menu
海バカ日記
2019.01.11
冬季休業前ラストにオオセに遭遇!!

みなさん、こんばんは。

 

弱い東南東の風で静かな海が広がる慶良間諸島阿嘉島。

本日午前中はリーフチェックをダイビング協会メンバーと実施してきました。
リーフチェックとはサンゴ礁の生物相のライン上定点観測調査です。
ラインの下にアオウミガメが寝ていてビックリ!!
しかも調査中にこの冬初のクジラのソングがかすかに聞こえました。
おそらく推定5~6キロは離れているでしょう。
3/1の営業スタート時には多くのザトウクジラで賑わっていることでしょう!!

さて8日の午前中2本で今シーズンがホントにラストガイドでしたが、
そのラストの2本目に2mクラスのオオセに遭遇出来ました。
少し泳いでは着底し、しばらく撮影していると泳ぎだして、また着底するといういつもの感じでした。
お腹は大きく膨らんでいて出産まぢかのようでした。
ケラマの冬の使者であるオオセは出産のために浅所にやって来るのでしょう。
他にも何か目的があるのだろうか?
通年見れるわけではないので謎が多い珍ザメである。
オオセは年末から出現して稀にGWくらいまで見れることがありますが、だいたい4月初旬までが見れる期間です。


10/12撮影のアカテンコバンハゼ。
通常撮影しにくいアカテンコバンハゼがココでは上に上がってきたりして撮影出来ます。
奇跡のサンゴなので~す。


9/19の船上風景。
みなさん、ありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております。


9/24撮影。
この日、イジャカジャでマンタ2枚と遭遇!!
写真は頭上を通過中です。
カスミチョウチョウウオの大群の中を泳ぐマンタの風景は素晴らしかったぁ~!!

明日もリーフチェックに行ってきます。
明日もやることが山積み。
頑張りま~す!!

« prev: 
» next: 
TOP