menu
海バカ日記
2018.05.11
フリソデエビの石がぁ~・・・・!?

みなさん、こんばんは。

8日からずっと強風が続いているケラマ諸島阿嘉島。
水温23.7~23.8度。

ホソカマスの群れは例年ですとこのポイントから姿を消す時期ですがまだ健在です。
ムラサキウミコチョウが泳いでいるのを時々観察できております。
フリソデエビの住んでいる転石が何者かにひっくり返されたままになっていて小さい方の個体しか見つかりませんでした。
ひっくり返した転石を元に戻さないマナーが悪い方がいたようで困ります。
次に行ったときにいるかなぁ~??
今年はアカテンイロウミウシが多いこと!!毎日2個体以上見ています。
シロボンボンウミウシなど例年この時期に会えるウミウシに毎日次々と会えております。
3月に見つけたハナヒゲウツボygは健在でしかも寄れるようになりました。
数種のイシモチ類の口内保育も確認しております。
是非とも口の中の卵を狙って撮影してみてください。
キンチャクガニは冬と比べると抱卵している個体に会う確率が高いですねぇ~。

今シーズンは今のところ例年よりも生物の出現や生態行動などが遅れている傾向です。

3/30撮影(TG-4)、美しいヒョウモンウミウシと出会いました。


また会えますように~。


3/27撮影、美しいサンゴ礁を泳ぎ渡るグルクンの群れ風景。

まさにケラマらしいケラマの海の原風景です。

ただでさえ美しい高被度サンゴ礁の上をメタリックブルーに輝くグルクンの群れが泳ぐ風景は絶景で
癒されます。


明日は風も弱まり波も下がって海が静かになって来るでしょう!!
素晴らしい海が見れますように。

« prev: 
» next: 
TOP