menu
海バカ日記
カテゴリ
2020.01.21
18~19日は今年一番の寒さ!!

みなさん、こんばんは。

 

阿嘉大橋から見ると風もなく静まり返った海のケラマ諸島阿嘉島。

19日の明け方は寒気の影響で寒かったなぁ~!!
たぶん13~14度くらいだったっでしょう。
しかし、体感的には12度くらいでした。
今日は気温が少し上がりまして、明日は沖縄が高気圧の範囲に入りさらに気温が上昇しそうです。

19日夜は焼肉パーティーに参戦。
楽しい宴でした。

17日から始めた確定申告作成作業は明日いっぱいで終わりそうな感じです。
しかし、ホントにPC作業が苦手で困りました。
お店の修繕大工とか体を動かした仕事を早くしたいです。


9/23撮影のアオイソハゼ。
ギリギリまで寄れました。
本種はヒレが開いたところを狙いたいですね。


9/17の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


10/2撮影、バリバリと食事中のタイマイからおこぼれをもらおうとまとわりついているツノダシのペア
とそれを観察中のゲストさんの風景。
只今ゲストさん一人一人にこのような撮影した写真を送付中です。
2月いっぱいまでに送り終えなくちゃ。
みなさん、気長に待っていてねぇ~!!

さて明日も確定申告が出来上がるように頑張ります。


« prev: 
2020.01.17
寒波が南下!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は北風が強まり時々にわか雨が降るケラマ諸島阿嘉島。

 

今日でダイビングの冬季休業期間に入って10日がたちました。
ウミウシ増えているかなぁ~!!
コブシメの産卵始まったかなぁ~??
とか営業スタートまで想像して過ごします。

部屋に多くなってしまった書籍と書類の断捨離が終わり、部屋がスッキリ!!
どうしても書籍は捨てる前に読んでしまったりして捨てるのに時間がかかりましたぁ~。(笑)

それからやっと確定申告に取り掛かりました。

ここ2日間とも夕方に小雨が降るためスロージョギングが出来ず~。
明日こそは走りたいです!!


9/26撮影、美しいサンゴ礁をシュノーケリングする4名のゲストさん風景。
阿嘉校卒業の子の紹介でお友達が4名ボートシュノーケリングしに来てくれました。
ありがとうございます。
感謝です。


9/14の船上風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


9/23撮影、可愛いクマノミ正面顔。
イソギンチャクの先端の色彩も美しく素敵です!!

記録によると1967年1月16日に那覇で6.6度になったらしいです。
さらに2011年は久米島であられが降りました。
この時、阿嘉島でも一瞬でが細かいあられが降りました。
昔から1月中旬は最強寒波が下りてくる時なのでしょう。
なぜこの時期に冬季休業するのかにもちゃんと意味があるのです。
明日は関東も雪が降るかも??という予報。
阿嘉島も明日は今日よりももっと冷え込む予報です。
例年よりも偏西風が北側を流れていて上空の寒気が南下しにくい影響で沖縄のこの冬は暖冬です。
しかし、さすがに明日はちょっと来そうですね~。

それではみなさんまた明日。


« prev: 
» next: 
2020.01.17
断捨離スタート!!

みなさん、こんばんは。

 

本日真っ青な快晴だったのですが昼過ぎから雲が多く立ち込めて夕方に前線通過のケラマ諸島阿嘉島。

夕方から大雨が降りました。
日中、南風で20度以上になり暑かったのですが、今は西風で涼しくなってきました。
明日は北風なので気温が下がるでしょう。
冬は良い天候にはなるのですが、その状況はあまり長く続かないことが多いです。

さて旬のザトウクジラですがホエールウォッチングをやっている座間味島の方の情報ですとクジラはちゃんと見れているようです。


15日は保全活動に参加してレイシガイを採取。
水温21.7度でした。
さすがに22度を切ると寒いですねぇ~。

昨夜、テレビでテルピオスカイメンが沖縄本島で急増しているというニュースをやっていました。
テルピオスカイメンは生きたサンゴを少しずつ被覆してサンゴを殺してしまうものなのです。
ケラマにも見られるカイメンなのですが沖縄本島のように増えてしまったら怖いなぁ~。
只今、研究者がどのようなメカニズムで繁殖しているのか?調査中のようです。
早く解明されて我々が出来ることは何なのか?知りたいです。

確定申告のソフトの設定が出来なかったため、本日は自分のお部屋の整理整頓、清掃、断捨離を実施。
今日は書籍と書類をかなり断捨離しました!!
断捨離は書籍と衣服から始めるのが良いそうなので。
今まで貧乏性で捨てられませんでしたが、ついに捨てられるようになりました。
この冬は2部屋の倉庫も断捨離を実施予定!!
頑張ります。


9/17撮影、コンペイトウウミウシと出会いました。
和菓子風で綺麗で美味しそう~!!
これに似たハルゲルダ・バタンガスの方がレアですね~。


9/13の船上風景。
ワイドからマクロまでバランス良く楽しめましたねぇ~!!
またのお越しを楽しみにお待ちしていおります。


9/17撮影、テーブルサンゴが群生する根の絵ウニロクセンスズメダイやキホシスズメダイが群れ
踊る風景。
ゲストさんがサンゴ礁の上に群れる魚群の中をゆったりお散歩。

明日は確定申告作成始められるといいなぁ~。
明日も掃除と断捨離、事務作業を頑張ります。

GWお越しの予定の方は至急メールください。
宿のお部屋がなくなりそうです。

« prev: 
» next: 
2020.01.14
祝☆太悟が成人式☆!!

