menu
海バカ日記
2007.06.14
サンゴの子供たちを海へ!
みなさん、お疲れ様です。 4日間お客さんがいなくって窒素抜きをしたBP。もう梅雨明け間近です。梅雨が明ければトップシーズンに突入!もうこれで最後の休日となったBP。さっきクイーンでお客さんが到着したので午後から2DIVE+夕方1DIVEしてきます。夕方はサンゴの再生活動の作業です。つい先日のサンゴの産卵で生まれた卵を基盤に着床させてその基盤を海中に設置する作業です。 ある程度大きくなったら他の場所に移植しようと思います。こうやってサンゴを増やしていくことも大事だと思います。 6/3のシークレットタイドプール水深50cmで発見したヒメタマブドウギヌです。真っ白な体に真っ白な貝を背負って海草地帯を歩いていました。かわいい。図鑑の通り触ると白い液体を出します。座間味の小野さんに聞いたら沖縄本島のほうがいるみたいで小野さんは今現像中だそうです。慶良間ではかなりの稀少種でしょう。写真に映っている気泡は海草たちが光合成で作り出した酸素の気泡です。 6/1下曽根23mの棚で鎮座していた2m近いネムリブカです。エラのあたりが白くなっているのが気になりました。この日は掲示板に書き込んでいるEさんだけでした。大物たちが続出で素晴らしかったです。ブログにはマクロ生物の写真が多く載せていますが実際のガイドではワイドとマクロをバランスよくお見せしています。このブログを見てBPはマクロ専門店と思われるのは困りますのでお知らせしておきます。どうしてもBPの5~6年前のコンパクトデジカメはワイドの撮影に弱くなかなか載せられないのが現状なのです。 HPのトップ画面と予約カレンダーを更新しましたのでみなさん確認してみてください。 夏のご予約をお待ちしております。
« prev: 
» next: