menu
海バカ日記

季節の見所

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

9月の見所

気候

31~24度。北、北東、南の風が多い。台風に当たらなければ、安定した海況で透明度も平均的に高い。
服装はTシャツ、短パンでOK。

水温

28.5~27.0度。
おすすめの装備は、5㎜ワンピース。

海の見所と旬

・数々の光の絶景シーンはとても感動的です。BPの詩人的ガイド(終盤期)で慶良間の海をより美しくお魅せします。
・ワイドからマクロまでハイレベルな素晴らしいシーンや生物に出逢えます。
・潮当たりの良いポイントでは美しく壮大なキビナゴの大群とそれを狙う大物回遊魚(ツムブリの群、カツオの群)が見られる。
・インドカイワリ、カスミアジ、イケカツオ、オンヒラアジ、ホシカイワリ、ロウニンアジが魚影の濃いポイントで見られる。
・マンタが大潮とその後の中潮の期間に出現する。特に大潮3日目~中潮2日目までの4日間が高確率。
・小物生物好き方には幼魚、エビ、カニ、ヤドカリ、貝類など幅広くガイドいたします。
・小さな幼魚から少し成長して色模様が変化した幼魚まで見られるので、各種幼魚の成長段階を観察できる。
・ニシキフライウオやカミソリウオが出現することがある。
・ベラ類、ブダイ類、スズメダイ類の産卵行動。

この季節の写真

スマガツオの群れ   キビナゴの大群
スマガツオの群れがキビナゴを捕食するシーン 壮大なキビナゴの大群!
マンタ 美しい枝サンゴの群生
大潮ではマンタと泳げます!
光揺らめく砂地にサンゴ
美しいサンゴ礁の風景をまったり楽しむ! 光さす洞窟のブルーへ向かうダイバー
朝日を撮るダイバー(早朝ダイビング) 夕焼け
神秘的な朝日が作り出す風景が美しい 1年で最も夕焼けが綺麗な日が多い
テングヘビギンポ カエルアンコウyg
テングヘビギンポの生息地を数ヵ所おさえております 各種幼魚の小さな個体から少し成長した個体まで各成長段階を見ることが出来ます
   
   

陸上の様子と四季

・夕焼けが美しい。
・ススキやヒガン花の開花

予約状況と行事・イベント

・しし舞い
・海域祭
・週末とシルバーウィークを除く平日はすいています。