menu
海バカ日記
2019.11.23
風強く内海でまったり!!

みなさん、こんばんは。

分厚い雲に覆われて終始曇天のケラマ諸島阿嘉島。
20~21日は内地の寒気がやってきたためエキジット後が寒かったなぁ~。
20~21日は冷たい風が吹いたけど、本日は南東の風でエキジット後の寒さのストレスがなかったです。

16日~17日はご予約が入らずダイビングをお休みしましたが、18日からは再び毎日潜り続けております。
以下は18日から本日までの海情報です。

見れた美しい風景は、枝サンゴの群生にハナゴイの群れが舞いグルクンの行列が乗り越えてゆく風景、
漁礁ブロックに8~9個体のアカククリとそれに混じってナンヨウツバメウオ1個体の風景、
イソバナをスカシテンジクダイの大群とケラマハナダイygとカシワハナダイygが群れて包む風景、
砂地にポツンとあるサンゴにデバスズメダイygが群れる風景、などなど他にもいろいろ見れました。

見れた大物や光物系は以下です。
ずっと状況が悪いので外海には行けていなくて大物は少なめです。
大型のホシカイワリ3個体、コブシメ2個体、インドカイワリ、クロヒラアジ、巨大アマミウシノシタだけです。

見れたマクロはいっぱいありますが書ききれないので抜粋です。
ミナミハコフグyg、ホホスジタルミyg、アカクセニアウミウシの交接、スニーキーラスのペア、アカメハゼの群れ、
アオイソハゼ、ヤシャハゼとコトブキテッポウエビ(大接近成功!!)、ケサガケベラyg、ハラマキハゼ、ヒメクロイトハゼ、
ツノザヤウミウシ、などなど他いろいろ。

見れた生態シーンはタテヤマベラの放精放卵シーンを観察することが出来ました。

水温は24.2~24.4度。
刻々と水温が下がってきております。


8/23撮影、洞窟内に差し込む光線と光を見上げるゲストさんの縦位置風景。


8/22の船上風景。
みなさんありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/27撮影、背景が綺麗なマクロ写真が撮影したい方はリクエストしてください。

只今、台風が宮古島に接近中で明日にやや接近して通過する予定です。
なので明日は気を付けて島影で潜ります。

« prev: 
» next: 
TOP