menu
海バカ日記
2018.06.26
お腹パンパンのピグミー!!

みなさん、こんばんは。

本日はさらに風が弱まり南側と西側のさざ波がなくなればべた凪になりそうなケラマ諸島阿嘉島。

海は絶好調です!!
キビナゴの名所的ポイントが熱くなってきています!!
ピグミーシーホースも健在でお腹に稚魚がいてお腹がパンパンに膨れていました。
ベラ類ブダイ類の放精放卵行動も活発です。
成長してきたキンメモドキが穴から出て外で玉状群れを作っていて壮観!!
様々な種の幼魚たちが見られて可愛くて面白すぎます。
ここ1週間でツツウミヅタの幼生放出を様々なポイントで確認しております。
傷だらけでヒレもズタズタの独りぼっちのツバメウオと出会いました。
早く治癒しますように。何者の仕業だろう??


5/23下曽根にて撮影のイソマグロの群れ風景。
5月は1年で最も下曽根に行きやすくてしかも当たることが多い時期です。

5/23撮影(TG-4)のミヤケテグリyg。

今、7~20mmの可愛いミヤケテグリygがいろいろなポイントで見つかっています。

5/23撮影(TG-4)、フリソデエビのペア。

小さい方の個体はブルー系で青みがかっていました。
大きい方(右側)の個体はよくいるピンク系の個体です。
ペアで同じヒトデを食べているはずなのに、なぜ色が違うのだろう?
しかし、何度見ても綺麗で可愛いなぁ~!!


明日は少人数ならではのポイントへ行ってみようかな。
それではみなさんまた明日。

 

« prev: 
» next: 
TOP