みなさん、こんにちは。
久々の更新です。

8日から冬季休業期間に入っております。

成人式の準備に奔走した日々が続き11日はトリムマラソンに参加。
そして12日に座間味村成人式に太悟が出席して晴れて大人の仲間入りすることが出来ました。

座間味村の式典後は阿嘉島でかねてから準備してきた祝賀会を実施して島の皆様に祝っていただくことが出来ました。
太悟を含めた3名は島の方々が座る各テーブルを回り、挨拶とお礼をしてアドバイスや激励をしていただきました。
出席してくださった皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございます。

太悟は試験期間中で13日には帰りまして、ほんの少しの時間しか一緒に過ごすことが出来ませんでした。
それでも少しばかりですが成長してきている姿を見ることが出来て嬉しかったです。

 

本日は家(お店)の拝みを行いました。
今までは正次郎さんにお願いしてやっていただいていましたが、今年からは自分たちでやることになりました。
今まで正次郎さんに教えていただいたことや書籍を参考にこの1年の感謝の拝みを行います。
旧正が過ぎたら1年の無事を祈る拝みを行います。


9/17撮影、トゲサンゴの枝で空を見上げるアカネダルマハゼyg。


9/12の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


9/12撮影、空へ向かって羽ばたき上昇してゆくタイマイの風景。
太悟がこのタイマイのように羽ばたいて飛んで行けますように。

さて午後はまだ手を付けていない確定申告の作成作業を始めます。

« prev: 
» next: 
2020.01.07
青空と静かな海続く!!

みなさん、こんばんは。

本日、青空が広がり海も安定しているケラマ諸島阿嘉島。
大晦日までは時化ましたがそれ以降は晴れて波がなく静かな日が続いております。

 

5日は優悟(次男)の誕生日でした。
まだまだかなり子供ですが少しずつ成長しております。

そして同じ日の夜に先輩ガイドの還暦祝いに参加。
やはり三線でカチャーシー踊って盛り上がりました。
先輩ガイドも嬉しそうで良かったです。
自分も今から約10年後に還暦なのでそれまで一日一日を大切に充実した10年間にしようと決意。

 

以下は5日の海情報です。
見れた美しいワイド風景は色彩豊かなトサカ類が群生する渓谷風景、複雑な穴地形風景と所々に見える沖のブルー、
キビナゴの超大群にスマガツオ2個体とツムブリ6個体が猛烈捕食アタックする風景、
ヤマトミジュン(イワシの一種)の団子状群れを追いかける大型のスマガツオの風景(←綺麗で迫力あり!!)、
大型のユカタハタのペアがキンメモドキ、スカシテンジクダイの群れに包まれる風景(←スゴイ寄れます!!)、
美しいサンゴ礁に小魚が群れる逆光風景、砂地のサンゴにデバスズメダイの群れが舞い踊る風景、などです。

見れた大物はスマガツオ3個体、ツムブリ6個体、大型のオニカマス、クロヒラアジ2個体、
カスミアジ3個体、などです。

ダツ100個体ほどの群れが浅所の水路にかたまっていました。
最初、サヨリかと思いましたが近寄って見るとダツでした。
こんなに集まるのは繁殖行動なのか??


見れたマクロ生物はシロエダウミウシ、コヤナギウミウシ属の一種、キヌハダウミウシ属の一種、
コミドリリュグウウミウシ、キスジカンテンウミウシ、ハナゴンベyg、ホシゾラワラエビ、
ミヤコキセンスズメダイyg、モクズショイ、ヒラツノモエビ、オドリカクレエビ、シムランス(藻みたいなエビ)、
アワセイソハゼ属の一種、オレンジウミコチョウなどなど他いろいろ見れました。
ゲストさんのリクエストで本格的なウミウシ探しをやりましたが、稀少種も少し出てきていました。
昨年よりは普通種、稀少種ともに少し多い感じがします。

水温22.8~23.0度。
透明度良好です!!


9/18撮影、太陽が差し込むクレバスを抜けておきのブルーへ向かってゆくゲストさんの風景。


9/11の船上風景。
青空と立ち並ぶ露出岩礁を背景に撮影。
みなさん、ありがとうございます。


9/17撮影、美しいお花畑をお散歩中の16mmくらいの小さなイソハゼのマクロ風景。
いつも身近にいるマクロ生物をより美しく撮影するフォトガイドをやっております。
常にどこに美しさが存在しているのか?を探し求めていて撮影ヵ所を多数保有。
場所だけでなく撮り方もレクチャーしております。

7~8日のゲストさんがキャンセルになったため、明日の午前中2本で最終ガイドとなります。
1月8日~3月4日まで冬季休業期間です。

明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2020.01.04
明けましておめでとうございます!!

みなさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年も健康で安全に素晴らしいガイドが出来るよう日々精進していきます。
今年3月には50歳になることから初めて大腸カメラをやる予定。
今からの10年間が自分にとってとても大切な期間になると思っております。
ガイドの集大成に向かって日々勉強していく所存です。

さてお正月はお酒を飲む機会が多くありブログ更新が出来ずやっと今日から落ち着きました。

海況は大晦日だけ大時化になりフェリーとクイーンが全便欠航に。
1/2からは海が静かになり、毎日晴れてきております。

以下が31日から本日4日までの海情報です。
年末年始はマクロ狙いのゲストさんが多かったのですが海況も良くなり3日と4日はワイドも行ってきました。

見れたワイド風景は調査中の絶景のサンゴ礁ポイントの全容解明がほぼ出来てきております。
やはりここのサンゴはスゴイ!!
これからより詳細を調査する予定です。
3日はもの凄いグルクンの大群に当たりました!!
大物はイソマグロ1個体、巨大ネズミフグ(約1m)、食事に夢中のタイマイ、大接近しても逃げないコブシメ、
巨大アラレフグ(←ケラマでは稀少ですが久場、屋嘉比に少数生息)、スマガツオ数個体。

