menu
海バカ日記
2007.06.21
梅雨明けの慶良間諸島!
みなさん、お疲れ様です。 先週末から数日間がとっても忙しく更新できませんでした。 気象庁からの梅雨明けの発表はまだありませんが、今日は事実上は梅雨明けと言ってよいでしょう。昼間はまだ雲は少しありましたが、強烈な日差しが照りつけて真夏の慶良間諸島に突入しました!先週末から現在、海も静かです。これからべた凪快晴の日が続く『黄金の日々』が6月末から7月中旬にかけて1週間から10日間続く日があるでしょう!この黄金の日々に当たったらラッキーですね。 お花畑に潜るとごく普通に見られるシーンです。ここはトサカを背景にした綺麗な絵を撮ることが出来るポイントの一つです。 あるカイメンに見事にカムフラージュして着生しているワタグモウミウシです。本種の擬態精度は生物界の中でもトップクラスでしょう。発見したときは写真を撮っても『どこにウミウシがいるんですか??』とか、もし指示棒で『これですよ!』ってやっても『いったいどういうこと??』って言われてしまうくらい擬態がうまいウミウシです。少しだけ盛り上がっていて触覚さえ出していないことが多いです。写真のはわかりやすいように一度はがして置きなおしました。産卵も確認しています。 先日、ニシキテグリが結構見れるポイントを発見しました。ポイント名は『ビッグマンダリン』。ある時刻になるとユビエダハマサンゴの上に堂々と全身出てきてウロウロする姿が見られます。これからもっと詳細な調査を行って来シーズンにはサンセットダイブでニシキテグリの放精放卵シーンをガイドしようと思います。 さっき外へ出てみたら漆黒の夜に無数の星屑たちが輝いていました。
« prev: 
» next: