menu
海バカ日記

季節の見所

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

4月の見所

気候

18~26度。北、東、南東、南西と時計回りに変化し、特に南西の風が多い。
ポカポカした暖かい日が多くなってきます。昼はTシャツ、短パンの日が徐々に多くなってくる。
気候の朝夜は涼しく長袖、長ズボンが合った方が良いです。
エキジェット後は寒いことがあるのでウインドブレーカー(ボートコート)を持参して下さい。
晴天の日が多く、紫外線が強いので帽子、サングラス、日焼け止めがあると良いです。
霧がたまに発生する。

水温

22.7~23.1度。おすすめの装備は、5㎜ツーピース+フード+インナー、
6.5㎜ワンピース+3㎜フードベスト+インナー、6.5㎜ツーピース+フード、ドライスーツです。
フードベストのレンタルが各種サイズありますのでご利用下さい。

海の見所と旬

・ギンガメアジの大群が出現がはじまる。
・ビックポイントで大物回遊魚群とグルクンの大群が大当たりすることがある。
・コブシメが見られる。交接、オス同志のケンカ、産卵など様々な生態行動が観察、撮影できる。
・アカウミガメと遭遇する回数が増えてくる。
・早い場所では、キンメモドキygの群が出現する。
・キンギョハナダイygの群れが出現し、水中が鮮やかに色づき、華やかになる。
・キビナゴygの群が各ポイントに出現する。
・ウミウシの種類、個体数が最も多い時です。ウミウシの交接や産卵行動をよく見かけます。
希少種との遭遇率も3月と同様最も多い。
・幼魚が次々と出現し、種類が増加していきます。
・運が良いとクジラのソングが聞けこえることがある。(中旬まで)
・ワイド派には、地形、サンゴ、魚群、大物が楽しめる冬の南側ポイントから、夏の北側ポイントまでまんべんなく潜れる。
・マクロ派には、お客様が少ない(4月末を除く)ため、リクエストの生物の観察、撮影にトップシーズンよりも
長い時間かけることができる。
・大潮の期間はシークレットタイドプールがオススメです。

この季節の写真

ギンガメアジの群れ   コブシメ
ギンガメアジの群れ コブシメ
ホエールウォッチング ホエールウォッチング
グルクンの大群 アマミスズメダイyg
グルクンとキンギョハナダイの群れ キンメモドキの群れ
グルクンとキンギョハナダイの群れ キンメモドキの群れ
ナガサキスズメダイyg ピグミーシーホースsp
ナガサキスズメダイyg ピグミーシーホースsp
コシオリエビsp シンデレラウミウシ
コシオリエビsp シンデレラウミウシ

陸上の様子と四季

・テッポウユリが咲きほこる風景は見事。
・クワの実が実る。
・ゴーヤー、ナーベーラーなどの夏野菜の苗植えがはじまる。
・様々な種のチョウが飛び交う。
・ツバメがたくさん飛来してきて、阿嘉集落内を元気に飛び回る姿が見られる。
・巨大カジキの漁獲がはじまり、港で水揚げされるのが見られる。
・モズクが捕獲される。美味。

予約状況と行事・イベント

・4月末を除けばところどころ予約があるくらいで少ない。
晴天の日が多いのにお客様が少ないので、4月はまさに穴場期間なのです。
・海開き

TOP