menu
海バカ日記
2019.11.26
この頃、時化気味の日多い!!~晩秋のケラマ諸島!!

みなさん、こんばんは。

 

昨日に続き本日も北風が強いケラマ諸島阿嘉島。

昨日と今日はマクロフォト派のゲストさん1名だけだったのでじっくりたっぷりマクロネタを撮影していただきました。

以下は24日~26日までの海情報です。


見れた大物は超大型1m40cmクラスのロウニンアジが出現しました!!
しかもこのロウニンアジは普段はカメ以外の大物は少ないやや内湾環境のサンゴ礁と砂地のヘリをゆっくり泳いでいて僕らと鉢合わせしました!!
ド迫力でしたぁ~!!
24日は静かだったので大物狙いポイントで90cm級のロウニンアジのペア、ネムリブカ、スマガツオ約30個体の群れが見れました。
このポイントではまだまだ壮大なキビナゴの大群が見られました。
カメのポイントではアオウミガメ3個体と食事中のタイマイ2個体と出会うことが出来ました。

久々に行った北側のサンゴが美しいポイントも絶景でした。
少しレイシガイが増えていたので採取してきました。

マクロはアザミカクレモエビ、ホホスジタルミyg、オハグロベラspのペアとyg、マルミカクレモエビ、アカクセニアウミウシ、黄色の
ピグミーシーホース7個体、ハナゴンベ、バブルコーラルシュリンプ、ミズタマサンゴに住むナデシコカクレエビ、アカメハゼの群れ、
アワイロコバンハゼの成魚からygまで、ホシゾラワラエビ、イソバナカクレエビ、ホホスジモチノウオ属の一種4(ベラ図鑑P264)
を発見!!、ニジギンポsp、ミナミギンポ、ダルマハゼ、カサイダルマハゼ、などなど・・・・・・他いろいろ見れました。

24日は1日だけ透明度が上がり、水温も25.0~25.1度に上昇。
しかし、25日から再び24.4~24.5度に降下。

ここのところフィリピン西側に台風が常駐して、大陸からは高気圧が張り出したり、寒気が押し寄せて来たりで
風が強く海が時化がちです。
12月2の夜から6日までもスゴイ時化ることになっています!!
まいったなぁ~。
早く静かな日が訪れますように。


6/27撮影のハナヒゲウツボ。
本日ここに行きましたがハナヒゲは不在でした。
他は全員元気~!!


8/23の船上風景。
ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。
真っ青な空が綺麗でしたぁ!!
早くこんな天気になってほしいなぁ~!!


8/24撮影、美しいリュウキュウキッカサンゴの大群生地帯をフィッシュウォッチングを楽しみながら
まったりとお散歩~!!
綺麗で楽しかったですねぇ~!!

さて明日は午前中お休みなので保全活動に参加してきます。
午後は今現在やっている実験の調査で潜ってきます。。
何だかんだお休みの日でも潜るということで~す。(笑)

明日も頑張ります!!

« prev: 
» next: 
TOP