menu
海バカ日記
2018.05.29
水温上昇!!~幼魚急増!!

みなさん、おはようございます。

忙しい日々が続いていてなかなかブログ更新が出来ておりません。
ごめんなさ~い。
忙しすぎていまだに写真ソフトのアップデートが出来ておらず、ワイド写真が掲載できずにごめんなさい。
もうしばらくお待ちください。

晴れの予報が続いているもののここ2日くらいは雲が多いケラマ諸島阿嘉島。

26日くらいから水温24.8~25.2度に安定してきました。
それに伴い幼魚が急増しております。
20mm弱のイシガキカエルウオygやヒトスジギンポygも出現し始めて可愛すぎる~!!
25日と28日はギンガメアジの大群にも遭遇!!
27日はイソマグロの群れとホシカワワリのクリーニングを観察。
他の時期よりも超大型のアオウミガメのオスに遭遇する確率も梅雨時期は多いです。
27日はコブシメの産卵も狙い通りじっくり観察できました。
サクラテンジクダイの群れやヒメヒラタハエルアンコウなども発見!!
ここ数日、ツツウミヅタの幼生放出も見られています。
ウミウシはまだまだ多種出現継続中。
という感じでケラマの水中はにぎやかで様々な生命が一生懸命生きている姿が見られております。

4/30撮影(TG-4)のコダマケボリ。

この類の貝類は出来るだけローアングルで顔も写しこんでみることをオススメします。
などなど様々な撮影アドバイスをしております。

4/30撮影(TG-4)のパンダツノウミウシ。

ゲストのみなさんも激写してくれました。

僕の長年のデータでは水温が上昇中の24~25度と降下中の24~25度の二つの時期に多く遭遇しております。
とは言っても真夏も会えますけどね~!!


さてそろそろミドリイシサンゴ類などの産卵が近づいていおります。
昨日から夕方に産卵チェックをやっております。
さていつになるかなぁ?
子供たちもゲストさんたちもみんな見れますように!!
そして今日も素晴らしい海が見れますように!!

« prev: 
» next: 
TOP