menu
海バカ日記
カテゴリ
2021.04.12
初パチパチガーラ!!~テッポウユリ満開!!

みなさん、こんばんは。


青空で南東の風が吹き気温が上昇したケラマ諸島阿嘉島。


4/2まで毎日潜っていましたが4/3から本日までご予約がなく、その間いろいろなことを実施。
次男優悟が大阪へ旅立つ見送りして、那覇で人間ドックを受診したり、シーズン前の買い物したり、
ダイビング協会の保全活動データなどの書類作成したり、陸域ガイドの勉強会を実施したり、
船のオイル交換などの整備したり、他事務作業いろいろやりました。
特に陸域ガイド勉強会は阿嘉島在住歴29年なのに初めて行ったパチパチガーラの往復で実施したのが強烈に面白かったです。
座間味島の大坪さんを招いていろいろなお話を聞いて勉強になりました。
パチパチガーラは神秘的で独特な雰囲気に包まれていて魅力的なエリアでした。
沢の水には魚やエビの群れ、オタマジャクシの子供の群れ、シリケンイモリ、アメンボなどいろいろな生物も見られました。
蝶や植物、花もいろいろなのが見られ興味大!!
また行きたいしこれからコツコツ勉強していこうと決意!!

そして只今テッポウユリが満開で~す!!
綺麗だなぁ~!!

ヤマモモは近年もっとも多く実り、採る人が少なくなったのもあり、まだ実が残っています。
が、とうとう熟しすぎて地面に落ち始める始末に。


昨年12/26撮影のゾウゲイロウミウシの交接。
この春もいろいろなウミウシを発見観察出来ています。

昨年10/28の船上風景。

ありがとうございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


ハマクマノミとヒレナガスズメダイと枝サンゴと太陽がある風景。
このハマクマノミとヒレナガスズメダイは異種なのにずっとくっついていて仲良しでまるで夫婦のように
見えました。
このような二人がハイブリットを産むのか?!

明日から久々に海へ出発!!
どのような海が生物が見れるかなぁ~?!
海で素敵な出会いがありますように。

« prev: 
2021.04.03
優悟が大阪へ!!

みなさん、こんばんは。

本日は無風状態でべた凪になったケラマ諸島阿嘉島。

3/19を除いて毎日潜っていましたが、本日4/3から10日までご予約がなくしばらくお休みになりそうです。

3/29日~4/2日までのログの抜粋を以下に記します。

見れた風景は、キラキラと輝くキンメモドキygの群れが根と穴の2ヵ所で見れました。日に日に増加中です。
リュウキュウキッカサンゴの群生にグルクン若魚が群れる風景、
テーブルサンゴ、枝状サンゴ、ミドリイシサンゴ類の混成にアマミスズメダイ、キホシスズメダイ、ロクセンスズメダイ、
グルクンが群れる風景、などなど。

見れた大物は、砂地ギリギリをゆっくりと優雅に泳ぐ巨大マダラトビエイ、アオウミガメ3個体のみです。
講習生がいたため、あまり流れがある外海系ダイナミックポイントには行かなかったため、大物との出会いは少なかったです。

見れたマクロ生物は、サビウライロウミウシ、シロボンボンウミウシ、シンデレラウミウシ、アカテンイロウミウシ、
オレンジウミコチョウ(←けっこういました!!)、キスジカンテンウミウシ、不明種の稀少なウミウシ1種、
ウサギモウミウシ、ウミウシカクレエビ、カエルアンコウyg(黄色に近いオレンジ)、超可愛い~モヨウフグyg!!
コビトスズメダイyg2個体、などなど他いろいろウミウシが多かったです。

3月20日頃からいろいろな種の魚たちの繁殖行動が始まっています。
クマノミ類の産卵、ミツボシクロスズメダイの産卵、ハゲブダイの放精放卵、デバスズメダイが集団で放精放卵の練習行動、
コブシメの産卵と交接、ウミウシ類の産卵も多くなってきています。

昨日の水温は21.8~22.0度でした。

3月下旬からクジラの歌声が遠ざかって小さくしか聴こえていませんでしたが、4/1ザマミの北側では大きくはっきりと聞こえました。

本日、講習生がお帰りになりゲストさんが途切れたので船を陸揚げ。
船底掃除をやりました。
それから事務作業と久々にウォーキングへ。

あと講習生と同じクイーンで次男優悟が島を出発し大阪へ旅立ちました。
心配ですが、たくましく生き抜いてほしいと願います。


11/9撮影、前浜の枝サンゴの中にいたナミハタyg。
綺麗な白い水玉模様が素敵でした。


昨年10/16、ゲストさんが400本記念でお祝いをやりました。
コロナになり昨年から今年もログ付けは行っていませんが、記念ダイブや誕生日などのお祝いの時
のみ、短時間でお店で行っております。
記念ダイブや誕生日はそんなにしょっちゅうないのでこれは貴重な写真です。


10/10撮影、爆裂する砕ける波と霧に凝縮したものすごい数のキビナゴの大群がいる風景。
曇天で暗かったため明るく撮れませんでした。

さて明日も事務作業など頑張ります。

« prev: 
» next: 
2021.03.28
☆51歳になりました!!☆

みなさん、こんばんは。

本日は南東の強風と強い下げ潮で波が高まったケラマ諸島阿嘉島。

 

