menu
海バカ日記
2019.06.17
やっと1日だけの快晴梅雨の中休み!!

みなさん、こんばんは。

 

本日は快晴べた凪のケラマ諸島阿嘉島。

素晴らしい光線が降り注ぎ海底は絶景でした!!

 

海の中は産卵ラッシュです。
12日から毎日のようにツツウミヅタの幼生放出(産卵)が観察されています。
本日もツツウミヅタが幼生放出しているのを確認しました。
12日はクロテナマコ、ハネジナマコ、クロナマコの放精放卵も見れました。

13日の外海ではリーフ上に霧状モヤがかかったように濁ったエリアを確認。
何が産卵したのかは確認できなかったのですが、よ~く見るとほぼ間違えなく生物の産卵でした。
おそらくハナヤサイサンゴかコハナヤサイサンゴの産卵かもしれません。
その産卵の卵(幼生)をグルクンの大群が食べまくってリーフ上にとどまっているのがスゴかったですよぉ~!!
12日と13日はいろいろなポイントでグルクンの大群に当たりゲストさんたちとこの二日間を『グルクン祭り!!』と呼んでいます。(笑)


12日は大物狙いでギンガメアジの群れ200個体と遭遇、イソマグロ3+3+1=7個体、大型のロウニンアジ2個体、超巨大アオウミガメ
にも遭遇!!
13日の大物狙いはネムリブカ2個体とオニカマスしか会えませんでした。

ウミウシシーズンも終盤です。
13日はアカテンイロウミウシが1ヵ所に6個体も集まっていたのを発見!!
やや稀少なのはネコジタウミウシに会えました。
本日、美しいオトヒメウミウシは最大級になっていた個体に遭遇しました。大きくなっても色彩は綺麗~!!
他にもいろいろ会えておりますが、今シーズンはウミウシ少ない年でした。
来シーズンは多いことを期待しましょう。

地形ポイントではサクラテンジクダイの群れを発見。
ここは毎年出現するのです。
メギス科の珍しい綺麗なやつも発見。

14日は大時化になりクイーン全便欠航。
クイーン1便で到着するはずのゲストさんはフェリーで到着しましたが、かなりの強風と高波のためダイビングをお休みにしました。
久々に休めたので僕は窒素を抜きながらエンジン掃除と事務作業。

幼魚が続出しております。
まだ尾ヒレが黄色くなくて透明の極小ナンヨウハギygが出ました。
ミナミハコフグygもいろいろなポイントで出現中。

サンゴのポイントは相変わらず綺麗です。
今日も癒されたぁ~!!

これから晴れの日はケーブ内に差し込む光線風景が素晴らしく美しいです。
今日の光線はすごかったぁ~!!

本日の水温25.3~25.6度。


4/15撮影、トゲチョウチョウウオのペアが世界中で一番大好きな魚なので会えると毎回嬉しくなります。
ゲストさんたちにも『トゲチョウチョウウオのペア撮影のススメ』をやっております!!


4/4撮影、この日は体験ダイビングを2回実施。
毎日毎日ファンダイビングのガイドをやっておりますが、時々体験ダイビングもやっております。
お問い合わせください。


3/30撮影、ヒトスジギンポのやや正面右寄せショット。
この子、毎回スゴイ背伸びするんですよ。(笑)
しかし、体の半分以上出している状態も撮りましたが、やっぱりこのくらいだけ出ているのが可愛いと
いうことがわかりました。

さて、明日もほぼべた凪かなぁ。
素晴らしいガイドが出来るように頑張ります。

« prev: 
» next: 
TOP