menu
海バカ日記
2007.09.21
素晴らしきシークレットポイント!
みなさん、お疲れ様です。 まだ少し南からのうねりが消えない慶良間諸島。朝6時トゥーラトゥ社長とともに明日の運動会の門柱の飾り付けで使うソテツの葉を取りに山にいってきました。ケラマジカの獣道は獣臭がぷんぷんたちこめていました。かなりマーキングしているようだ。 今日は秘密のオリジナルポイントの40mに行ってきました。いろいろな出逢いがありました。本当にここの生物層は豊富だ!本当に凄い!感心しました。もっと調査範囲を広げて調べたいものだ。幼魚、深場の魚、エビ、ウミウシがこんなに見れるなんて驚きました!今年の3月からガイドしていますが潜れば潜るほどにこのポイントの面白さがわかり、毎回驚くことがあります。 40m行かなくっても21m行ければ充分に面白いのもここの良さである。お魚や生物好きな方は是非ともリクエストしてください。 今日の午後、久場島からの帰りに外地島から阿嘉のヤカラにかけて大きな虹のアーチが出来ました!綺麗だった~!操船しながらの撮影なのでこんなに傾いちゃった。虹に向かって走りましたがやがてそれははかない夢のように消えてゆきました。 ヤギ類のポリプや表皮を食べているトラフケボリダカラガイのペア。一度見つけると長期間にわたって観察できるガイドにとっては心強い生物のひとつです。この外套膜の虎斑模様がとっても綺麗です。外套膜がむけると黄色の貝殻です。現在、オリジナルポイントの龍宮への道など2ヶ所で見れます。 ヤイトサラサエビ 『おい、何やっとるか!外出たら危ないぞぉ!トラギスに食われるぞ!』 リュウキュウイタチウオ 『へっちゃらさぁ!俺の火の玉泳ぎを見てみるかぁ。』 写真は9月頭に見つけたリュウキュウイタチウオの成魚です。今まで30mmクラスの幼魚しか見たことがなかったのですがやっと成魚に出逢えました。65mmもありました。幼魚よりも黄色が濃いですね。幼魚はレモン色に近いやつが多い。瀬能先生が『洞窟内で火の玉のように泳ぐ姿を見たことがあります』とお話してくれました。揺らめく下半身から尾びれがまるで火の玉が動いているかのように見える泳ぎなのです。糸状に伸びる腹ビレが珍魚っぽくって好きです。 明日は運動会。25日は獅子舞。26日は海神祭。連休と行事が重なり猛烈に忙しいBP。頑張ります。 明日は早朝ダイビングに行こうかなぁ。
« prev: 
» next: 
TOP