menu
海バカ日記
2015.06.14
透明度抜群!!水温急上昇!!
みなさん、こんばんは。 12日から慶良間諸島全域に水温と透明度がともに高い清澄な水が流入して包まれております。 本日の水温26.4~27.9度。 透明度は40~50mオーバー!! 太陽光も強く明るい風景が楽しめております。 1本目はダイナミックなポイントで魚群風景とポリプ満開の龍宮風景を楽しんで頂きました。 大型のネムリブカが悠然と泳いでいる姿も2度見ることが出来ました。 2本目はテンロクケボリガイとその卵を3個体ほど観察できました。ウミウサギガイの類は魅力的な種が多く慶良間にもかなりの種が生息していることを確認撮影しております。 アザミカクレモエビは4個体ほどいました。カクレモエビ属の一種はいなくなっちゃいましたぁ。 トサカガザミかその仲間も見つけることが出来ました。これ面白いですよ。(笑) 3本目は美しいサンゴ礁をまったりとお散歩。 いくつかのポイントでグルクンの稚魚の群れが見られております。 クロスズメダイyg10mmクラスが6月8日頃からいろいろなポイントで出現しております。 当たり年か!と思っていたキビナゴの群れがキビナゴの名所的ポイントを除くと急に数が減りました。 なぜだろう?? まぁそれでも例年よりは多いはず。 秘密のキンメの洞窟はゲストさんたちに大評判です。 急に数が激減することもありますが是非とも1条の光線に照らされたキンメの大群の幻想的風景を見ていただきたいです。 5/17撮影のキンメモドキygの雲海状大群とゲストさんの風景。 キンメモドキの当たり年なので群れのボリュームが壮観です。 写真では表現できないです。ぜひ見ていただきたい。 5/13撮影のコンシボリガイ。 何度会っても会えると嬉しくなっちゃいます。 5/14撮影の船上風景。 またのお越しを楽しみにお待ちしております。 明日まで頑張れば明後日からお休みです。 明日も気を引き締めてガンバリます!!
« prev: 
» next: 
TOP