以下は22日から本日27日までのログ抜粋です。

見れた風景はキラキラしたキンメモドキygが根を包む風景←数ヵ所確認!!
枝サンゴの群生にすごい数のハナゴイが群れる風景、多種混成の美しいサンゴ礁風景、
ポリプ満開のイソバナとサンゴの混成に小魚が群れる風景、
洞窟内に差し込む美しい光線風景 ←かなり本格的な強い光線でした!!
色彩豊かな美しいトゲトサカの群生風景、カスミチョウチョウウオの大群が壁面に集結する風景に大接近!!
旬のツノダシノ群れ15個体くらいと30個体くらいの群れを見ることが出来ました。
残念ながら今シーズンは200個体を超えるツノダシノ群れに会えていません。
・・・・・・・などなど。

見れた大物は、浅い垂直渓谷で大型のロウニンアジ3個体がクリーニングしてもらっている風景、
コブシメ3個体、アオウミガメ5個体、タイマイ3、コバンザメ付きのネムリブカ、インドカイワリ、など。

見れたマクロ生物は、キツネベラyg20mm、ヒレグロベラyg20mm、タテスジハタyg、サガミリュウグウウミウシ、
アザミカクレモエビ、マルミカクレモエビ、ミアミラウミウシ、シラナミイロウミウシ、スミレヤッコyg、ヒメアオギハゼ4個体、
オラウータンクラブ、ハマクマノミ可愛い極小yg、アカメハゼ複数個体、サンゴガニの一種、などなど、他普通種のウミウシいろいろ。

クジラのソングはまだけっこう聴こえていますが遠くからしか聴こえなくなってきております。
予想していた通り21~22日の時化を過ぎてからクジラの個体数が減ってきております。

水温は一度22度台に乗ったのに下がって21.4度~21.7度です。

山ではヤマモモが熟してきております。
ケラマツツジはそろそろ見頃の最盛期が終わりそう。

あと24日の午後のダイビングに出発しようとしたらエンジンが始動しない!!
急遽先輩ガイドの船に乗せていただき海へ行くことが出来ました。
先輩ガイドに感謝です。
ありがとうございます。
バッテリーは元気なので24日は直結始動でガイドしてきました。
24日の午後にお世話になっている整備士に電話して教えていただきながら修理することが出来ました。
今回は勉強になることがいっぱいあり良かったです。


昨年10/5の思い出。
複雑な地形ポイントにて地形と太陽とゲストさんたちのシルエット風景。


昨年11/9撮影の稀少なハナイカ。
ゲストさんたちと囲んで激写していたら、小さいけど威嚇のポーズで頑張っていました。(笑)
可愛かったなぁ~!!

実は3/26に51歳になりました。
その夜はゲストさんとそのご家族とゲルマニヨンでディナー。
楽しい夜になりました。
Facebookやラインやメールなどに誕生日メッセージをくださった皆さんありがとうございます。

健康に気を付けて1本1本を大切に良いガイドを目指して頑張ります。
これからもよろしくお願いします。
メッセージの返信はゆっくりやっていきます。
少々お待ちください。

明日も風が強そうですが島影へ行ってきます。

 

« prev: 
» next: 
2021.03.22
春の荒れ!!~寒の戻り!!

みなさん、おはようございます。

本日は北風が強く大時化で明け方気温15度まで下がったケラマ諸島阿嘉島。
クイーンとフェリーともに全便欠航です。
春の荒れに用心して弊店は本日午前中はダイビングお休み、午後から2本にしました。
これだけ強い寒の戻りはおそらくこれが最後でしょう。

20日と21日のログを以下に記します。

見れた風景はイソバナと枝サンゴの群生風景、色彩豊かなウミシダの群生風景、
漁礁ブロックに整然と並ぶアカククリの群れ風景、アマミスズメダイとグルクンの群れ風景、
一面に広がる枝サンゴの群生に小魚たちが群れる風景、
サザマミハギとハナアイゴ、ブダイ類の混合群が藻を食事しては移動してまた食事する風景などなどです。

見れた大物はコブシメ4個体でそのうち1個体のメスが産卵中でした!!
見れたのは前回と同じ場所でクジラの歌声を聴きながらコブシメの産卵を観賞することが出来てゲストさん2名もたいへん感動してくれました。
超大型のオス同士のケンカが凄かったです!!
メスはすぐそばでケンカしているのを気にも留めずに夢中で産卵を繰り返していました。
枝サンゴの隙間は白い卵でビッシリ!!
ゲストさんたちは写真も動画もばっちり撮影出来ていて、動画を再生したらクジラの歌声を聴くことが出来ました。

それから大物ポイントが当たりました!!
イソマグロ2個体+12個体、巨大アオチビキのペア、大型のマダラトビエイ←カッコ良かったぁ、
アオウミガメ7個体←カメがそこら中にいて凄いことになっておりました!!巨大モヨウフグ、カスミアジ7個体などでした。

見れたマクロ生物はジョーフィッシュ、ハナゴンベ、カサイダルマハゼ、ワライホヤ、普通種のウミウシ5種くらいでした。

水温は上昇して22.0~22.4度。


11/8撮影のコウワンテグリの正面顔。
ここのガレ場を探すと大きいのがペアで見つかり、長年にわたって観察しております。
可愛いっすよぉ~!!


10/5撮影、渓谷内にウミウチワが群生する風景。
ここを抜けるとグルクンの群れが待っています。
その後、迷路状の洞窟地形群を楽しんでいただくポイントです。
ケラマではたいへん稀少なヒメアオギハゼも見られます。

さて北風が強いので午後から気を付けて行ってきます。
明日は波が回復傾向です。

では昼過ぎから海へ行ってきます!!

« prev: 
» next: 
2021.03.19
コブシメの産卵!!親子クジラウォッチング!!