マクロはフタイロサンゴハゼ、ソメワケイソハゼ、クロオビスズメダイ、ニジギンポsp、ヒメウツボ黄色個体、
アカメハゼの群れ、ミナミハコフグyg15mm、イソコンペイトウガニ、ガイコツパンダホヤ、マツバギンポ、
など他いろいろ見れました。
ウミウシは基本的な一般種はかなり出現してきております。
シロボンボンウミウシにも出会いました。

本日は大晦日よりも水温が上昇してきていて水温22.8~22.9度。


9/12撮影のアシボソベニサンゴガニ。


9/10の某大学潜水部のみ貸し切りの船上風景。
真っ青な空の中、素晴らしい海を楽しんでいただきました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


9/12撮影、広大な砂地に太陽が降り注ぐ中、遊泳中のゲストさんたちの風景。

皆様から心温まる年賀状(メールも含めて)がたくさん届きました。
年賀状、ありがとうございます。

あともう少し頑張れば冬季休業期間です。
頑張るぞぉ~!!

 

« prev: 
» next: 
2019.12.31
ザトウクジラのソング初聴!!~今年もありがとうございます!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は予報ほどは風が吹かず外海へ行けたケラマ諸島阿嘉島。

 

本日見れた海情報は以下です。

午前中はワイド要素があるポイントへ行きつつもマクロも楽しみ、午後はマクロ三昧。

新規のゲストさんのリクエストで午前中はダイナミックなドロップオフと洞窟地形を楽しみました。

 

魚群はカスミチョウチョウウオの群舞、キンギョハナダイとシコクスズメダイ混合の群れ、キビナゴの群れが見られました。

 

大物はナポレオンのみ。

大物ではありませんが洞窟内に住むアカククリを数個体見れました。

 

マクロではピンクレッドドティーバック(体がピンク、尾が赤)、イエローピンクドティーバック(鼻先と尾が黄色、その間となる体はピンク)、
ウコンハネガイ、マツバギンポ、ハダカコケギンポ、モンツキカエルウオ、ムラサキウミコチョウ(←最近多い)、ハナヒゲウツボ(成魚)、
タツウミヤッコ(成魚←ビックリ~!!)、背景が美しいマクロフォトガイド、などなど他いろいろ。

あとダイナミックなポイントで初ザトウクジラのソングが聴こえました!!
この冬から春もたくさんのザトウクジラがケラマの海に帰ってきますように。

本日22.7~23.0度。
この年末年始は昨年よりも水温が低いですが、船上の気温は昨年よりも高いです。
明日寒気が下りてくるので気温が15度以下に下がるのだろうと思ったら17度以上あるみたい。
大したことなくて良かったです。



9/12撮影、マツバギンポのジャスト正面顔、口半開きで何かしゃべっているところ。
しもぶくれで可愛すぎて大好きです。


9/9の船上風景。
同大学のスキューバダイビング部のメンバー+ドイツからの常連さんが潜りに来てくれました。
みんないい子たちばかり。
将来、この子たちが日本を支えるんだなぁ~!!
この子たちなら出来る!!スゴイ!!


9/11撮影、グルクンの大群の逆光風景。
壮大な群れで動きに迫力があり壮観でした!!

さて明日大晦日は忙しくてブログ更新できなそうなので、今年最後の更新が今夜になります。

今シーズンもたくさんのゲストさんたちが潜りに来てくださり、支えてくださり、感謝しております。
数日前の25日クリスマスの日に無事に21周年を迎えることが出来ました。
ありがとうございます。
今シーズンも台風に泣かされたゲストさんも多くいらっしゃると思いますが、これに懲りず
今後ともよろしくお願いいたします。
また引き続きブログ『海バカ日記』のご愛読もよろしくお願いいたします。

明日大晦日のガイドもしっかりと頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.12.29
サンゴの新ポイント調査中!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は昨日までの北側のウネリもほぼ消えて静かになったケラマ諸島阿嘉島。
年末を阿嘉島で過ごしてくれるゲストさんたちが到着して本日は午前1本午後2本に。

 

今日は静かなのとリクエストで美しいサンゴ礁と大物狙いにトライしました。
美しいサンゴ礁は11月に発見した新エリアを調査を兼ねてガイド。
行けなかった、この先を見たい!!と強く思いました。
次回は船の位置をずらしてその先のサンゴ礁を見に調査してきます!!
来シーズンには完璧なコース取りが出来るように研究しておきます。

本日、見れた大物はアオウミガメ4個体、ネムリブカ、大型のイソマグロ1個体、オニカマスでした。

見事なグルクンの群れも見ることが出来ました。

 

マクロはムラサキウミコチョウ、ナンセイキイロウミウシのみです。

水温22.7~22.8度。


8/14撮影のエビさん。
まだ和名が付いていないのかな?
キカイダーのように頭部がスケスケです。


9/3男岩をバックにした船上風景。
この時の男岩は当たりましたぁ~!!
大物魚群続出~!!


9/3撮影、キビナゴの群れがそびえ立つ岩礁を包み、太陽が美しく照らしていました。
キビナゴの群れはキラキラと煌めき輝いていました。
写真ではその煌めきが再現できませんでしたがぁ~。

さて明日までは外海行けるかな?
素晴らしい海が見れますように。


« prev: 
» next: 
2019.12.28
本日よりガイド再開!!~クジラ出ているようです!!

