menu
海バカ日記
2011.07.27
屋嘉比島とマジャの保全活動!!
みなさん、お疲れ様です。 今日は南東の風が吹いてきてほんの少しだけ波立ってきました。 朝から屋嘉比島の気になるエリアへ同じダイビング協会会員と保全活動に行ってきました。BPはオニヒトデを29個体採取しました。GW以降からなかなか時間が取れずに屋嘉比まで保全活動で足を延ばせませんでしたが時間が取れればまた行きたいと思います。 フェリーでUちゃんファミリーが到着して1本ガイド。慶良間随一のヤノダテハゼのコロニーでUちゃんに撮影していただいていたらなんと撮影途中でバッテリー切れ。明日フル充電でリベンジしていただきましょう! 夕方に再び保全活動でマジャへ。BPは船長でしたが潜りました。船長なのでいろいろやることがあるためみんなよりも後からエントリーして先にエキジットしてたった25分間の潜水時間で56個のレイシガイを採取しました。それでもマジャにレイシガイに全くやられていない完全なミドリイシサンゴが以前よりも増えていることが分かり嬉しくなりました。マジャは夏の間も毎週保全しているため効果が出ていることが明らかになりました。 7/12北浜にて撮影。この時のキンメモドキの群れが最大規模。根が見えなくなるくらいキンメモドキが埋め尽くし根は黄金色に輝いていました。K親子がキンメの群れに見とれている夏の風景です。 7/13久場島にて撮影。多くのウミウシたちは天井のようなところから下へ降りるとき写真のように尾でつかまって体をめいいっぱい伸ばしていきます。そしてなんと尾から透明な糸を出して(出ているのが見えるのと見えないのがあります)降りてゆくのです。知られざるウミウシの生態であり技でもあります。まるで蜘蛛のようですね。 7/12屋嘉比からの帰りの海上で撮影。Nさんはまだ石垣島にいるのかなぁ。 Nさん、Kファミリー、Fさん、またのお越しをお待ちしております。
« prev: 
» next: