menu
海バカ日記
2019.08.18
やっと男岩へ!!

みなさん、こんばんは。


南西からのうねりがなかなか消えないケラマ諸島阿嘉島。
北からもうねりがありましたが今日からおさまってきました。

9号が通過後は10号の影響もうけたり、その後八重山南のあたりの時化た海域からうねりがやって来て
あまり良い状態ではないお盆後半でした。
それでもゲストさんたちは『毎日潜れて良かったぁ~!!』と言ってくれております。
外海に行けたのは15日の久場東のケーブと本日の男岩のみでした。
本日の男岩はキビナゴの大群にアタックを仕掛けるスマガツオの群れ、ツムブリの群れ、インドカイワリ5個体、
ニジョウサバ5~6個体が常に見ることが出来ました。
他にホソカマスの群れ、イソマグロ1個体、オニカマス1個体が見れました。
ホソカマスの群れは台風9号前よりも個体数が増えて見ごたえが増しました。

14日以降でマクロで見れたもので特に面白かったのは立派なミズタマサンゴに住んでいたナデシコカクレエビが
綺麗でしたぁ、スミレナガハナダイのサロンパス模様が出てきたオナベ個体、元気いっぱいのヤシャハゼ、
ミヤケテグリyg、コウワンテグリyg、キスジカンテンウミウシ、ハナガササンゴに共生していたニセアカホシカクレエビの群れ、
オオアリモウミウシsp、台風後に出てくるツマジロオコゼyg、フトユビシャコの綺麗な黄緑色個体、ウスユキミノガイ、
ナミハタyg、エビ(学名ウィル エウフィリウス)、ヤマブキハゼyg、極小6mmの透明黄色のアカネダルマハゼyg
・・・・・など他いろいろ出会えました。。

水温は27.6~27.8度。

15日夜、獅子舞に参加してきました。
その夜0時前のウークイではご先祖様たちが天国へ無事に帰ったことでしょう。

本日午後はダイビングなしになり、一気に疲れが出て1時間30分も珍しく昼寝してしまいました。(笑)


6/3撮影、ネッタイスズメダイygが複数個体付いているサンゴにて、1個体そっくりだけど違う子を発見。
忙しくてよく調べていないのですが毎年この子見るけど何だっけなぁ?
全身黄色以外に何も模様がないアイゴ科の一種も最近時々見かけますが、それとも違うのです。

6/11の船上風景。(TGー4)

女子二人が強運過ぎて僕と常連の中央男性ゲストさんはかなりご利益を頂きました。
なかなか見れないスゴイシーンが毎ダイブ見れるってすごいよなぁ~!!


6/18撮影のギンガメアジの群れ風景。
この時100個体くらいの群れが3つと50~60個体の群れが二つ会うことが出来ました。
迫力もあり面白かったぁ~!!

さて明日でお盆のゲストさんのダイビング最終日です。
明日も素晴らしい海が見れるように頑張ります。

« prev: 
» next: 
TOP