みなさん、こんばんは。

実は26日から那覇休みを取っていて本日クイーン1便で帰ってきました。
ゲストさんも同時に到着して午後2本ガイド再開です。

北側はウネリが入っていましたが外海2本潜ることが出来ました。
2本ともキビナゴの壮大な群れが素晴らしかったです。
2本目はグルクンのすごい群れが大接近する風景をしばらく見ることが出来ました。
見れた大物は大型のオニカマス、藻を食べ続けるアオウミガメ、スマガツオ7~8個体、カスミアジ5個体。
ポリプ満開のトゲトサカとイソバナの群生風景も素敵でした。
2本目のラストはカスミチョウチョウウオとハナゴイの群れを観賞!!
基本的にワイド系ガイドに徹したので見れたマクロはミナミハコフグyg(極小15mm!!)のみ。
この時期に極小サイズのミナミハコフグygが見つかるのは珍しいです。

水温は22.8~23.0度。
19日の午前中に潜った時よりも上昇しております。

久場島に行く途中、2隻のホエールウォッチング船とすれ違いました。
しかし、もうすでにホエールウォッチングしている船はなくて場所を特定できませんでした。
見たかったなぁ~。


9/2撮影、美しいサンゴ礁をボートシュノーケリングしている風景。
もう常連さんのボートシュノーケラー。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


9/2の船上風景。
いつもいつも、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

 


8/5撮影、美しい朱色のトゲトサカに寄り添うハダカハオコゼ。
意図的に左下にハダカハオコゼの顔をもってくる構図にしてユルフワ撮影。
この写真を年賀状に使用しようと思いましたが、やっぱり変更~。
年賀状はワイド派ゲストさんにはワイド風景写真、マクロ派ゲストさんにはマクロ写真で送りました。
こうご期待!!

那覇休みでは波上神宮で今年も健康で安全に過ごせたことへの感謝の気持ちを伝えに行きました。
神棚の木札も買い換えました。
あと水晶の数珠の修理に達磨寺へ。
修理はすぐ終わったので、すぐそばの首里城がどんななのか?もちろん立ち入り禁止でしょうが
もし見れてもショックを受けるだけだし行くのはやめて別の用事へ移動しました。

今年も残すところ、あと3日と1時間だけになりました。
あっという間だったなぁ~!!

明日は再びゲストさんが到着するし頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.12.24
今のところ暖冬な年末!!~大晦日は時化そう!!

みなさん、こんばんは。

 

ここ数日間晴れて温暖な日々が続いているケラマ諸島阿嘉島。

連日の忘年会、プチ忘年会でブログ更新が出来ませんでした。
今夜だけ予定が何もなく休肝日。

年賀状も完成し郵便局に出して、短時間だけど船上げして船底掃除したり、エンジンのかかりが悪かった
ダイビング用の車の修理がやっと出来たり、各種税金の支払いをしたり、写真送付作業などなど・・・・・
他いろいろやっておりました。
スロージョギングも出来た日があり、只今筋肉痛です。(笑)


7/22、イソバナを背景に群れるキンメモドキ若魚の群れをマクロ撮影。
この頃を過ぎるとキンメモドキたちはカスミアジ、エソ、ハナミノカサゴ、・・・いろいろな魚たちに狙われる
ようになります。
時にはイソバナの枝の間から反対側へ逃げたり、イソバナの付け根の穴に逃げたり、みんな必死に
生きている姿なのです。


9/1の船上風景。
この日もGOOD DIVE!!
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


9/2撮影、外海のドロップオフにてカスミチョウチョウウオが群舞する逆光風景。
写真の群れは全体の一部分で写真の右も左も後ろも全てがカスミチョウチョウウオの壮大な群れなの
です。

どうやら30日から寒気の影響が出て、31日大晦日は強い北風で寒くなるようです。
予報が良い方向に変化しますように。

さて、明日もせっせと事務作業です。
明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.12.20
12月に27度超え!!~クジラ観測の情報!!

みなさん、こんばんは。

忙しくて久々のブログ更新です。
本日はエクジット後体感温度が寒くなったケラマ諸島阿嘉島。
しかし、17日は観測史上12月に気温27度を超えたのが101年ぶりだったそうです。
暑かったぁ~!!

つい先日、漁師さんからトムモーヤでクジラがバシャバシャ暴れているのを見たという情報をお頂きました。
例年よりも水温降下が早いから例年よりもクジラの訪れも早まったのかもしれません。

以下は15日以降の海情報です。
見れた美しいワイド風景は何よりも新たな絶景のサンゴ礁ポイントを発見したことです!!
常連さん1名だった時に気になっていたエリアを調査しました。
ここはみなさんにぜひともみて頂きたいので来シーズン活用していきたいです。
その前にさらなる調査を行っておきます。
それからカスミチョウチョウウオの大群にグルクンの大群がかぶさり、さらにウメイロモドキの行列が眼前を通過してゆく
という豪華な群れ風景を見ることが出来ました。
ハマクマノミファミリーにスカシテンジクダイの群れがかぶさる美しい風景も良かったです。
ドロップオフではムロアジの大群にも遭遇することが出来ました。
あるマクロポイントでは3個体のネムリブカがウヨウヨと僕らの周りを常に泳いでいたのが気になりました。
どのような理由であそこまで僕らの周りを泳ぎ続けたのだろうか??謎です。

見れたマクロはメギス科の一種(ピンクと黄色)2個体、アカテンコバンハゼ、ニセアカホシカクレエビ、
美しいホヤの群生に着生しているタテジマヘビギンポ数個体、ボタンウミウサギガイ、トウモンウミコチョウ2個体、
モンツキカエルウオyg10個体以上!!(←夏よりも多い)、モンツキカエルウオ成魚2ヶ所のポイントで合計8個体、
シダラミギキキヨコバサミ、ケフサゼブラヤドカリ、キンチャクガニ、キスジカンテンウミウシ、ハナゴンベyg、
コビトスズメダイ7個体集結!!ケショウハゼ(オス)、ヤツシハゼ属の一種、アカメハゼ、ソメワケイソハゼ、
アカネダルマハゼ、マルミカクレモエビ、ホホスジタルミyg(←動きが早くなってきました!)、イロブダイyg25mm、
オドリハゼ、・・・・他いろいろ見れました。
ウミウシ類が11月と比べると格段に増えてきているのがここ数日間で実感しております。

水温は22.5~22.7度。


7/22撮影のスジハナダイ。
この写真はNHKの番組に使用されました。
10個体くらいかたまって群れているところをたまたま知っていたので良かったです。
しかし、綺麗な魚だなぁ~!!


