして1日2000人超えてしまうのか?
PCR検査数の限界でそこまでいかないかなぁ?
そして、ついに村がクイーンの運航を火曜日と金曜日のみにするという発表がありました。
フェリーザマミは通常通り運航します。

明日は保全活動に参加して、確定申告作成作業も頑張りま~す!!

« prev: 
» next: 
2022.01.08
本日より冬季休業!!

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

本日の沖縄県のコロナ感染者数は1759人。
お休みなのに那覇に行けるような状況ではありません。
今年もコロナに翻弄される1年になるのだろうか?
先が見えませんが3月4日(金)営業スタート日には万全な体制が整えられるように準備していきたいです。
それまで確定申告作成、お店の修繕、船のメンテナンス、レンタル器材のメンテナンス、各種事務作業を
コツコツと実施していきます。

そして冬季休業初日の本日はお店のお勝手口の扉を支えている部分がシロアリに食われてしまったので、
そこを交換して扉を付けなおしました。
明日はその続きの作業をやり終わらせる予定です。
久々にやった大工作業は楽しいなぁ~!!
やっぱり親父が宮大工だったのでその血が僕にも流れているんだろうなぁ。
もちろん親父のように上手には出来ませんが~。(笑)


オレンジ色のカイメンにいるオキナワベニハゼの正面顔です。
寄りは慎重にゆっくり寄らないと逃げられますので気を付けましょう。


7/15の思い出。
700本記念のお祝いを短時間ですが店内で行いました。
今シーズンは店内でのログ付けは実施しませんでしたが、お祝いがあるときだけ短時間にて行いました。
店内に空気清浄機も設置しました!!


8/26の思い出。
ハマクマノミを観察中のゲストさんとウミシダがある風景。
遠くにいるゲストさんのシルエットもいい感じ。

明日もお店の修繕大工作業を頑張ります。

コロナ第6波を無事に過ごせますように祈っております。

« prev: 
» next: 
2021.12.26
23日から再開!!

みなさん、こんばんは。

 

クリスマス寒波の影響で最低気温13度まで低下しているケラマ諸島阿嘉島。
気温13度は阿嘉島にしてはかなり寒い方なのです。

12月22日まではお休みしていましたが23日から営業スタートしております。
23日から25日までのログを以下に記します。

見れた風景は、テーブルサンゴと枝サンゴなどの混生にスズメダイ類が群れる風景×2ポイント、
ウメイロモドキを含むグルクンの大行列風景←調査ダイブポイントにて、
ポリプ満開のイソバナが群生する渓谷にハナゴイが群れる風景←調査ダイブポイントにて、
スカシテンジクダイとケラマハナダイなどの華やかな混生風景、
漁礁にナンヨウツバメウオ2個体が混じるアカククリの群れ風景、
黄色の群れ4種(ロクセンフエダイ、ヨスジフエダイ、キンセンフエダイ、アカヒメジ)の風景、などです。

見れた大物は、アオウミガメ4個体、ネムリブカ2個体、イソマグロ1個体、ホソカマスの群れ、
巨大マダラトビエイ、コブシメ1個体です。

見れたマクロ生物は、コクハンアラyg8cm、フタイロサンゴハゼyg、サツキギンポの群れ、
ハタタテギンポyg、オウゴチョウイソハゼ、ナマコマルガザミ、フタイロハナゴイ、ベンテンコモンエビ、
アワイロコバンハゼ、アデヤカミノウミウシ3個体、ハナビラミノウミウシ、ヒラムシ4種、ハナゴンベ、
ジョーフィッシュ、コビトスズメダイ3個体、イソバナガニ、キイロハギyg、などなど他いろいろ。

水温はほぼ22.4度でしたが、潮が通らない内湾環境の浅所では21.9度を記録しました。
水温下がってきましたのでフード付きの厚みがあるスーツが望ましいです。

実は調査ダイビングも行いました。
面白かったので実用化に向けてさらなる調査を行う予定です。

すでにザトウクジラが発見されている情報は入っているのですが、まだ僕は見れていません。
水中でザトウクジラのソングもまだ聞こえていません。
早く会えますように!!


8/25の思い出。
弊店が得意とする外洋性無人島のあるポイントにて、ハクテンカタギのペアとシテンチョウチョウウオ
のコラボ風景!!
同じポイントに生息しているけど、なかなか両者を一緒に撮影することが難しいのです。
ハナヤサイサンゴのポリプを食しては移動しています。


7/12の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


イソバナの枝間にいるミナミゴンベygの青ヌキ撮影。
撮影したい方はリクエストしてくださいね~。

明日も最低気温13度の予報で寒いまんま。
寒さが吹き飛ぶくらいに面白いガイドが出来るように頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2021.12.16
太悟のアメフトの試合応援へ!!

みなさん、こんばんは。
久々の更新です。
更新をサボってしまっていてごめんなさい。
これからはもうちょっと頻度を上げて更新します。

11/26に今シーズンラストガイドをして27日からお休みに入りました。
12/1~7まで内地へ行って、約2年ぶりのお墓参り4ヵ所(千葉県、群馬県、横浜、鎌倉)へ行ってきました。
久々にご先祖様に会って手を合わせ心の中でお話をしてきました。
もう一つの目的は太悟のアメリカンフットボールの最後の試合の応援でした。
神奈川大学vs日本体育大学で残念ながら神奈川大学は負けてしまいました。
太悟はディフェンスバックとラインバックを担当。
4年生だけあってかなりの時間出させてもらえていました。
太悟がまっ正面から正面衝突的にタックルが決めるシーンを見ることが出来ただけで満足!!
もちろん他にも良いプレーがありました。
夜は家族4人で焼き肉を食べながらいろいろな話をすることが出来ました。
最後に1泊だけご褒美で以前から行きたかった富山県の八十八荘へ直子と宿泊して気分転換してから帰沖。

島に帰ってきてからは主に事務作業。
港内の軽石の回収作業も参加して、綺麗になりました。
しばらくは地道に回収作業の継続を繰り返すしかないでしょう。
本日、プリンターが壊れてしまったので購入したプリンターをセットアップ。
年賀状の写真を決めてからソフトで文字を入れたりデザインしました。
明日は年賀状を購入してから印刷を開始したいなぁ~。
初めて使用するプリンターなのでちょいと不安だけどなんくるないさぁ~。

本日、後原線をウィーキングしていたら早くもケラマツツジの開花が始まっているのを発見!!
早いなぁ~!!
桜も蕾が出来つつあります。
まだこれからが真冬本番なのですが春の訪れが近づいていると感じることが出来ました。


8/24の思い出(コーラルウェイ)。
美しいサンゴ礁と水面の風景。
ぜひ阿嘉島で元気いっぱいのサンゴ礁をお楽しみください。


7/10の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/30撮影のアオサメハダウミウシ。
紫色のカイメンにカムフラージュして着生する。
下側の白っぽい色は食跡です。
ってことはバックしながら食べているんですねぇ~。

12月初旬に内地へ行ったので例年よりも年賀状作成が遅れていおります。
プリンターのインクの注文が遅れたため、インクが届くのも遅れるため、どうやら年賀状は元日には届かないかもです~。
少々お待ちください。

« prev: 
» next: 
TOP