menu
海バカ日記
2007.05.20
ウミウシと秘密のビッグスポット絶好調!
みなさん、お疲れ様です。 ここ数日間晴れなくって蒸し暑い日が続きましたが今日は北風になり涼しい慶良間諸島。 実は昨日、エンジンを始動しようと思ったらバッテリー切れでエンジンがかかりませんでした。急遽他の船を傭船してガイドすることが出来ました。今日の午前中の1本目まで傭船した船でガイドして昼に新しいバッテリーに交換する作業をして午後のガイドから太悟丸で走ることが出来ました。 1本目は久しぶりに『ウミウシ王国』に潜りました。最近はウミウシのポイントが増えたせいもあって『ウミウシ王国』は久しぶりになりました。ウミウシシーズンなのでいるはいるは次から次へとウミウシに出会い、お客さん3名は激写でした。学名トルンナ・プルプロペディス。浮遊中のところを発見。素晴らしい色彩ですよね。年に何度か逢うけど逢えると嬉しいです。 転石をめくったら夜行性のウミシダがいました。めくった石の裏をよく見るとコシオリエビがペアでいるかのように見えました。観察してみると1匹のコマチコシオリエビが脱皮直後の瞬間の生態シーンであることがわかりました。こうやって皮を脱いで成長してゆくんだろうなぁ?コマチコシオリエビのバリエーッション固体と思われます。普段のガイドでは生物をただお見せするだけじゃなく生態行動などの説明を出来るだけするようにしています。 2本目に行ったオリジナルポイントです。おわかりだと思いますが写真はギンガメアジです。ドロップオフを降りたらすぐにギンガメアジの群がBPたち5名に突進してきて右へ左へ動き回りた遠ざかり、そして、また大接近してきて去ってゆきました。スピードが速いのでぶれてしまいました。2本目はほかにイソマグロ5匹、カメ、ネムリフカなどに出逢えました。
« prev: 
» next: 
TOP