menu
海バカ日記
2016.09.11
べた凪!!~下曽根!高内瀬!
みなさん、こんばんは。 昨日と今日は素晴らしいべた凪の海が広がっております。 天気予報は晴れマークですが太陽は時々出てくるといった感じです。 外海は透明度抜群、内海は13号の影響でかまだちょっと濁っております。 水温は外海は29度前半。 昨日の下曽根は28度台を記録しました。 この水がケラマ全体に行き渡ればよいのに。 昨日の下曽根は潮が超ゆるゆるの割には当たりました。 マダラトビエイ3枚、イソマグロ3個体、巨大ロウニンアジ2個体、ロウニンアジ若魚3個体、テングハギモドキ超大群、グルクンの群れ、コクテンカタギの群れ、ネムリブカはそこらじゅうで泳いでいて5個体以上見ました。 優雅に泳ぐマダラトビエイ3枚の編隊は素晴らしかったぁ~!! 今日は高内瀬で大型のナポレオン、イソマグロ3個体、スマガツオ100個体の群れがキビナゴの群れを捕食するシーンを何度も見ることができました。 アカネハナゴイのディスプレイが綺麗だったぁ~!! 白化の分布状況ですが屋嘉比(湾内、長内瀬)、ザマミ北側全域、久場西側の一部、後原イノー、ウフタマのカエンサンゴなど北側に白化が多く見られております。 と言っても八重山方面と比べたら被害はかなり少ないです。 一日も早く水温が29度以下になりますように。 7/20撮影、ケーブ内にて絶景の一条の光線と出口のブルー。 写真には写っていませんがケーブ内の海底にハタンポygの群れがいっぱいいてたまに一条の光線のところに群れてくれるのです。 神秘的な光景をまったりと楽しみました。 7/22撮影、可愛いアカネダルマハゼygがいたるところで見られました。 このトゲサンゴは白化に弱いので来シーズンは減少するでしょう。 7/23の船上風景。 みなさん、ありがとうございます。 またのお越しを楽しみにお待ちしております。 さて台風14号の影響が13日からありそうです。 明日までは静かな海なので絶景ワイドな外海を楽しんでおきま~す。
« prev: 
» next: 
TOP