menu
海バカ日記
2008.10.28
海が凪ぐ寒露!
みなさん、おはようございます。 今朝は肌寒く少し冷え込んでいる慶良間諸島阿嘉島。北側が少し波がありますがそれ以外は静かです。毎年、24節句の寒露という時期の前後1週間は海がべた凪かそれに近い状態になります。今年も素晴らしい海況に恵まれました。10/23(この日は寒露の日にあたります)は下曽根にも潜れました。 10/23カメのリクエストがありタートルヒルへ。いつも混雑しているポイントですがこの日はウチ入れて2隻だけでした。エントリーするとすぐにアオウミガメが登場!ツバメウオがアオウミガメを追いかけるような行動が見られています。カメの糞を食べたいからか?追随するツバメウオが面白くて下から太陽と重ねて撮影しました。 シークレットタイドプールの住人のシマギンポです。水深50cmあたりが好きなようです。腹ビレ横にある円形班が特徴。死んだフジツボなどによく入ります。今度はもうちょっと寄って大きく撮ってみます。 ダイビングから帰ってきて久々に疲れて横になろうとしたらスタッフのチエから電話がかかってきました。どうやら夕焼けが綺麗だという情報が入りBPは前浜に行って見ました。山際が綺麗なピンクに染まっていてその周りが紫色、頭上の空は青い夕景でした。 ダイビングシーズンも終盤期に入りました。11月末の連休が終わればシーズン終了といってもいいでしょう。11月末の連休以降はたまにお客さんが来てくれるくらいになります。あともう少しなので頑張ります!
« prev: 
» next: 
TOP