8/30の船上風景。
全員空手やっている方々なのでポージングしてくれました。


8/31撮影のケーブ内に差し込む光のオーロラ風景を観賞中のゲストさんたち(左側)の風景。

さて12月に入っても少人数ですが毎日ゲストさんがいるか、幼馴染友達が遊びに来ているか、で
毎日忙しくてあっという間に下旬になろうとしております。
本日19日午前中2本でガイドが終了してゲストさんたちは午後のクイーンでお帰りになりました。
やっと明日から28日午前中までお休みです。
明日から年賀状の制作に取り掛かります。
こんなに年賀状作りが出来ていない年は初めてです。
やることは他にもいっぱいあるのですが年賀状を最優先に頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.12.14
本日も快晴!!~水温降下中!!

みなさん、こんばんは。

 

高気圧の範囲内になって真っ青な快晴のケラマ諸島阿嘉島。
12月の太陽でも快晴になると水中は明るいですよぉ~!!

この2日間で車のバッテリーが弱ったり、パンクしたりでダイビングガイドが終わった夕方修理に追われました。
何とか直ったもののエンジンの始動不良はバッテリーだけが原因ではなさそうだ。

以下は13日と14日の海情報です。

ワイド風景としてはカスミチョウチョウウオの群れとグルクンの群れ風景、キビナゴの群れにスマガツオが突っ込むシーン、
明るい太陽光に照らされて輝く美しいサンゴ礁風景、スカシテンジクダイの群れとケラマハナダイ、キンギョハナダイの群れが
混泳する華やかな風景、美しいサンゴ礁上に着底して眠るアオウミガメ、などを観賞することが出来ました。

マクロはマツバギンポ、ハダカコケギンポ、モンツキカエルウオyg、ミガキブドウガイのペア、コビトスズメダイ5個体固まっている
所を発見!!、ニジギンポsp、カゲロウカクレエビ、ハダカハオコゼ(白)、アワイロコバンハゼyg、クダヤギクモエビ、
テングカワハギ合計7~8個体、ミカドチョウチョウウオyg、アカメハゼの群れ、オハグロベラ属の一種(スニーキーラス)、
大型のウミウシカクレエビのペア×2、ヒラツノモエビ、モクズショイ、ナマコマルガザミ、などなど、、、、他いろいろ見れました。

カエルアンコウyg(朱色)はかなり探しましたが行方不明になってしまいましたぁ~。

水温は22.3~22.7度。
12月に入ってからぐんぐん水温が降下しております。


7/10撮影のセボシウミタケハゼ。
この白い粒粒はカイメンが弱って行く前兆だと推測しております。
案の定、この後、しばらくするとカイメンは端っこから死んでゆきました。
それでもまだ狭くなってしまったカイメン所にセボシウミタケハゼは頑張って生きております。


8/29の船上風景。
久場島の西側の奇岩群にて。
面白かったですねぇ~!!


8/30撮影、羽ばたくアオウミガメ3個体の逆光風景。
どこでも見れるカメですが、状況によって素晴らしくドラマティックなシーンになることがあります。
ジーーンと感動しました。

明日も天気良さそうです。
18日までは安定した天候と海況が続きそうで良かったです。
明日も素晴らしい海が見れますように!!

« prev: 
» next: 
2019.12.12
毎日なんだかんだ忙しい~!!

みなさん、こんばんは。

今朝は雨が降り続け冷え込みましたが、昼頃から青空になり風がやみ気温も上昇したケラマ諸島阿嘉島。

何だかんだ幼馴染友達がオーシャンスイミングのお客さんを連れて来たりで海ピク船長やったり、
ボートシュノーケリングやったり、勉強会やったり、調査の船長やったり、講習やったり、で忙しい毎日を送っております。
そのため今だに年賀状にいっさい着手出来ておりません。やばーい!!
どの写真にするかも決まっていないのです。
13日午後から19日までゲストさんが続くため、年賀状は年末ギリギリになりどうです~。

以下は簡潔ですが8日からの海情報です。
8日にようやくフェリーが運航して幼馴染友達が率いるオーシャンスイムチームがやって来て到着後すぐに海ピクへ。
9日も朝から昼過ぎまで海ピク船長(調整不可能で仕方なく座間味での会議を欠席)。
10日ボートシュノーケリング(長いバラクーダフィンを履いたフリーダイビング上手い女子2名)、
講習生5本目(もの凄いグルクンの大群に当たりました!!)、夜はお勉強会。
11日朝から雨の中調査の船長、昼から晴れてきて講習生6本目、夜は学科講習(あとはテストのみ)。
10日までは水温が23.3~23.4度ありましたが、11日は22.9度を記録。
久場島が珍しく濁っていて水温も下がりました。
例年よりも水温下がるのが早い気がします。
年末からはクジラのソングが聞こえるようになるかなぁ~。


8/29撮影、垂直渓谷にポリプ満開のイソバナが群生する縦位置風景。
上には太陽、右下にはゲストさんを入れ込むように絵作りしました。
燃えるようなイソバナが美しい!!


8/28の船上風景。
みなさんありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


7/10撮影のヤシャハゼ。
ほぼ最短だったと思います。
この個体は流れ、プランクトンの量、コトブキテッポウエビの活発度にも寄りますが他の個体と比べると
コンスタントに寄らせてくれます。

さて明日は保全活動に参加し、車の修理、各種事務作業、会議→忘年会と過密スケジュールです。
早く年賀状作りた~い!!

« prev: 
» next: 
2019.12.07
北に寒気!!~南に前線!!

みなさん、こんばんは。

本州には最強クラスの寒波が南下して押し寄せて来ていて沖縄の南海上には前線が発生していて強烈な北風と雨が
吹き荒れているケラマ諸島阿嘉島。
本日全便欠航で到着予定だったゲストさん2名も来れず。
明日も間違いなく全便欠航でしょう。
那覇に足止めの幼馴染友達が引率するゲストさんたちはかなり日程が短くなって明後日8日に到着になりそうです。

ふり返ると4日は別の幼馴染友達が日帰りで友達をいっぱい連れてきてくれてボートシュノーケリングを楽しんでいただきました。
幼馴染友達はやっぱりいいなぁ~。
毎年鎌倉で会っていますがまた会えるかな~?

5日は講習生の初ボートダイビングへ。
この日、水温は23.4~23.7度。
最初の限定水域(前浜)が20.5度しかなかったのがビックリしました!!
この日で合計4本が終了。
弊店の講習は他店よりも多く合計6本潜ります。
あと2本ですね。
夜は学科講習を頑張りました。

そして本日はずっと事務作業。
住所録もほぼ完成。
只今2019年傑作写真集を選定中。


7/10撮影、ムチカラマツエビのペアの黒ぬき。
どうしてこんなに無防備なのにベラ類に食べられないのだろう?
何か魚たちが嫌がるフェロモンを出しているのだろうか??


8/27の船上風景。
みなさん、いつもありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/29撮影、浅い地形ポイントにて美しい色彩のニシキヤッコのペアとばったり会いました。
2枚くらいシャッター切れましたが、その後穴の中へ隠れていきました。
穴がボコボコ開いた壁面などに普通にいるのでみなさんもぜひ撮影してみてください。

明日も強風高波で気温が16度まで低下する予報です。
上空にはものすごい寒気が来ているから少なくとも8日までもしかすると9日まで寒いでしょう。

明日もコーヒーでも飲みながらコツコツと事務作業です。

« prev: 
» next: 
2019.12.04
釣り大会!!~講習開始!!

みなさん、こんばんは。

12/1は南東の風で気温上昇しましたが、昨日から本州の北側の寒気の空気の流れ込みで島なりにちょいと寒くなっているケラマ諸島阿嘉島。

12/1は島の釣り大会で参加9隻中ビリの釣果になってしまいました。
乗組員のみなさんにはたいへん申し訳ありませんという気持ちでいっぱいです。
来年こそは上位目指して頑張ります。

そして昨日はのんびりと事務作業の一日。

本日からは講習生がいてダイビングの講習を実施。
午前中2本前浜で海洋実習して、午後は学科講習。
久々に潜った前浜テトラ内側は以前よりもサザナミハゼの個体数が増加していると感じました。

モンツキアカヒメジとアカヒメジのすごい群れやツバメウオ若魚もいたりして講習中でもマスククリアなどの練習の合間に
フィッシュウオッチングも出来ちゃいました。


7/8撮影のたぶんオオウミウマ。
クロウミウマというそっくりなやつがいて、まだ勉強不足のためしっかりとした識別が出来ておりません。
『俺は枯れ枝だよ!』と言ってるかのようにじっと動きませんでした。


8/26の船上風景。
真っ青な空が綺麗でしたねぇ~!!
この時、今シーズンベスト3に入るかもしれない洞窟内に差し込む素晴らしい絶景光線が鑑賞出来ました。
みなさん、またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/28撮影、イソバナを包み込むようにキンメモドキとスカシテンジクダイが群れる美しき龍宮風景。
ここは只今キンメは少ないですがスカシの群れはお見事です。
また来シーズン素敵な群れが出現しますように。

さて、明日はクイーン1便2便が両方出れば日帰りで小学校低学年時代からの幼馴染友達が島に
やって来てくれます。
神様、クイーン1便2便ともに運航しますように。

« prev: 
» next: 
2019.12.01
本日で今シーズン終了!!~冬季休業期間のお知らせ!!

みなさん、こんばんは。

 

風は強いが東寄りに変わったため潜るポイントが増えたケラマ諸島阿嘉島。


今日はゲストさんのご意向で午前中2本でダイビングが終わりました。
1本目は北浜へ。
キンメモドキにクロスジスカシテンジクダイが合体しているため群れの見ごたえがちょっと良くなっております。
群れもマクロも癒しの風景も全て良し!!
とうとうウミテングが行方不明になってしまいましたぁ~。

2本目はサンゴのポイントへ。
サンゴ礁斜面に数種の混合魚群風景が素晴らしかったです。
ロクセンスズメダイの群れの中にはオヤビッチャ属の一種(シリテン)の個体数がとても多いです。
巨大なモヨウフグに大接近して見ることが出来ました。
ゲストさんは近寄れ過ぎてエラブタだけの写真を撮影出来ておりました。(笑)
しかし、ここは素晴らしく美しいサンゴ礁!!

 

水温は23.8~23.9度。
ついに24度以上が1本もなかったです。
エキジット後はすぐにスーツ内に温水シャワーのお湯を入れて温まっていただき、ボートコートを着用していただいております。


午後は久々に昼寝を1時間。
超気持ち良かったぁ~!!

