menu
海バカ日記
2019.11.12
連日、小春日和続く!!

みなさん、こんばんは。

 

本日も晴れて海況と透明度も抜群のケラマ諸島阿嘉島。

 

以下は11日と12日の海情報です。

 

見れた美しいワイド風景は枝サンゴの群生に様々な種の小魚が群れる風景、爆裂する波と霧に太陽光が差し込むオーロラのような風景、
壮大なキビナゴの大群にスマガツオ7個体が捕食アタックする風景、スカシテンジクダイの大群にケラマハナダイやキンギョハナダイなどが
混泳する美しく華やかな風景、海底一面を埋め尽くす絶景のサンゴ礁風景、複雑な穴地形に光が差し込みそこにたたずむアカククリの風景
などなどでした。

素晴らしかった群れはグルクン、ハナゴイ、キビナゴです。

見れた大物はアオウミガメ2個体、ネムリブカ1個体、スマガツオ10個体以上、ツムブリ7個体、インドカイワリ7個体、
ナポレオン(80cmの若い個体)です。

見れたマクロ生物はアカクセニアウミウシ、マルミカクレモエビ、ウミテング、オビテンスモドキyg、ホホスジタルミyg、ウコンハネガイ、
オドリハゼ、などなど他いろいろ見れました。本日12日はワイド派のゲストさんのみでしたのでマクロは11日に見たものです。

水温25.3度。


6/27撮影のスミツキベラyg。
当たり前ですがノートリミングです。
小さいときはホンソメワケベラのように他の魚たちの体をクリーニングします。


8/19のログ付け風景。
この時、阿嘉島のT氏が参加。
楽しいひと時でした。


8/23撮影、ケーブ内に差し込み数条の光線とゲストさんの風景。
揺らめく光線は神秘的で情緒深い風景でした。

こんなに小春日和が続くと後が怖いなぁ~、と思っていたらついに14日は大時化のようです。
でも11月は台風が来ないし、もし時化ても潜れる程度なので手堅い安全パイな月ですね。
下旬くらいからは冬将軍到来かなぁ~?!
刻々と季節が巡っているケラマ諸島阿嘉島です。
明日からゲストさん1名のみ。
もう混雑する日はないのでプレッシャーからも解放されて、1本1本ガイドを楽しみま~す。
明日も頑張ろう!!

« prev: 
» next: 
TOP