menu
海バカ日記
2008.01.09
優悟、初釣り大漁!!
みなさん、こんにちは。 昨日は快晴べた凪でしたが今日は雨が降り目の前の慶留間島さえももやでかすんでいる阿嘉島です。 昨日は朝からあるプロジェクトのために必要な写真を撮影しに久場島で10ポイント10ダイブしてきました。1ダイブ15~20分間を10回繰り返して久場島のポイントの主にサンゴを撮影してきました。このプロジェクトは慶良間全体のことでみんなで手分けして担当エリアを決めて撮影しています。BPは久場島を最も得意としている海域でおそらく慶良間諸島全体の中のたくさんあるショップのなかで最も久場島に日常的に通っているためBPが久場島を担当させていただきました。今後BPがポイントとして確立したオリジナルポイントの一部の数ポイントを公開しなければいけない日があと数日後に迫っています。でもこれも慶良間の海を守るためなのです。是非ともご理解ください。 午後は優悟と約束していた釣りに出かけました。なかなかシーズン中は何度か泳いだくらいでアウトドアな遊びを一緒にしてあげれなかったので今日はダメおやじなBPもちょっと頑張りました。慶留間島の港にヤマトミジュンの群が入っていたのでサビキで釣りました。釣竿はつい先日1/5に5歳の誕生日を迎えたときにBPが優悟にプレゼントしたものです。はじめは釣れませんでしたがしばらくすると入れ食い状態になり優悟は大興奮して大喜びで静かな慶留間港は優悟のはしゃぎ声がこだましました。 ヤマトミジュンを釣り上げて満足そうな優悟。普通のミジュンよりも3倍は大きいです。優悟は釣り上げるとピチピチとはねるヤマトミジュンを手つかみしてクーラーボックスに入れて『お父さん、また釣れたぞー!』を連呼。後半はまき餌の投げ方も上手になってきました。 慶留間島からの帰り道、阿嘉大橋で佐久原の奇岩群に沈もうとしている夕陽が前浜をキラキラと輝かせていました。オレンジ色の輝く道を見て優悟も『お父さん、綺麗だねえ。』とつぶやいていました。綺麗なものを見て綺麗と感じて言えることはガイドダイバーのおやじとしては大変嬉しいことでした。 釣果はこんな感じ。総数は45匹。太悟と優後にたくさん食べてもらうためにたくさんあげました。残りは近所のおじいおばあにプレゼント。太悟、優悟は魚を配っていたらおじいおばあから お年玉をゲット!BPは新鮮な無農薬野菜をいただきました。 夜はトゥーラトゥ社長に呼ばれて晩御飯兼飲み会。年末からトゥーラトゥ社長とスタッフが作ったガラス玉の照明がいい味を演出してくれました。写真は飲み会スタート直前。 琉球料理居酒屋の『カチャーシー』のオーナーと飲みました。オーナーはとっても話が面白い方で笑いが絶えませんでした。グルクンのネギたっぷり漬けとミジュンのたたきは美味しすぎてノックアウトでした。 BPは1時過ぎに撃沈。トゥーラトゥ社長とオーナーは朝6時過ぎまで飲んだそうです。BPは朝6時に起きてトゥーラトゥのテラスに電気がついているのを見てビビリました。しかし、トゥーラトゥ社長の体が心配です。
« prev: 
» next: 
TOP