menu
海バカ日記
2018.05.24
水温急上昇!!

みなさん、おはようございます。

北西系統の風が続いているケラマ諸島阿嘉島。

 

昨日から水温が24.7~24.8度に上昇しています。
サンゴの産卵期間が近いのに水温が上昇しないから心配していました。
サンゴが産卵する25度ももうすぐでしょう!!

梅雨時期は海が荒れることが少なく安定しているため1年で最も下曽根に行ける時期でちょいちょい下曽根に通っております。
昨日も行ってきました。
グルクンとウメイロモドキの大群が根の上にかぶさってきて凝縮した大群に包まれて至福の時を味わいました。
もちろんイソマグロの群れやロウニンアジも見れました。

美しいナガサキスズメダイygもどんどん個体数が増えてきております。
ウミウシの産卵中や卵がいたるところで見れています。
イシモチ類はまだ口内保育続いています。
石が荒らされてしまったフリソデエビのペアは健在でした。

4/27撮影(TG-4)のフチベニイロウミウシ。

例年2個体くらいしか会えていないのに今年はすでに5個体も会っています。
当たり年かなぁ。

4/29撮影(TG-4)のカエルアンコウyg。

体中にモジャモジャの皮弁があります。
今日もこの子に会いに行きます!!


さて今日も北風でちょっと涼しいです。
早く南風になってほしいなぁ。
今日も素晴らしい海が見れますように。

« prev: 
» next: 
TOP