みなさん、こんばんは。

快晴べた凪のケラマ諸島阿嘉島。

14日に風が弱まり、そのままずっと静かなべた凪が続いております。
今シーズン初まって1回目の黄金の日々です。

15日~本日18日までのログを記します。
見れたワイド風景は、リュウキュウキッカサンゴの群生にアサドスズメダイが群れる風景、
ポリプ満開のイソバナの群生水路の美しい風景、
メタリックブルーのグルクンの大行列風景、
美しい霧に包まれるギンユゴイの玉状群風景、
枝サンゴの上でコブシメ(メス)が1個ずつ産卵する風景を時間をかけて観察撮影←この時、3mくらい離れて巨大なオスがじっと見守っていました。
旬のコブシメの産卵をクジラの歌声を聴きながら見れるのは最高の贅沢です。
枝サンゴはすでに卵でいっぱいで、おそらく他の個体がすでに産んだ卵だと推測。
ポリプ満開のイソバナとアオサンゴの混成にキンギョハナダイが群れる美しい風景、
海底一面を埋め尽くす絶景のサンゴ礁風景、ポリプ満開の色彩豊かなトゲトサカの大群生風景、
洞窟内に差し込む美しい光線風景、などなどです。

見れた大物は、タイマイ2個体、コブシメの産卵2個体、ロウニンアジ2個体←前回のポイントと同じです。ここグルクンがスゴイ多い!!
イソマグロ2個体+15個体+1個体+25個体、巨大アオチビキのペア、アオウミガメ6個体、ネムリブカ5個体。
あと忘れてはいけないのが毎日のように親子クジラと移動中に出会っております。
15日は見れませんでしたが16日、17日、18日と連日出会えております。

母クジラが子クジラに寄り添っていて愛情を感じることが出来ます。
おそらく例年通り21日の時化が終わった後は個体数が激減すると思います。

見れたマクロ生物はゲストさんがワイド派だったので少ないです。
キンチャクガニ、アカメハゼ複数個体、ナデシコカクレエビ複数個体、アマミスズメダイyg複数個体、美しいオトヒメウミウシ、
バサラカクレエビ(レモン色)、バブルコーラルシュリンプ、アナモリチュウコシオリエビ、極小ハナゴンベyg、マツバギンポ、
ハダカコケギンポ(褐色とブラック)、モンツキカエルウオ、テンクロスジギンポ、他は普通種ウミウシいろいろ見れました。

水温は21.4~22.0度。
北側で透明度がちょっと良くなってきたポイントも出てきました。

あと3/6営業スタート時からずっと流れ藻が見られております。
この流れ藻に付いているハナオコゼが稀に着底しているのが1年に1~2個体見られることがあります。
今年も会えるか?探してみましょう!!
もうそろそろいろいろなポイントにいろいろな幼魚やマクロ生物が加入し始めます。
只今いろいろなポイントをガイドしながら調査中です。
GWまでにはかなりデータがそろうと思います。


11/7撮影、可愛いミカドチョウチョウウオygです。
昨年はミカドチョウチョウウオygが多くのポイントで個体数も多く確認することが出来ました。
今シーズンも会えますように。


10/3撮影、オリジナルポイントのコーラルウェイにて。
素晴らしいサンゴ礁と水面に反射する色彩美を楽しんでいただきました。

べた凪もそろそろ終わりそうです。
20日午後から21日は海が時化そうです。

これだけ長いこと静かだったし良しとしよう。

明日は久々にダイビングのお仕事がお休みです。
ダイビングはお休みでもやらなければいけないことが山積みです。
一つずつ片付けられるように明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2021.03.14
旬のクジラやコブシメ、見れております!!

みなさん、こんばんは。


本日は風もやみ昼過ぎから快晴になったケラマ諸島阿嘉島。

忙しい日々が続き久々の更新です。

7日以降~本日14日まで(9日~10日は潜っていません)のログ抜粋を以下に記します。

見れた大物は巨大オニカマス最大の1.5m超ド級!!ネムリブカ2個体、イソマグロ6個体の行列、
アオウミガメ3個体、ロウニンアジ5個体がムロアジ玉を捕食アタック!!+ロウニンアジ2個体、タイマイ4個体、
コブシメ6個体、サワラ、岩穴に巨大ネズミフグ。

見れた美しいワイド風景は、グルクンの大群に包まれていたら、グルクンの群れに包まれてゆったりと泳ぐアオウミガメに遭遇!!
グルクンの大群の中を優雅に泳ぐアオウミガメは絶景でした!!
キンメモドキygの群れを10個体以上のハナミノカサゴが集結して共同アタックする風景、
ポリプ満開のイソバナとアオサンゴの混成にキンギョハナダイとクロヘリイトヒキベラが群れる風景、
テーブルサンゴと枝サンゴの混成風景が美しい、壁と海底一面がキイロチヂミトサカのお花畑の風景、
美しいサンゴ礁の丘の上に大型のコブシメがたたずむ風景、美しいサンゴ礁を優雅に泳ぐアオウミガメの風景、などなどでした。

見れたマクロ生物は、ヒョウモンウミウシ、アカボシツバメガイ、イガグリウミウシ←多い、アカメハゼ複数個体、
スミレナガハナダイの性転換中個体、ハクテンミノウミウシ、アワイロコバンハゼ、パンダダルマハゼ、
アカテンコバンハゼ、チョウチョウコショウダイyg8cm、マツバギンポ、ガイコツパンバホヤ、ジョーフィッシュ、
セジロクマノミ極小yg、アオフチキセワタ、コブシメの卵、などなどです。

あとザトウクジラのソング(歌声)がいろいろなポイントで聴こえております。
一番すごかったのは11日の長内瀬では大音量で響き渡っていました!!
今にも目の前に現れそうでワクワクしました。

移動中に会えたザトウクジラは8日に2頭が平瀬から北へ、11日は2頭が座間味島北側から渡名喜曽根方向へ、
13日に親子クジラが佐久原西から北へ、という感じでした。

本日の水温は下がってしまい21.1~21.2度。
透明度はあまり変わらずイマイチです。
澄んだ水が入ってきますように。


11/8撮影、美しいアデヤカミノウミウシ。
見つけた時にドキッとする美しさですねぇ~!!


