menu
海バカ日記
2019.08.21
プチ低気圧が通過!!

みなさん、こんばんは。

 

本日はプチ低気圧が宮古島を通過したため風が強まったケラマ諸島阿嘉島。

 

19日と20日の海情報は以下の通りです。

 

オリジナルのキビナゴの大群ポイントにて光物魚群が当たりました!!
キビナゴの大群を観賞していたらスマガツオ200個体の大群と少し遅れてそれを追尾するツムブリ200個体の群れが通過!!
これが2回見ることが出来ました。
今のところこの群れは今シーズンで一番大きな群れでした!!

 

その他の大物はアオウミガメ4個体のみでした。
本日1本目潜ったポイントの近くでマンタ2枚が水面んで泳いでいた!とトゥーラトゥ社長から連絡を頂いたのですが
午後の干潮時も探したけど見つからず~。

 

風景では砕ける波とギンユゴイの群れ風景、一面海底を埋め尽くす美しいサンゴ礁風景、イソバナの群れるスカシテンジクダイygの群れ風景、
ポリプ満開のイソバナの群生水路風景、穴の中に黄金色のキンメモドキ成魚が群れる風景、・・・などが楽しめました。

マクロではトウモンウミコチョウの子供、ベニゴンベ、ベンケイハゼ、マルミカクレモエビ、アカホシカクレエビ、ソメワケヤッコyg、
極小のテングカワハギyg・・・・などその他いろいろ見ることが出来ました。

中型魚ではアオスジエビス、アカククリ、アゴハタのペアなどが面白かったです。

水温は少し上昇して27.8~28.1度。

6/4撮影(TG-4)のクモガタウミウシ属の仲間だと思うけど、カザンウミウシ属の一種

にも似ているなぁ~。
台風9号以後は一部のポイント以外は少なくなったなぁ~。

6/15の船上風景。(TG-4)

ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。

 


6/29撮影の神秘的な美しき光線風景。
ゲストさんたちは左側にくっついて光線風景を観賞しました。
心が洗い流される感じでジーンと感動しました。

 

明日も素晴らしい海が見れますように。

« prev: 
» next: 
TOP