menu
海バカ日記
2018.07.25
透明度良好!!

みなさん、こんばんは。

 

本日から海が静かになりポイント選択の範囲が広がったケラマ諸島阿嘉島。

太陽も強い光線を放ち美しい海底景観が楽しめております。

透明度と水温がぐんぐん上昇!!

本日27.8~28.2度。


キビナゴの群れにインドカイワリトニジョウサバがアタック。
カスミアジとナンヨウカイワリの混合群がキンメとスカシの群れの根をアタックしまくっていました。
こりゃキンメもスカシも減っていくだろうなぁ~。
これから8月は食物連鎖の頂点の魚が底辺の魚を捕食する行動が活発化します!!

今日は他にスマガツオの群れが高速で何度か目の前を通過。
ネムリブカも安全停止中サンゴが綺麗なところを悠然とい泳いでいました。
アオサンゴの幼生放出も見ることが出来ました。
普段中層にいるカスミチョウチョウウオたちもアオサンゴの幼生が出てくるとそれを食べに海底一面に下りてきて
アオサンゴの幼生を捕食していました。
きっとサンゴの幼生を食べることで重要な栄養素が取り込めるのでしょう。

マクロではテングヘビギンポが数個体、ボタンウミウサギ、ヘビンギンポの一種、・・・などいろいろ。

常連さんの姪っ子の体験ダイビングも成功してとっても楽しんでくれましたぁ~。

6/1撮影(TG-4)のトサカガザミ。

見事なカムフラージュで素晴らしい!!
こういうのは一眼でちゃんと撮りたいなぁ。
このサンゴにはウズラカクレモエビも数個体住んでいます。


6/13のログ付け風景。
ちょっと写真が傾いてしまいました。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


6/6下曽根にてツムブリの小さな群れが突如出現。
目の前を通った後に僕たちが排気したエアーにまとわりついてから去ってゆきました。
これからキビナゴの群れの増大に伴い大きな群れも出現するでしょう。

 

 

どうやらしばらくは台風の影響がなさそうです。
たぶんプチ黄金の日々が続くかもしれません。
これから8月2日くらいまで素晴らしい海をお魅せ出来るようにガンバリます!!

« prev: 
» next: 
TOP