10/4撮影、サンゴの根の周りに帯状にデバスズメダイが群れているその向こう側をゲストさんが
ゆったりと遊泳中のワンシーン。

本日、学生さんたちがお帰りになりました。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

明日はゲストさんが入れ替わって海へ行ってきます!!

« prev: 
» next: 
2021.03.06
本日、営業スタート!!

みなさん、こんばんは。

 

前線が接近して午後は小雨が降り続いたケラマ諸島阿嘉島。

本日、フェリーでゲストさんが到着して午後から2本潜ってきました。
本日から2021年の営業スタートです!!
神棚や久場島の神様にも手を合わせ安全のお願いを念じて出発。

1本目はクジラのソングが特に深場でスゴイよく聞こえました。
透明度はイマイチでプランクトン量がスゴイ!!
それを捕食するためにクラグがたくさん漂っていました。
昔、こんな時に超巨大なマンボウに出会えたなぁ~と脳裏に昔の光景がよぎりました。
カスミチョウチョウウオがプランクトンを捕食するために大集結!!
10mmしかないスミツキベラygが2個体くぼみの中にいて可愛かったなぁ~!!
11月ころから行方不明になっていたモンツキカエルオウが元に戻っていました。
なぜか減っていたマツバギンポもたくさんの個体数がいてホッと一安心。

2本目は旬の多彩なウミウシを探しに行ってきました。
18種しか見れませんでしたが、まぁ良しとしよう。

本日の水温21.4~21.5度。


11/6撮影、カザリキュウセンのメス(ベラの仲間)ですね。
ベラは種類が多く、幼魚からの成長段階、メス、オス、婚姻色、老成魚などで色彩が変わり魅力的~!!


10/3撮影、漁礁に生える大型のサンゴと小魚群を観賞中のゲストさんたちのシルエット風景。
サンゴの上側には小魚を捕食しようとハナミノカサゴが3~4個体集まっていました。

明日は何処へ行こうかな。
素敵な出会いがありますように。

 

« prev: 
» next: 
2021.03.05
前浜にクジラ!!~優悟が大型ガーラ釣る!!

みなさん、こんばんは。

 

風は弱く暑くもなく寒くもない気温のケラマ諸島阿嘉島。

4日はずっと陸揚げしていた太悟丸を海に下ろしました。
エンジンやエンジン底の掃除も実施。

昨日、17時50分頃、座間味で行われた商工会の会議から帰り入港すると優悟が港の先端でルアー釣りをしているのがわかりました。
あ~釣れてなさそうだな、と思いながら船を係留して帰りました。
が、その直後にヒットしたそうです。
74cm、3.5キロの大型のガーラ(オニヒラアジ)を25分間も格闘の末、細いラインでタモなしで釣り上げました。
引っぱられてラインが100m以上出たそうです。
学校の勉強はまったく出来ないけど島の子ならではの能力を持っているなと思いました。(^o^)


本日5日はレンタルレギュレータのオーバーホール記録書を作成。
オーバーホール屋さんからの整備記録も付けました。
そしてレンタルのレギュレータ7台を収納。
午後はまだ若い桜の木を守るための枠内に生えた草木を掃除するために頑張りました。
しかし、たった一人なのでなかなか作業が進みませんでした。
完全ではないけど7基だけやって帰宅。
周りの木も剪定しなければ、補強を入れないと折れてしまいそうな桜の木もあり、
まだまだやらなければいけないことがあります。
また少し時間があるときにコツコツとやっていこう!!

そして本日、前浜にザトウクジラがやって来ました。
毎年3月に2~3回浅いところまで入ってくるのです。
数年前はダイビングポイントの前浜でザトウクジラの親子に遭遇!!
根がないはずの砂地の海底に巨大な岩礁が横たわっていると思ったら、巨大な母ザトウクジラが子クジラをおんぶ
して、ユラユラと揺れていました。
まるでお母さんが赤ちゃんをおんぶしながら眠らせようとしている時のようでした。
またあの時のような感動の出会いをしたいです。


9/25撮影、25~30個体ほどのアオヤガラの群れ。
ちょっとこの写真ではわかりにくいかもしれませんが、群れを成して移動中のところに遭遇しました。


11/6撮影のケショウハゼ。
尻ビレが開きませんでしたぁ~。

本来、本日5日から今シーズンの営業スタートでしたが、本日はご予約が入らずゲストさんは
明日6日から到着後ダイビングになっております。
明日からコロナ対策しての営業スタートです。
今シーズンも安全に内容の濃い質の高いガイドを目指して頑張ります。
今シーズンもよろしくお願いします。

« prev: 
» next: 
2021.03.03
優悟、沖縄水産高校を卒業!!

