menu
海バカ日記
2011.04.17
久場島にもオニヒトデ!駆除します!
みなさん、こんばんは。 昨夜は島に1軒だけのバー、ヨナミネハウスの5周年記念パーティーで夜遅くまで総合センターで島の方々と楽しく飲みました。総合センターには100名以上の人が飲みに来ていてオーナーSの父親や師匠は心の中でうれし泣きをしていたことでしょう。ヨナミネハウスオーナーの師匠や先輩たちはカクテルを作るために自分のお店を閉めて那覇からやってきてくれていました。ウチナーンチュ(沖縄人)のフルート奏者の西中さんや阿嘉島出身の和丸も参加して祝宴を盛り上げてくれました。 これからもますます島の飲みどころとして繁盛してほしいです。 この記事を書いている直前までお客さんたち4名でヨナミネハウスに行ってました。 さて昨日は4月半ばだというのにクジラのソングが大ボリュームで聴こえましたが今日はさすがに聴こえませんでした。久場島ではオニヒトデの群れを見つけて、本格的にカキジャーと網を持って15個体ほど採取してきました。綺麗なサンゴ礁が少し食われてしまいました。明日午後はこのポイントを潜るガイド仲間と一緒に取残しがないか3名で潜り徹底的に保全活動をしてきます。 ここのところ潜っていないんですが屋嘉比島のサンゴ礁も心配です。一日も早くチェックしに行きたいです。オリジナルポイントのコーラルウェイはどうなっていることやら? 4月5日(旧暦の3月3日)浜下り(ハマウリ)の一場面。旧暦の3月3日に浜に降りて砂浜に足を付けて健康を祈願するということから始まった女性の行事です。西と東に分かれて喧嘩のまねごとみたいなこともやります。最近はおとなしい感じです。昔は髪の毛を引っ張るくらい本気だったそうです。想像したら怖い!今年はイミ(今年に入ってから近い親戚が亡くなった方)のオバアが多くオバアの参加者が少なく寂しかった気がします。本来ならば着物を着たオバアたちが大勢いて神がかり的な雰囲気があるのです。 4月6日にはミチズネーという仮装行列もやります。これも厄払いの目的だと思います。 しかし、毎年、面白い仮装をしてくれて楽しいです。本棚の製作途中でも手を休めてカメラを持参して見に行きました。 明日は風が回るようです。夕方には北風で涼しくなっているんでしょう。暑くて安定した海況の日が長いこと続いたので仕方ないかな。3月末から今日までの降水量も極端に少なく畑をやっているオジイオバアは毎日畑の水やりがたいへんだそうです。
« prev: 
» next: 
TOP