menu
海バカ日記
2019.11.29
強風吹き荒れる!!

みなさん、こんばんは。

本日、11月に入ってから最も最強の風が吹いたケラマ諸島阿嘉島。
南にある強い台風の影響と大陸からの高気圧の張り出しの北高南低の気圧配置で強風になっております。
波高4mで船は全便欠航!!
残念ながら到着予定のゲストさんがキャンセルになってしまいましたぁ~。残念~。
おまけに猛烈な寒気まで下りて来たもんだからエキジット後、風が冷たいで~す。

以下は昨日27日と本日28日の海情報です。
昨日27日はゲストさんはいなくて午前中は保全活動に参加。
午後はマジャとヒズシに設置しているコーラルネットによる実験の観察、掃除、ネットの補強作業を実施。

昨日ゲストさんが到着していて本日28日は強風の中ですが3本ガイド。
魚群風景がいろいろ見れました。
秋に最盛期を迎えるクロスジスカシテンジクダイの群れ、越冬するキンメモドキの群れ、まだまだ壮大なスカシテンジクダイの群れ、
グルクンの群れ、ハナゴイの群れ、などです。
エダサンゴの群落に様々な種の小魚と幼魚たちが舞い踊る風景も素晴らしかったです。

見れたマクロはナンヨウハギyg、ミナミハコフグyg、ソメワケイソハゼ、ニジギンポsp、オハグロベラspの成魚(ここ必ずいます)、
マルミカクレモエビ、ホホスジタルミyg(ついにウミシダから離れるようになってきました。そろそろ旅立つかもしれません!)
、綺麗な緑色のイソギンチャクにハマクマノミyg(赤)、ハシナガベラ、クロマスクと思われる個体を発見、トサカガザミ(久々に行ったら
健在でした!!)、ケフサゼブラヤドカリ、ウミウシ数種などなど他いろいろ見れました。

水温23.8~24.2度。
本日初めて24度を切ったポイントがありました。


6/29撮影のアカネサスウミウシ。
外海の潮通しの良いダイナミックなポイントにて見つかる種です。


8/24のログ付け風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


8/26撮影、洞窟の出口にて細い光線を見上げるゲストさんのシルエットと出口のブルーの縦位置
風景。
細い光線は幻想的にゆらめき感動の風景でした。

明日も波高4mで強風なので船が欠航する可能性が高いです。
12月7日くらいまで海が時化た日が多そうです。
幼馴染の友達が来るのに心配です。
それではみなさん、また明日。

« prev: 
» next: 
TOP