menu
海バカ日記
2018.04.22
グルクンに追いかけられるロウニンアジ!!

みなさん、こんばんは。

今日は曇り空で光が差さなかった慶良間諸島阿嘉島。
水温22.8度。
2日前から透明度は悪いままです。
GWになる前に綺麗な水に入れ替わってほしいなぁ~。

キンメモドキygの群れが増加してきました。
キホシズズメダイygキンギョハナダイygなども日に日に多くなってきている傾向です。
海の中がどんどんにぎやかになって来るでしょう!!

サンゴが綺麗なある一部のポイントでは昨年よりもレイシガイが増えている傾向にあると感じております。
昨年まではほとんどいなかったポイントにも増えて来ているのです。
ガイドしながら自主的な採取作業をちょこちょこ実施。

今日の大物はイソマグロ2個体+5個体、ホシカイワリ2個体、超大型のアオチビキ、そして狭い水路から
巨大なロウニンアジが突如出てきたときはビックリしました!!
しかもそのロウニンアジの後にグルクンの大群がかたまって追いかけていました。
普通はグルクンの群れをロウニンアジが追いかけ回して捕食するってのがよくあるシーンですがこれは逆でした。(笑)
もしかして動物行動学で学んだモビングかもしれません。
弱者が群れになって強者を追い払うという行動です。

本日マクロではフタイロカエルウオがハッチアウト寸前の目が出来上がっている卵を守っているのを
観察したのが面白かったです。

稀少種のミゾレフグにも遭遇しゲストさんたちと激写しました。

3/13撮影(TG-4)、トウモンウミコチョウが棒状カイメンを食事中を観察。

撮影してみると食痕が見えますね。

いまだかつてウミコチョウ系の産卵を見たことがない。
どこにどのような卵を産み付けるのか?
普通は食べ物であるこの棒状カイメンに産み付けそうだけど見たことがないなぁ。
いつか見れますように。



3/26撮影、ツノダシの大群に遭遇!!
ツノダシの大群は主に3月(時々4月にも)に繁殖のため大群をなして移動しているところに遭遇する
ことがあります。
写真は群れの一部で全体はこの4倍はいました。
毎年3月に2回くらいしかしか見れていないことが、自分の誕生日に起こって嬉しかったなぁ。
海からの誕生日プレゼントと思っております。


さて明日はゲストさんがクイーン2便でお帰りのため午前中2本でガイド終了です。

明日もガンバリます!!


« prev: 
» next: 
TOP