それから明日の釣り大会の準備していたらあっという間に夜。


8/26のサンセットダイブ。
デート中のトゲチョウチョウウオのペアと太陽とゲストさんたちの風景。


8/25の船上風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


7/8発見撮影のイロカエルアンコウygかな?
小さくて可愛かったなぁ~!!
この時、ゲストさんみんなで囲んで激写しました。
この子は見れた期間が短かったなぁ~。
また逢いたいなぁ~。

弊店は11月末を今シーズンの最後としております。
晴れの日も雨の日も風の日も台風以外はほぼ毎日潜り続けてきました。
ようやく今シーズン終了です。
12月はかなり前からご予約をくださった方のみご予約を承っております。
ご予約が入らなかった日は休業期間としていて、今から前もってご予約がなかった休業期間に
ご予約をくださってもご予約を承ることが出来ません。
すでにご予約を1名でも頂いている日は今からのご予約でも承ることが出来ます。
12月に今から潜りたいとお考えの方は弊店までお問い合わせください。
12月の休業期間は住所録作成や年賀状つくりや確定申告作成作業など主に事務作業を頑張ります。
12/28~1/10まで営業して1/11(土)~3/4(水)が冬季休業期間になります。
3/5(木)から営業スタートになります。
3/5以降のご予約を楽しみにお待ちしております。

« prev: 
» next: 
2019.11.29
強風吹き荒れる!!

みなさん、こんばんは。

本日、11月に入ってから最も最強の風が吹いたケラマ諸島阿嘉島。
南にある強い台風の影響と大陸からの高気圧の張り出しの北高南低の気圧配置で強風になっております。
波高4mで船は全便欠航!!
残念ながら到着予定のゲストさんがキャンセルになってしまいましたぁ~。残念~。
おまけに猛烈な寒気まで下りて来たもんだからエキジット後、風が冷たいで~す。

以下は昨日27日と本日28日の海情報です。
昨日27日はゲストさんはいなくて午前中は保全活動に参加。
午後はマジャとヒズシに設置しているコーラルネットによる実験の観察、掃除、ネットの補強作業を実施。

昨日ゲストさんが到着していて本日28日は強風の中ですが3本ガイド。
魚群風景がいろいろ見れました。
秋に最盛期を迎えるクロスジスカシテンジクダイの群れ、越冬するキンメモドキの群れ、まだまだ壮大なスカシテンジクダイの群れ、
グルクンの群れ、ハナゴイの群れ、などです。
エダサンゴの群落に様々な種の小魚と幼魚たちが舞い踊る風景も素晴らしかったです。

見れたマクロはナンヨウハギyg、ミナミハコフグyg、ソメワケイソハゼ、ニジギンポsp、オハグロベラspの成魚(ここ必ずいます)、
マルミカクレモエビ、ホホスジタルミyg(ついにウミシダから離れるようになってきました。そろそろ旅立つかもしれません!)
、綺麗な緑色のイソギンチャクにハマクマノミyg(赤)、ハシナガベラ、クロマスクと思われる個体を発見、トサカガザミ(久々に行ったら
健在でした!!)、ケフサゼブラヤドカリ、ウミウシ数種などなど他いろいろ見れました。

水温23.8~24.2度。
本日初めて24度を切ったポイントがありました。


6/29撮影のアカネサスウミウシ。
外海の潮通しの良いダイナミックなポイントにて見つかる種です。


8/24のログ付け風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/26撮影、洞窟の出口にて細い光線を見上げるゲストさんのシルエットと出口のブルーの縦位置
風景。
細い光線は幻想的にゆらめき感動の風景でした。

明日も波高4mで強風なので船が欠航する可能性が高いです。
12月7日くらいまで海が時化た日が多そうです。
幼馴染の友達が来るのに心配です。
それではみなさん、また明日。

« prev: 
» next: 
2019.11.26
この頃、時化気味の日多い!!~晩秋のケラマ諸島!!

みなさん、こんばんは。

 

昨日に続き本日も北風が強いケラマ諸島阿嘉島。

昨日と今日はマクロフォト派のゲストさん1名だけだったのでじっくりたっぷりマクロネタを撮影していただきました。

以下は24日~26日までの海情報です。


見れた大物は超大型1m40cmクラスのロウニンアジが出現しました!!
しかもこのロウニンアジは普段はカメ以外の大物は少ないやや内湾環境のサンゴ礁と砂地のヘリをゆっくり泳いでいて僕らと鉢合わせしました!!
ド迫力でしたぁ~!!
24日は静かだったので大物狙いポイントで90cm級のロウニンアジのペア、ネムリブカ、スマガツオ約30個体の群れが見れました。
このポイントではまだまだ壮大なキビナゴの大群が見られました。
カメのポイントではアオウミガメ3個体と食事中のタイマイ2個体と出会うことが出来ました。

久々に行った北側のサンゴが美しいポイントも絶景でした。
少しレイシガイが増えていたので採取してきました。

マクロはアザミカクレモエビ、ホホスジタルミyg、オハグロベラspのペアとyg、マルミカクレモエビ、アカクセニアウミウシ、黄色の
ピグミーシーホース7個体、ハナゴンベ、バブルコーラルシュリンプ、ミズタマサンゴに住むナデシコカクレエビ、アカメハゼの群れ、
アワイロコバンハゼの成魚からygまで、ホシゾラワラエビ、イソバナカクレエビ、ホホスジモチノウオ属の一種4(ベラ図鑑P264)
を発見!!、ニジギンポsp、ミナミギンポ、ダルマハゼ、カサイダルマハゼ、などなど・・・・・・他いろいろ見れました。

24日は1日だけ透明度が上がり、水温も25.0~25.1度に上昇。
しかし、25日から再び24.4~24.5度に降下。

ここのところフィリピン西側に台風が常駐して、大陸からは高気圧が張り出したり、寒気が押し寄せて来たりで
風が強く海が時化がちです。
12月2の夜から6日までもスゴイ時化ることになっています!!
まいったなぁ~。
早く静かな日が訪れますように。


6/27撮影のハナヒゲウツボ。
本日ここに行きましたがハナヒゲは不在でした。
他は全員元気~!!


8/23の船上風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。
真っ青な空が綺麗でしたぁ!!
早くこんな天気になってほしいなぁ~!!