みなさん、こんばんは。
かなり久々に那覇に行っていたため久々の更新です。

 

昨日、海が時化ましたが折り返し運航でフェリーが出てくれて、それに乗って那覇から帰ってくることが出来ました。
次男(優悟)の引っ越し作業と卒業式出席がメインでそれに付随した用事が多くとっても忙しい那覇4泊。
生徒数が多い学校だと保護者は教室からモニターを見て卒業式を実際に見ることはできないのですが、優悟の学校は保護者出席OKで良かったです。
卒業生の式辞ではふつう優秀な生徒がスピーチすることが多い中、中学生の時に落ちこぼれで高校でも苦難があったけど
立派に成長できたという子でスピーチを聞いて泣けました。
担任の先生やお友達の親御さんにも感謝の気持ちを伝えることが出来ました。
黒潮寮のお世話になったお部屋も綺麗に片付けて、同室の仲良しのT君と記念撮影。
次男優悟は1年ちょっと前の1月に聴神経腫瘍があることが判明して、3月に長時間に及ぶ大手術を乗り越えて快復し、
奇跡的に聴覚も戻り元気になりました。
きっと神様は何か意味があってこのような大きな病気の試練を優悟に与えたのでしょう。
これからも何事も頑張ってほしいと願います。

阿嘉島に帰島後も忙しくしております。
営業スタートも間近なのでオーバーホール屋さんから戻ってきたレギュレータを組み立てました。
タンクにつけてリークがないか?テストして呼吸してみるといい感じ~。

事務作業も実施。

Facebookには優悟の卒業式の写真をアップしました。
たくさんのコメントありがとうございます。


9/24撮影、グルクン若魚の群れが高速で通過するときの1枚。
グルクンは幼魚時代から内海で過ごし、ある程度成長してから成魚の回遊ルートに合流します。


11/10撮影、微妙に動く美しきアオギハゼでピント合わせと寄りの練習してみてください。
寄りが下手だと瞬間移動でファインダーから消えます。

明日はオーバーホールから帰ってきたカメラハウジング組み立てて撮影ができるように準備しなくちゃ。
船も下ろさなくちゃ、・・・・やることが山積みで~す。
明日以降も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2021.02.25
床張り、掃除、断捨離、模様替えほぼ完了!!

みなさん、こんばんは。

 

ずっと青空の風もない日々が続きましたが、とうとう天候が崩れて雨が降り出したケラマ諸島阿嘉島。

自分の部屋の床張りも終わり、荷物の整理して、久々に部屋の模様替えをしました。
模様替えすると以前よりも機能的になり気分転換にもなりますね。

断捨離は思ったほどではないけど捨てました。
収納倉庫にはずっと使っていない、これからも使わなそうなものがたくさんあるので次の冬季休業期間中は倉庫の断捨離をやろう!!

やっと3月からGWなどのご予約が少しずつ入ってきました。
例年よりまだ少ない感じですが今までGWはご予約を取りすぎてきたので反省してご予約を押えていきます。
人数を抑えてより中身の濃いハイレベルのより安全なガイドを目指していきます。
でも時々、グループなどのご予約が入って人数が多いときがあったらごめんなさい。


11/6撮影、ウミウシカクレエビのペアと出会いました。
とってもゆっくり移動するナマコに乗ってお二人の旅は行き先がわからないミステリーツアー!!


9/24撮影、アカククリの群れが漁礁にたたずむ風景。
2個体くらいそっくりなナンヨウツバメウオが混泳しております。

明日はいよいよ次男の引っ越し作業と卒業式に出席のため久々に那覇に行ってきます。
中古車購入などやらねばいけない用事が多数あり、かなり忙しい那覇ステイになりそうです。
しばらく那覇なので次の更新はしばらく先になります。

それでは明日行ってきます!!

« prev: 
» next: 
2021.02.24
例年よりも温暖な2月!!

みなさん、こんばんは。

 

連日風も弱く暑い日が続いているケラマ諸島阿嘉島。

23~24度に達する日が多く外の作業は暑くて大変でした。
例年の2月よりも晴天率が高く、気温も高く視界も良い日が多いです。
一方、アメリカでは北極から降りてきた大寒波で大変なことになっています。
地球は極寒のエリアが出来るとバランスを取るために反対側などで暑いエリアが出来るのです。

20日以降から本日までは自分のお部屋の床の張替え作業、大掃除、断捨離を実施。
断捨離は思ったほど捨てられませんでしたが、お部屋はスッキリ!!
ダイビング協会の事務作業などちょいちょい入ってなかなか掃除が進まず本日で何とか70%は出来ました。
明日でほぼ終わりそうな気がします。

本日はコーラルネットのサンゴのモニタリングを行いましたが、コーラルネットごと消失しているのが多く
たいへん残念な状態でした。
失敗は成功の基!!と思い、また新たな気持ちで頑張ります!!


11/6撮影、可愛いフチドリカワハギyg。
ゆっくりと枝を縫うように泳ぎます。


9/22撮影、渓谷地形とゲストさんのシルエット風景。

昔潜りに来た時、砂地のポイントにしか潜らなかったので『ケラマは砂地しかない』と新規のゲストさん
から聞いてビックリしたことがあります。
ケラマは多彩なポイントの宝庫なのです。

各地の緊急事態宣言が予定通り解除されるのか?心配なこの頃です。
明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
2021.02.19
春の実が実り始めて!!

みなさん、こんばんは。

 

久々の更新になります。
寒気の影響で17日から寒い日が続いているケラマ諸島阿嘉島。


15日~17日はアルバイトの草刈り作業に専念。

やることがいろいろとあるため17日で草刈り作業を終了しました。

草刈り作業で楽しかったことは休憩時間にゲルマ線東側リーフ近くにザトウクジラが連日見られたことです。

それとリーダーの大先輩が今まで聞いたこともない昔の阿嘉島の話をしてくれてたいへん勉強になりました。

大先輩のお話を聞いていたらドラエモンのタイムマシンに乗って、その当時にタイムトリップしたいなぁ~!!と思いました。


18日は強風で波高5mの大時化で船は全便欠航。

この日は問題解決のためだけに時間を費やして、他に何も出来ませんでした。

 

19日は草刈り作業に参加する前に始めた大掃除と床の張替え作業が途中だったので再開。

那覇に行く前に終わるといいのだけどぉ~。
頑張るぞぉ~!!
本日の後原線ウォーキングでは桜の花がそろそろ終了でした。
今年の観察で阿嘉島の桜は約3週間が見頃であることがわかりました。
来年はもっと多くの本数が咲きますように。

 


10/1撮影、ウミキノコに切れ目を作ってそこに隠れ住むカニさん。
可愛い~ですよ。


9/23撮影、癒しのデバスズメダイが群れる風景を観賞中のゲストさん。
この日は群れにまとまりがありさらに綺麗でした。

ケラマ空港の外地展望台に行ってきました。
見られたのは両サイドに咲くケラマツツジの群生、ノイチゴが多く群生、ヤマモモもたくさんありました、
シークヮーサーの木もけっこうあるもんです。
ヤマモモは実が出来て来ていてあと1ヵ月弱で成熟するでしょう。
春の実が徐々に実り始めて陸域でも春を感じております。
それとこの日、外地島ではキオビエダシャクという蛾の群れ(100頭くらい)が見られてビックリしました!!
体がメタリックブルーで綺麗でした。
図鑑では4月~11月に4回くらい発生を繰り返している、と書かれているので時期があっていないなぁ。
しかし、マキの木(イヌマキ)の葉がキオビエダシャクの幼虫にボロボロに食われてしまっている木が2本
見つかり、食害のすさまじさに仰天しました。

明日も床張り作業頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2021.02.14
親子クジラが内海に入る!!

みなさん、こんばんは。

 

真っ青な快晴で気温24度まで上昇したケラマ諸島阿嘉島。

昼間はTシャツで過ごせました。

10日は1日中草刈り作業。
休憩中、ゲルマ線の近くで親子クジラが見られました。
慶留間線上空は大型のミサゴが飛んでいて時々海にダイブして魚を捕獲しています。
ダツを捕まえるときがあり、驚かされます。

11日は台風並みの大荒れでした。
最大風速16mを超えた時があったと思います。
午後の雨量と突風がもの凄かったぁ~!!

12日は朝から夕方まで草刈り作業。

13日は観光協会主催のビーチクリーンに参加。
阿嘉島(前浜、マジャ、北浜、アグ、後原)とゲルマ島(垣尻、港内2ヵ所)を行いましたが、そのうち僕はゲルマ島の3ヵ所に参加協力しました。
ゲルマ島は初めて3か所のうち2ヵ所は初めて行ったビーチでした。
ビーチクリーンの頻度も少ないようでかなりの量の漂着ゴミがいっぱいありゲルマ島だけでトラック3台分のゴミが集まりました。
今までゲルマ島のビーチクリーンをやってこなかったこととマイナーなビーチのビーチクリーンをやってこなかったことを反省。
これからはゲルマも有名じゃないビーチもやらなくちゃ。
この日も外地橋から親子クジラを見ることが出来ました。
親子クジラは3月中旬ころまで内海で見れる確率が高いです。

本日14日は主に事務作業。
船も少し整備。
連日の草刈りで出来ていなかったウォーキングが8日ぶりに出来ました。
やっぱりウォーキングはいいなぁ~!!
本日、優悟が3年生の授業が終わり島に一時的に帰ってきました。


10/1撮影、シチセンムスメベラygのヒレ全開!!
砂地や砂礫のポイントに多く生息しております。


8/19撮影、洞窟内に差し込む美しく揺らめく光線風景。
暗闇から正面のホール内に差し込む光線が美しすぎてジーンと感動。

17日~19日が気温下がりそうです。
寒暖を繰り返しながら春になってゆきます。

明日から再び草刈り作業、頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2021.02.09
FM横浜にラジオ出演!!

みなさん、こんばんは。

 

連日温暖な気候が続いているケラマ諸島阿嘉島。

2月とは思えない天候が続いております。

6日は太悟丸を陸揚げ、その他いろいろ作業と大掃除。

7日は昔々の阿嘉島の先人たちが作った山の中の生活道路を復活させるプロジェクトの草刈り作業に参加。
昔、阿嘉島には島の山の中のいたるところに個人の畑があり常に集落と行き来していたそうです。
先人の切り開いた道とは違った道かもしれないので、後日修正をかけることにしよう。
あっという間に1日が終わってしまいました。

8日から本日も頼まれて別の草刈り作業を実施。
毎日、草刈り作業で体中が痛いですが明日も頑張ります。

本日昼間、FM横浜にスマホで電話出演させていただきました。
ホントは近所の島の方に話が来たのですが、頼まれて僕がやることになりました。
いろいろと阿嘉島について、阿嘉島の海について、自分の人生やダイビングについてなど思ったより
長くインタビューを受けてお話しさせていただきました。
貴重な経験をさせていただき近所の方に感謝です。
そしてたくさんのゲストさんたちから『ラジオ聴いたよ!!』とラインやメール、Facebookにはコメントを
書き込みをしてくれてありがとうございます。
ここ数日間草刈りで疲れていてブログ上では事前にお知らせが出来ず事後報告になってしまって
すいませんでした。


9/12地形のオリジナルポイントにて撮影。
『ゴリラ岩』と呼んでいます。
ゴリラの横顔に見えますか?
地形って面白い!!


10/1撮影、カンザシヤドカリのペアが住んでいるあるサンゴが次第に紫色のカイメンに包まれゆき
ました。
そしてしばらく時間がたち・・・・・カンザシヤドカリは元気でした・・・・・が。
紫色のカイメンが死んでいきました。
するといつの間にか隙間でかろうじて生きていたサンゴは死んでしまい、カンザシヤドカリのペアは
姿を消してしまいました。
やっぱり生きているサンゴが住みやすいんだろうけど、その後、引っ越しをしたのか?
もし引っ越ししたのなら何時頃どうやって引っ越ししたのか?
それとも死んでしまったのか?謎だなぁ~!!

