menu
海バカ日記
2019.08.13
11日からガイド再開!!

みなさん、こんばんは。

台風9号が作った南西からのうねりがいまだに少し残っているケラマ諸島阿嘉島。

11日は早朝から船を海に降ろしてチャーター船で到着したゲストさん3名をガイド。
透明度はやや落ちていますが予想よりは良かったです。
水温27.6~28.0度で台風前より約0.5度くらい落ちましたが快適です。
北浜では10mmしかない可愛いミナミハコフグygが見つかりました。
アワイロコバンハゼは10mm前後の極小ygが数個体遊んでいました。
台風前には見なかった10~15mmくらいのサイズのいろいろな種の幼魚がいたるところで見つかっています。
カメのポイントではタイマイが3個体見れましたがそのうち1個体がとっても小さくて可愛かったです。
イソバナにヤマブキスズメダイygがかなり増えました。
10~20mmサイズがかなり付いています。

本日は1本目はヤシャハゼをじっくり見てきましたよぉ。
ホタテツノハゼ属の一種も見つけてしまいました。(笑)
ガンバって大物狙い行ってみたらキビナゴが3倍に倍増!!
それを狙ったスマガツオ6個体、ニジョウサバ5個体が猛烈アタック!!
するとグルクマの群れが通過。
プランクトンを捕食するためにアゴが外れそうなほど口を全開するのが見所!!
ドロップオフ下に降りると大型のサワラ、イソマグロ、ギンガメアジの群れ6+10個体と遭遇。
もちろんグルクンの群れもすごかったです!!
3本目はグルクン大行進とカスミチョウチョウウオの群舞の風景を観賞!!
その群れの中に大型のカスミアジがホバーリングしていました。
透明度が少し悪いため一瞬ロウニンアジと間違えました。
全身が丸見えの眠っているネムリブカもじっくり見れました。
ゲストさんがかなり寄って撮影しても起きません。
オイランヨウジも元気いっぱい!!

あとは透明度が回復しますように。


6/3撮影の極小イロブダイyg。
10mmなかったと思います。
まるで白い糸くずでした。(笑)

6/8の船上風景。(TG-4)

みなさん、ありがとうございます。

またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/15撮影の突如背後からみんなの中に入ってきて泳ぎ去ったタイマイの風景。
背景に枝サンゴの群生と小魚の群れのシルエット。

さて明日から台風10号が心配でしたが2日前の予報よりも良くなってきたのでたぶん毎日潜れそうです。
明日も素晴らしい海が見れますように。

 

« prev: 
» next: 
TOP