menu
海バカ日記
2019.08.27
今日からやっと外海へ!!

みなさん、こんばんは。

 

今日からうねりがおさまってきたケラマ諸島阿嘉島。
しかも快晴だったため素晴らしく明るい海底景観が楽しめました。

 

昨日と今日の2日間の海情報です。

 

見れた大物は爆睡ネムリブカ1個体、アオウミガメ3個体、ギンガメアジのペア×2、スマガツオの群れ約150個体の群れ、ツムブリ20個体ほどの群れ、
インドカイワリ4個体、ホソカマスの群れ、以上でした。

見れた主な風景はスカシテンジクダイとハナダイ類の群れ風景、グルクンの群れとカスミチョウチョウウオの混合群れ風景、一面の美しいサンゴ礁風景、
グルクンとアカモンガラの混合群れシルエット風景、洞窟内に差し込む美しい神秘的な光線風景、凝縮したキビナゴの大群にスマガツオの群れが捕食アタック
する風景、砂地のサンゴにデバスズメダイが群舞する癒しの風景、、、、などでした。

見れた主なマクロ生物の一部はミナミハコフグyg、ダルマハゼのペア、ミヤケテグリ、稀少なミゾレフグ(まだ12cmくらいでした)、ヒナギンポ、
シンデレラウミウシ、オビテンスモドキyg3個体、タテヤマベラyg(黄緑色)、オドリカクレエビ複数個体、マルガザミ、黄緑色のビラベラyg、
フィコカリス・シムランス、ウミウシカクレエビ、ヒラムシsp、・・・・などなど他いろいろ見れことが出来ました。

 

水温27.6~28.0度。

ポイントによっては浅所に濁りが残っていますが、本日、久場島は透明度良好でした。

明日以降徐々に濁りも取れてくるでしょう。


6/10撮影のミナミハコフグyg。
最近北浜に入ってきたミナミハコフグygは10mm弱でしたがやっと12mmくらいに成長していました。

6/24撮影(TG-4)の船上風景。

みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

 


洞窟地形に差し込む光のオーロラ風景。
美しく心癒されました。

明日も頑張ります。

« prev: 
» next: 
TOP