明日も草刈り作業、頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2021.02.06
ビーチクリーンでスッキリ!!~緊急事態宣言2月28日まで!!

みなさん、こんばんは。

雲一つない真っ青な快晴でべた凪のケラマ諸島阿嘉島。

本日はヒズシのビーチクリーンをダイビング協会の皆様とやって来ました。
久々にヒズシの隣のシナシルにも行ってゴミを収集。
ヒズシはアダンに木の下にたくさんのペットボトルビールの缶や発泡スチロール片、外国製漁具、カップラーメンの器など
いろいろ分別収集して綺麗になりました。
ビーチクリーンをやるといつも気持ちもスッキリします!!

午後は大掃除の続きを実施。
床材の交換作業もあり大掛かりなのに1日に少しづつやっているので終わるのは当分先だろうなぁ。

沖縄県知事は昨日(4日)沖縄県独自の緊急事態宣言を今月2月28日まで延長すると発表しました。
この判断もあり弊店は当初の予定通り3月5日から営業をスタートする予定です。
あとは優悟の卒業式を親が見に行けるのか?がとっても心配です。
見に行けますように願います。

今年のサンゴの産卵予想期間もHPお知らせ欄に掲載しました。
サンゴがどのようにして産卵するのか?まだ見たことがない方、撮影出来ていない方はぜひ予想期間内にお越しください。


10/1撮影、稀少種のクジャクベラygとアオスジオグロベラygのツーショット!!
やっぱり両方にピントを合わせるのは出来ませんでした。
アオスジオグロベラygはピンボケですが、かなり小さかったです。
この両者が一緒にいるなんて~!!一人大興奮でした。(笑)


9/20撮影、砂地のど真ん中で眠っていたアオウミガメをゲストさんたちと撮影していたらついにテイクオフ!!
ゆっくりと悠然と飛翔して去ってゆきました。
後ろ姿も見送ってカッコイ~感じでした。

明日も掃除やら何やら一つ一つ頑張ります。

 

 

« prev: 
» next: 
2021.02.04
大掃除開始!!

みなさん、こんばんは。

青空が広がり昼間は気温が上昇し暑くなったケラマ諸島阿嘉島。

 

自分の部屋の物を他の部屋に移動させる作業をやりました。
まだ半分くらいだなぁ。
なぜ移動させるかというと、床をすべてはがして張りなおすからです。
さてどのくらい断捨離出来るかなぁ?
持ち物をもっとコンパクトにしたいものです。

3日の立春は北風が冷たかったけど、本日4日は暖かくなりました。
この寒暖差の繰り返しが桜を開花させました。
本日、後原線の桜は7本くらいは花を咲かせていました。
これからもっと増えるかもしれません。


9/19撮影のホソカマスの群れ。
大きな群れが縦方向にそびえ立ちゆっくりと東へ移動してゆきました。
ストロボ光で浮遊物がたくさん反射してしまったので失敗作。


9/29撮影、淡いピンク色のイソギンチャクにクマノミygの正面顔が可愛い!!

明日はビーチクリーンをやってきます。
明日も頑張ろう!!

« prev: 
» next: 
2021.02.02
今頃、小笠原で・・・!!

みなさん、こんばんは。

 

再び冬型の気圧配置になり、夜8時くらいから北風の突風が吹き荒れているケラマ諸島阿嘉島。

2月1日は保全活動に参加。
まだ水深1m付近に白化現象が見られましたが、かなり回復してきているのがわかりました。
低温の白化は高温による白化と違ってほぼ回復します。
この時、水温21.2~21.4度。

本日2日は体調がすぐれずほとんど何もせず休養。

もし緊急事態宣言がなくコロナが落ち着いていたら今頃は小笠原でダイビング三昧だったのになぁ~!!
1/30の小笠原丸で行って2航海分滞在予定でした。
一生に一度は小笠原で潜りたかったんですが、このような状況になり全てキャンセルしました。
コロナが収束したら小笠原へ行きたいです。


9/29撮影、可愛いフチドリカワハギyg(約20mm)。
毎年ここの根で見ることが出来て今年は一度に4個体ygが集まっていました。(笑)


9/29撮影、ツムブリの大群が向こうからやってきて目の前すれすれを悠然と通過して行くときの
逆光シルエット風景。
この時は大物続出してエキサイティングなダイビングとなりました!!

4日に沖縄県の緊急事態宣言が延長されるか?延長しないのか?が沖縄県知事より発表がありそうです。
4日の発表をもとに弊店の3月5日営業スタートが適切か?判断したいと思います。

今日1日休んで体調も良くなったので明日はいろいろと頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2021.01.31
珍客☆タカ科の若いツミが来店!!

みなさん、こんばんは。

 

冬型の気圧配置や寒気がゆるみ、波風が弱まったケラマ諸島阿嘉島。

歴史的には1月29日から30日は沖縄が最も寒くなる日だと思いますが、そこまで寒くなりませんでした。

昨日30日に貴重な体験をしました。
外出から帰宅した直後、鳥がサッシのガラスに直撃、その後鳥は入り口の隣の倉庫に逃げ込み
中でバタバタしているけどちゃんと飛べない状態でした。
見てみるとくちばしや容姿から判断するとタカの仲間かもしれないと思いました。
どうやら脳震盪を起こしているようです。
捕獲して店内で様子を見ているとつかまって休んだり翼をバタバタしているうちに回復して店内で飛べるようになりました。
弊店は今まで何度も鳥が部屋の中に突っ込んできて出れなくなったり、ガラスに直撃して脳震盪を起こしたりした鳥を
見てきましたが、タカの仲間が来たのは初めてです。
弊店はなぜか鳥が迷い込んでくることがあるのです。
記念に写真を撮って元気に生き抜いてくれるように願いを込めて放鳥しました。
後で野鳥図鑑を見てみたけど載っている種にはどれにも当てはまらずわからないので阿嘉島の鳥に詳しいM氏に質問してみました。
それでおそらくタカ科の若い『ツミ』ということがわかりました。
タカにしては小さいなぁと思いましたが若い子だったんだね。
大きく成長して阿嘉島の空を悠々と飛んでほしいなぁ。

