menu
海バカ日記
2009.04.03
小野さんと一緒にピカチューspを撮影!!
みなさん、お疲れ様です。 南東の弱い風が吹きたまに晴れ間が出た慶良間諸島阿嘉島!午前中はウメちゃん家族3名とホエールウォッチングに行ってきました。ブロー間隔18分という息の長いシンガー(オス)を見ていたら全速力で移動し始めました。トナキ曽根あたりまで来てからクジラの動きが読めなくなり困っていたらキヨヒデさんが漁師からの情報をキャッチ。行ってみるとなかなか活発な3頭が頻繁に出てくれました。おまけにイルカが周りにたくさん群れていて楽しませてくれました。 午後はウメちゃんの奥様をガイド。海底砂漠へ。今日は大変嬉しいことがありました。昨日、ウメちゃんをガイドしている時に発見したウミウシが写真すら見たこともない種であったため捕獲して今日撮影することにしていました。昨夜そのウミウシについて小野さんに特徴だけメールしておきました。海底砂漠でヤシャハゼやネジリンボウを撮影してもらったあと浅所に移動すると誰かが水面で手を振っていました。よく見るとその人はツノザヤウミウシのポーズをしました。『あっ、小野さんだ~!』と気がつきすかさずポケットからピカチューspが入ったカプセルをお見せしました。船の下に帰ってきてピカチューspを砂地に置いて小野さんと一緒に撮影しました。BPと小野さんが一緒に撮影しているところをウメちゃんの奥様に撮影してもらえばよかったとちょっとだけ後悔しました。 ピカチューspとしておきますが詳細については後日、小野さんから教えてもらう予定です。エキジット後、小野さんもBPも『可愛い~!綺麗!』と叫んでいました。小野さんは『調べてからメールするよ!』と言ってくれました。エキジット後にわかったことですが小野さんはブツブツで潜っていて帰りにBPの船を発見して船を横付けしてピカチューspに逢うためにBPのところに来てくれたのでした。水中でもいろいろと説明してくれまして小野さんのウミウシに対する情熱が伝わってきて感動しました!初物ウミウシを一緒に撮影できたことも嬉しい出来事でした。 とりあえずピカチューspの未記載種については小野さんからのメールが来次第このブログ上で発表します。 毎年3~4~5月は驚くような初物ウミウシに出逢えます。 さて、4/1にトゥーラトゥ社長から電話がありました。4/1トゥーラトゥ社長は別府温泉で飲み会を楽しくやったそうです。九州の温泉は評判が良いのでBPもいつかは行ってみたいなぁ。
« prev: 
» next: