menu
海バカ日記
2019.10.17
大物当たりました!!~夏に逆戻り!!

みなさん、こんばんは。

 

夏に逆戻りしたような日差しで暖かくなったケラマ諸島阿嘉島。

これからの時期、台風が来なくなると一雨ごとに徐々に気温と水温が下がるのですが、雨が降る前に今日のように気温が高まる日があります。


以下は16日と17日の海情報です。

16日は大物続出でした!!
2日間で見れた大物はイソマグロ1個体、ネムリブカ3個体(そのうち1個体は超巨大)、大型のナポレオン(1.7m級)、オオメカマスの群れ(約200個体)、
タイマイ2個体、アオウミガメ1個体、スマガツオの群れ約30個体+3個体、ツムブリの群れ(約100個体)、インドカイワリ6個体!!

見れた素晴らしい風景は川のように絶え間なく流れるグルクンの群れ風景、形を変幻自在に変えるキビナゴの凝縮大群風景、美しいサンゴ礁の逆光風景、
迫力の爆裂して砕ける波風景、美しいサンゴ礁上に鎮座してサザナミハギ3個体に甲と首周りの藻を掃除してもらっている大型のタイマイの風景、
イソバナが群生する狭い水路風景などでした。

マクロはスジタテガミカエルウオ、テングカワハギyg、フタイロサンゴハゼ、アオクシエラウミウシ、ミガキブドウガイ、マンザガマヒメヤドカリ、ヒメヤドカリ属の一種、
など、他いろいろ見れました。

水温25.6~25.9度。
60分以上潜っても暑かったのでエキジット後、寒がるゲストさんがいませんでした。


6/21撮影、産みたてほやほやの卵を守るモンツキカエルウオ。
内壁にびっしりある白いツブツブが卵です。
たくさん増えますように。


7/26撮影、薄雲などのフィルターがかかっていない真っ青な空でべた凪で、・・・・などいくつかの
条件がそろうとブルーに光線が写ります。
降り注ぐ太陽光線とお休み中のアオウミガメの風景。
ガイド中は例えありふれた風景でもより美しくお魅せしたい、と心がけています。
撮影も同じくです。

明日は波風が小さくなってポイントの幅が今日より増えそうです。
しかし、熱低の小さいうねりがそろそろ来そうな気がします。

明日も頑張ります!!

 

« prev: 
» next: 
TOP