本日は昨年の保全活動の写真の整理と海に出る用事が出来てちょっと太悟丸で走ってきました。
バッテリーの充電にもなり良かったです。
遠くにはホエールウォッチング船と思われる船も見えて、いよいよクジラ来たかぁ~!!とワクワク感が弾みました。


9/19撮影、カスミチョウチョウウオの群れに包まれて大群を撮影中のゲストさんの風景。
カスミチョウの群れに囲まれると幸せを感じて嬉しくなりますねぇ~!!
写真としてはちょっと引きすぎたなぁ。


9/29撮影、ケショウハゼ(オス)の正面顔。
眼の色彩やほほの青いラインが綺麗です。
個体にもよりますがこの子はけっこう寄っても大丈夫でした。

もう1月が終わりで明日から2月。
緊急事態宣言も1か月延長が濃厚になってきたようです。
予定通り3月5日営業スタートして良いものかなぁ。

明日は朝から保全活動に参加してきます。
明後日から事務作業を減らして自分大部屋の大掃除と断捨離です。
久々だし1日少しずつやる予定なのでかな~り時間かかる予定です。(笑)

明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
2021.01.30
確定申告やっと完成!!

みなさん、こんばんは。

 

今日は冷たい北風の強風が吹き荒れ気温が寒くなったケラマ諸島阿嘉島。

後原線からヒズシを見下ろすと、荒波が押し寄せていました。
こりゃ全便欠航するわけだ。

やっと確定申告に必要書類全てがそろいましたぁ~。
月曜日に郵送して提出しよう!!
昨年はコロナで営業自粛期間があったり、コロナでご予約が減ったりで収入はかなり減りました。
昨年は6月に体調を崩したりもしたし、コロナが収束してもお客さんを取りすぎないように人数を抑えて
さらに中身の濃いガイドを目指していきます。

やりたいことが山ほどあるのに次から次へと新港入り口の工事会社などからいろいろな依頼が入り
そのことの事務処理で忙しい毎日になっております。
世のため人のために頑張ろう!!

本日の後原線ウォーキングでは予想通りある1本の寒緋桜がものすごい開花しておりました。
風が強かったためチョウ類は見られず。
沖縄の桜前線は内地とは違って北から始まってどんどん南へ開花が進んでいくんですよ。


9/28撮影のオオモンカエルアンコウ(全身ブラック)の子供(約6cm)。
黒いカイメンかと思ったけどここには生えていなかったはずだ、と近づいて見たら案の定。(笑)
ここは弊店No1のカエルアンコウ出現率を誇ります。


9/18の思い出。
たまにはワイドで接近撮影。
イソバナにヒレ全開のネッタイミノカサゴのペアがいる接近ワイド風景。

さてニュースで話題のワクチン接種はいつ頃に一般人が打てるのだろうか?
夏の終わりころかなぁ?
河野さん、頑張って~!!

明日は保全活動のデータ集計をやろう。
明日も頑張ります!!


« prev: 
» next: 
2021.01.27
蕾が次々と開花スタート!!

みなさん、こんばんは。

 

本日も温暖で風も穏やかなケラマ諸島阿嘉島。
ケラマツツジがどんどん開花してきています。
中岳頂上付近はかなり咲いています。
白いケラマツツジも咲き始めました。
26日は天気が良く気温も高かったためリュウキュウアサギマダラ(蝶の一種)が25頭くらいの集団で
ヒラヒラと飛んでいました。
きっと開花したケラマツツジの吸蜜に集まっていたのでしょう。

後原線には他にも花を咲かせようとしている蕾を持つ木が数種見られ、森全体から出る匂いも春になってきました。

寒緋桜も一つだけたくさん開花している木があります。
もう1本小さい木なのに咲き始めているのもありますよ。
早く枠内の雑草を刈り取ってあげなくちゃなぁ~。

コロナでお客さんがいないからか、ウォーキングしながら海を見ていてもホエールウォッチング船が全く見あたりません。
緊急事態宣言中なので仕方がないかなぁ~。

今日は愛機のハウジングをオーバーホールに発送しました。
営業スタートまでに綺麗になって帰ってきますように。

ここ数日間、沖縄もコロナ感染者数が増加していて病院が心配です。
宮古島もかなり感染者が多く出ているようで、町はロックダウンに近い状況だとニュースでやっていました。
宮古島の皆さんには感染対策を頑張っていただいて早く良い状況に戻りますように願います。


9/28撮影、可愛いハマクマノミのチビちゃんの正面顔。
幼魚が少なそうな正月でも小さい個体がけっこう見られてゲストさんたちも可愛いショットの撮影を
楽しんでくださいました。


9/18撮影、イソバナの周りに舞い踊るハナゴイの群れ風景が美しい!!
ケラマではよく見られる風景ですが、この時は1枚シャッター切ったら美しすぎて見とれました。(笑)
ストロボ強く発光するとハナゴイは白っぽく色が飛びやすいので気を付けてくださいね!!など
その被写体のもつ性質もアドバイスいたします。

明日の夕方から北風が強くなり気温が下がり土曜日までは寒くなりそうです。

明日も事務作業を頑張ります!!

« prev: 
» next: 
TOP