menu
海バカ日記
2014.06.02
生物の産卵多い大潮!!
みなさん、こんばんは。 毎日雨が降るような天気予報が外れて曇時々晴れになっている慶良間諸島阿嘉島。 午後から続いていたべた凪は終わり波が少し出てきました。 と言っても波が2.5mまで上がる予報でしたが2m弱ですみました。 今回の旧暦の5月1日の大潮は1年中の中で流れが強い大潮ベスト5に入ります。 生物の産卵もたいへん多く、毎日ブダイ類各種、ベラ類各種、貝類2種、サザナミハギの産卵を確認しています。 産卵がたいへん多いだけあり海は若干濁りがちでした。 海上ではサンゴの卵のスリック(水面に大量の卵が集合したもの)も見つけました。 水温は23.8~24.5度を推移。 そろそろ23度台の水温から脱して安定して24度台になりそうです。 6月中旬には25度に達してサンゴの産卵が見られるでしょう! 5/17撮影、慶良間の海でお店を始めてから毎年700本潜っていますが、写真のオナガエイ(全長2.5m)と出会ったことは初めてです。 世界各地に分布しているようですがどこも数は少ないようで『オナガエイ』という名前も耳にしません。 なかなか会うことが出来ない稀少な大物に遭遇してしまったのです。 慶良間の海は今でも新たな出逢いと感動を与えてくれます。 5/16撮影、エビカニ好きご用達ポイントにてマルミカクレモエビを発見。 いつ見ても擬態精度が高い! 見てみたい方、撮影したい方はリクエストしてください。 5/16撮影の船上風景。 お二人ともまたのお越しを楽しみにお待ちしております。 さて、明日は急遽用事が出来て日帰り那覇!
« prev: 
» next: 
TOP