menu
海バカ日記
2017.08.18
本日、高気圧ど真ん中!!

みなさん、こんばんは。

今日も湖のように静まり返ったべた凪快晴のケラマ諸島阿嘉島。

高気圧のど真ん中にケラマが入りました。

今日の1本目は昨年白化したが奇跡的に復活を遂げたサンゴ礁のポイントへ。

美しいサンゴ礁の上にハナゴイとグルクンygの群れが舞い踊り綺麗でしたぁ~!!
2本目はゲストさんが入れ替わったため昨日に引き続きまたもや下曽根へ。
今日はロウニナジのペアが二つと大型のカスミアジ5個体、大型のイソマグロ1個体がグルクンの大群
の周りを悠然と泳いでおりました。

下曽根の表層にはクラゲの大群が泳いでいました。
もしかしてあと数日後の大潮にはマンタいっぱい見れたりして~!?
3本目はまたもや外海のダイナミックオリジナルポイントへ。
霧が立ち込める岩礁水路に70cmくらいの下曽根で見るやつより若いロウニンアジ10個体が固まってウロウロしていました。
ここはケラマでもなかなかないロウニンアジのクリーニングポイントなのです。
キビナゴの大群も素晴らしかったぁ~!!
地形良し、群良し、船の下はサンゴも良し!!


7/27撮影、巨大なモヨウフグのエラをホンソメワケベラのペアがクリーニング中のシーンです!!

約10分間以上にわたりじっと動かないモヨウフグに大接近出来たのは初めてです!!

ホンソメワケベラたちは口の中も何度も出入りして一生懸命掃除してくれていました。

魚たちの健康を維持してくれるのに貢献してくれているホンソメワケベラに感謝。


7/26の船上風景。

みなさん、ありがとうございます。

左端は那覇から帰島してきてゲストさんと一緒に潜った太悟です。


8/14撮影、テーブルサンゴの群生の所々にブルーの枝サンゴやピンクのコハナヤサイサンゴなど
が美しく群生!!
ゲストさんたちはエクジット後みんな『ここのサンゴ綺麗~!!』と言ってくれました。

修業以時代からガイドしておりますがここは一度サンゴが全滅しました。

修業時代のポイント名は『パットサイデリア』(笑)


只今昨日から太悟が再び帰島しておりますが明日帰ってしまいます。
次に会えるのはシーズンがほぼ終了したときに僕が那覇に行ったときだろうな~。

どうやらべた凪もそろそろ終わりのようで明後日くらいから徐々に波が高まりそうです。

明日も素晴らしいガイドが出来ますように。

« prev: 
» next: 
TOP