8/24撮影、美しいリュウキュウキッカサンゴの大群生地帯をフィッシュウォッチングを楽しみながら
まったりとお散歩~!!
綺麗で楽しかったですねぇ~!!

さて明日は午前中お休みなので保全活動に参加してきます。
午後は今現在やっている実験の調査で潜ってきます。。
何だかんだお休みの日でも潜るということで~す。(笑)

明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2019.11.23
風強く内海でまったり!!

みなさん、こんばんは。

分厚い雲に覆われて終始曇天のケラマ諸島阿嘉島。
20~21日は内地の寒気がやってきたためエキジット後が寒かったなぁ~。
20~21日は冷たい風が吹いたけど、本日は南東の風でエキジット後の寒さのストレスがなかったです。

16日~17日はご予約が入らずダイビングをお休みしましたが、18日からは再び毎日潜り続けております。
以下は18日から本日までの海情報です。

見れた美しい風景は、枝サンゴの群生にハナゴイの群れが舞いグルクンの行列が乗り越えてゆく風景、
漁礁ブロックに8~9個体のアカククリとそれに混じってナンヨウツバメウオ1個体の風景、
イソバナをスカシテンジクダイの大群とケラマハナダイygとカシワハナダイygが群れて包む風景、
砂地にポツンとあるサンゴにデバスズメダイygが群れる風景、などなど他にもいろいろ見れました。

見れた大物や光物系は以下です。
ずっと状況が悪いので外海には行けていなくて大物は少なめです。
大型のホシカイワリ3個体、コブシメ2個体、インドカイワリ、クロヒラアジ、巨大アマミウシノシタだけです。

見れたマクロはいっぱいありますが書ききれないので抜粋です。
ミナミハコフグyg、ホホスジタルミyg、アカクセニアウミウシの交接、スニーキーラスのペア、アカメハゼの群れ、
アオイソハゼ、ヤシャハゼとコトブキテッポウエビ(大接近成功!!)、ケサガケベラyg、ハラマキハゼ、ヒメクロイトハゼ、
ツノザヤウミウシ、などなど他いろいろ。

見れた生態シーンはタテヤマベラの放精放卵シーンを観察することが出来ました。

水温は24.2~24.4度。
刻々と水温が下がってきております。


8/23撮影、洞窟内に差し込む光線と光を見上げるゲストさんの縦位置風景。


8/22の船上風景。
みなさんありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/27撮影、背景が綺麗なマクロ写真が撮影したい方はリクエストしてください。

只今、台風が宮古島に接近中で明日にやや接近して通過する予定です。
なので明日は気を付けて島影で潜ります。

« prev: 
» next: 
2019.11.16
水温降下~!!

みなさん、こんばんは。

ギリギリ高気圧の範囲内で青空が広がったケラマ諸島阿嘉島。
とても温暖で過ごしやすい一日でした。
15日まではゲストさんがいて毎日潜っていましたが本日から3日間ご予約がなくダイビングお休みでした。
11月とは言え週末にご予約がないのは珍しいです。
本日は朝から船の陸揚げ、ゲストさんのお見送り、写真送付作業、各種事務作業に没頭。
夕方には久々にスロージョギングをやっていい汗をかきました。

以下は13日から15日までの海情報です。
13日は静かで下曽根へ!!
イソマグロ8個体の群れ、カスミアジ7~8個体の群れ、遠くにロウニンアジ1個体だけでグルクンの群れが遠く
ゲストさんは喜んでくれましたが、ちょっと物足りない下曽根でした。

他のポイントでの見れた大物はツムブリ9個体とスマガツオ6個体+30個体群れがキビナゴの群れに合同捕食アタック、
インドカイワリ4個体、アオウミガメ、ネムリブカ4個体、オオメカマス約200個体の群れ、コブシメなどなどです。
たったの25cmしかないコブシメがじっとしていて寄って撮影しても逃げなかったです。
これから水温の低下とともに見れる機会が増えるでしょう。

美しいワイド風景は大型で色彩豊かなのトゲトサカの群生風景が美しい、美しい枝サンゴの群生に各種幼魚類が
群れるにぎやかな風景、ポリプ満開の黄色のウミウチワとピンクのヤギの群生風景(その上にオオメカマスの群れ)、
スカシテンジクダイの大群とキンメモドキとクロスジスカシテンジクダイ混合群の風景、一面に広がるテーブルサンゴの
大群生風景などなどです。

見れたマクロ生物はオイランヨウジ、ユカタハタyg5cm、ソメワケイソハゼが3個体に増えていました、クロオビスズメダイ、
オビテンスモドキyg、サクラテンジクダイ、ヒメアオギハゼ、オヨギベニハゼ6個体、ホホスジタルミyg、
などなど他いろいろでした。

久場島で見たことがない種のサメの死体を発見してしまいました!!
可哀想に~、なぜ死んでしまったのか??謎です。
生きている元気な状態で会いたかったよ。合掌。

14日くらいから水温が一気に下がりました。
ついに25度を切るようになりました。
久場島では24.5~24.7度。
その他の阿嘉島周辺や内海系では24.1~24.5度。
それ以前は25.0~25.5度もあったのになぁ~。
これから来られる方々は寒さ対策を入念にお願いいたします。


6/27撮影、美しいホヤの群生。
生え物系も魅力的なものが多いですよぉ~!!


8/21のログ付け風景。
1名酔っぱらってしまいましたぁ~。
みなさん、またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/20撮影の美しき多種混成型サンゴ礁の風景。
ここでサンゴの産卵を見たいなぁ~!!

さて18日までダイビングお休みですが、やらなければいけないことが山積みなので一つ一つ確実に
やっていきます。
この3日間でやらなきゃいけないことのリストの大方が片付くように頑張ります。

« prev: 
» next: 
TOP