menu
海バカ日記
2019.03.17
響き渡る大音量ソング!!とディープ最高!!

みなさん、こんばんは。
忙しくて久々の更新です。
本日は静かな海と青空が広がったケラマ諸島阿嘉島。


12日からの回想記録を以下に記します。
大物狙いポイントなどで出会えた大物類は大型オニカマス、ホシカイワリ12個体の群れ、アオウミガメ、ネムリブカ、インドカイワリ、スマガツオ、コブシメ、などです。
ネムリブカはお腹に稚魚が入った個体も見かけるようになってきました。
5月いっぱいまで出産間近のお腹が大きい個体が見られます。

ザトウクジラがポイントへの移動中などで観察できております。
15日はたったの移動中に15分間見ただけでザトウクジラのブリーチをもの凄い近くで見てしまいました!!
水中で大音量ソングも何度か当たっております!!
今にも目の前に出てきそうなくらいの大音量ソングは神秘的でジーンと感動しますよ。
クジラのソングをBGMに潜れる3月は独特の魅力があります。

グルクンの群れもいろいろなポイントで好調で当たっております。

ygが続々と出現しております。
昨日はカンムロベラyg20mmが見れました。


久々にディープダイビングへ行ってきました。
スジクロユリハゼ、スジハナダイ、スジスズメダイと3種の『スジ』に出会ってきました。
他にもいろいろ会えましたがマル秘なので~す。

ウミウシはツノザヤウミウシが出てきました!
この春ピカチューはまだ会えておりません。
交接や産卵も始まっております。
アザミサンゴが多いエリアでアカクセニアウミウシも見れていて同じところにキープしております。

面白かっら生態シーンは洞窟内でイセエビの足を捕食するシチセンベラをしばらく観察することが出来ました。

気になったことは3/5から潜っていて4個体のオニヒトデに遭遇しております。
まさか異常発生の前兆じゃなければ良いのですが・・・・・?!

水温は15日からさらに下がって21.8~22.0度です。
例年よりも水温が高く一度は23度まで達したのに、まさかの急降下。
まぁ水温は上がったり下がったりを繰り返し徐々に上昇してゆくものです。


11/18撮影、美しいウミキノコ畑とゲストさんたちの風景。


12/22の船からの風景。
エキジット後、女子3名が飛び込んで遊んでいるところです。
男性陣は飛び込まず。

11/8撮影(TG-4)のスジタテガミカエルウオの黄緑色個体。

なぜかこのポイントには黄緑色個体が多いのです。

3/5から毎日潜っておりますが明日から3日間ご予約がなくお休みです。
保全活動や調査ダイビングに出かける予定です。

それではみなさんまた明日。

« prev: 
» next: 
TOP