menu
ケラマのファンダイビング・マクロからワイドまで楽しめるダイビングならブループラネット
アクセスカウンター
コラム

2018.5.16
暖かい季節になるとアクティビティな活動もできるようになりますが、慶良間なら 年中ダイビングができます。美しい海とサンゴ礁や熱帯魚はもちろんのことですが、 慶良間ブルーと呼ばれる海の色は是非カメラにおさめたいです。

2018.5.9
慶良間で気軽にダイビングをしようと思ったら、12歳以上からご高齢の方まで安心 して行える体験ダイビングがお勧めです。透明度の高さが世界屈指という海中を、安 全に楽しく見学することができるのできっと満足いただけることでしょう。

2018.4.25
慶良間のダイビングのベストシーズンとなるのは、梅雨の明ける6月最終週ごろか ら7月の第3月曜日前までといえるでしょう。水温は27度ぐらいで、梅雨明けしている ため気温はもう真夏の状態です。台風の可能性も少なく、旅行代金まだそれほど高く なく、ポイントやボートもすいているので一番良い時期と言えるでしょう。

2018.4.18
この夏、慶良間でダイビングを楽しんでみてはいかがでしょうか。初めての人でも 丁寧に指導しますので、安心してダイビング旅行を楽しむことができます。これから のシーズンは混み合いますのでお早めにお問い合わせください。

2018.4.11
抜群の透明度の高さで高い人気を誇る慶良間の海を、ダイビングやシュノーケリン グで思う存分満喫してみませんか。カラフルなさんご礁や魚はもちろん、ウミガメ を見ることのできるポイントなどもあります。初めての方にも安心して楽しん で頂けるようなダイビングツアーを提供しております。

ご予約・お問い合わせ、お気軽にお電話下さい。

098-987-3965

お問い合わせ・ご予約はこちら
※もし繋がらない場合は、18時30分以降にお電話頂くか、
090-9781-5638 にお電話ください。
海バカ日記

☆写真教室を随時開催
コンデジの方はお悩みを解決。
一眼の方はワイドでもマクロでもカメラのポジション、作例紹介、撮影法など説明。

☆輝く夏の慶良間諸島阿嘉島へダイビング!!

  梅雨時期はイソマグロなどの回遊魚たちが繁殖のために群れを形成していて下曽根などのビッグスポット がエキサイティングで面白いです。
この頃グルクンも凝縮した大群が見られることがあります。
キンメモドキの群れも最大規模になり、それをカスミアジ等が補食するシーンも目撃できます。
様々な可愛い幼魚たちも出現して賑やかさが増します。
サンゴも復活しているポイントが増えていて絶景が楽しめます。
梅雨が明けると晴れの日は太陽光が強いため、ただでさえ綺麗な景色がさらに絶景になります。
洞窟やケーブのポイントでは美しい光のオーロラ、数条の光線風景が素晴らしいです。
砂地のポイントも一面に光の揺らめきが映り絶景です。
梅雨時期から真夏までの素晴らしい海を見にお越しください。

季節の見所の詳細は以下をクリックしてください。

  ☆6月の見所     ☆7月の見所      ☆8月の見所      ☆9月の見所

10月以降の海の見所は左側の列のボタンにある『季節の見所』をクリック!!

慶良間(ケラマ)でダイビング

ブループラネット概要

サイト名 ブループラネット
所在地 〒901-3311 沖縄県島尻郡座間味村阿嘉137
電話番号 098-987-3965
FAX 098-987-3965
メールアドレス blueplanet@oki-zamami.jp
URL http://blueplanet-aka.com
業務内容 ダイビング(ファンダイビング、体験ダイビング)、シュノーケリング(ボートシュノーケリング)、宿泊
説明 慶良間ケラマ)でダイビングならブループラネットをご利用ください。ファンダイビングではマクロ派・ワイド派、ビギナーとお客様のタイプとレベルに合わせてベストのコース取りを行います。体験ダイビングは健康な方であれば12才以上からお年寄りまでお楽しみいただけます。ボートシュノーケリングは阿嘉島以外の久場島、屋嘉比島、奥武島、嘉比島など浅所にサンゴが群生したポイント・魚群が多い所から当日の状況によりベストなポイントを決定しております。慶良間ケラマ)諸島周辺に広がる「ケラマブルー」を是非ご満喫ください。お問い合わせ・ご予約はこちらからお待ちしております。
日本
都道府県 沖縄県
市区町村 島尻郡座間味村阿嘉

慶良間(ケラマ)はこんなところ

慶良間(ケラマ)諸島は、那覇市から西に約40kmの東シナ海に点在する、大小20あまりの島からなる諸島です。 ケラマブルーと称される透明度の高い海には、美しいサンゴ礁やウミガメをはじめとする多様な生き物たちが多く生息しており、 日本有数のダイビングの聖地としても人気があります。 慶良間諸島は、もともと沖縄本島に連なる山脈の一部でしたが、地殻変動により現在のような諸島となりました。 そのため山が海岸まで迫り、切り立った崖が多い地形となっています。 慶良間諸島はその美しさを環境省から評価され、2014年3月5日のサンゴの日に、全国で31番目の「国立公園」として指定されました。 慶良間諸島国立公園には大きく分けて「慶良間諸島」と「チービシ環礁」があります。 慶良間で最大の「渡嘉敷島」や、ミシュランで2つ星がついた「座間味島」、ニシハマビーチが人気の「阿嘉島」などの慶良間諸島と、 那覇から最も近い慶良間諸島の入り口となるナガンヌ島、クエフ島などのチービシ環礁は、半日体験ダイビングなどが人気の離島です。

TOP